>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ812コンペティツォーネのコンフィギュレーター公開!ボクが選ぶのはイングリッド・バーグマンにために調合された「グリージョ・イングリッド」

投稿日:

フェラーリ812コンペティツォーネのコンフィギュレーター公開

| フェラーリ812コンペティツォーネはサーキット志向ということもあって通常モデルよりも選択肢が少ない |

さて、フェラーリが早速812コンペティツォーネのカーコンフィギュレーターを公開。

812スーパーファスト/812GTSのプログラムをベースにしていると思われるため「簡易版」にとどまりますが、それでも全ボディカラーや内装色が公開されており、ここでその内容を見てみたいと思います。※オープンモデルの「コンペティツォーネA」のほうはまだコンフィギュレーターが公開されていない

フェラーリ812コンペティツォーネのボディカラーは16色

フェラーリ812コンペティツォーネに用意されるボディカラーは16色。

通常ラインナップだとだいたい26-27色が用意されることが多いのですが、812コンペティツォーネは「かなり少なめ」ということになりますね(通常モデルで用意される”ヒストリックカラー”が少ないようだ)。

フェラーリ812コンペティツォーネに用意されるボディカラー

  • GIALLO MODENA
  • ROSSO SCUDERIA
  • ROSSO CORSA
  • ROSSO MUGELLO
  • BIANCO AVUSNERO
  • BLU POZZI
  • GRIGIO INGRID
  • GRIGIO ALLOY
  • ARGENTO NURBURGRING
  • GRIGIO TITANIO METAL
  • GRIGIO SILVERSTONE
  • NERO DAYTONA
  • BLU ABU DHABI
  • BLU TOUR DE FRANCE
  • GRIGIO COPMETIZIONE

やはり「レッド(ロッソ)」系も多く、レースにちなんだ「ロッソ・スクーデリア」「ロッソ・コルサ」「ロッソ・ムジェッロ」の3色がラインアップ。

4

フェラーリに採用されるボディカラー「レッド(ロッソ)」の違い
フェラーリはどれだけレッドが好きなのか!現在選べるレッドは9色、そしてそれぞれの違いはこうなっている

この記事のもくじ1 | ポルトフィーノだと標準色28のうち、6色がレッド系 |2 フェラーリの「レッド」にはこんな種類がある2.1 ロッソ・フィオラノ2.2 ロッソ・ポルトフィーノ2.3 ロッソ・ムジ ...

続きを見る

そして最近のフェラーリらしく、シルバー/グレー系が最多。

ニューモデル発表時に用意されるイメージカラーについて、今回は「グリージョ・コンペティツォーネ」が採用されています。

5

ブルー系も3色。

ただしマクラーレンやランボルギーニのような明るいブルーは用意されず、オレンジや明るいグリーンが無いのもフェラーリの特徴です。

6

フェラーリ812コンペティツォーネの足回りはこうなっている

次はフェラーリ812コンペティツォーネの足回り。

ホイールは3種類が揃い、カラー違いも含めて6パターンを選べます。

「カーボンホイール」が選べるのも最近のフェラーリの特徴です。

3

フェラーリ「488ピスタに採用されるカーボン製ホイールは、軽量化のために塗装していない」

フェラーリはホイール軽量化のため、地球の裏側にまでその答えを求めに行った フェラーリが、公式コンテンツTOFM(The Official Ferrari Magazine)にて、488ピスタに採用され ...

続きを見る

ブレーキキャリパーは3色のみで、通常モデルで選べる「シルバー」「ブルー」が選択できないようですね(812コンペティツォーネはサーキット志向モデルなので、カスタマイズ性はさほど重視していないのかも)。

2

サイドウォールの「イエローライン」について、「無し」も選択可能です。

11

フェラーリ812コンペティツォーネの外装オプションはこうなっている

フェラーリ812コンペティツォーネの外装オプションだと、「カーボンパッケージ」が用意されており、これはボディ下回り(フロントスプリッタ~サイドステップ~リアディフューザー)、ダクトなどがカーボンファイバーへと置き換えられるもの。

通常ラインアップで選択できる「エキゾーストパイプのフィニッシュ」について、812コンペティツォーネでは設定がないようですね。

23

こちらはカーボンパッケージ「なし」。

24

そしてフェラーリ812コンペティツォーネならではのオプションが「ストライプ」。

シルバーと・・・。

20

イエローを選択可能。

22

そしてちょっとわかりにくいのですが、ボンネット上のブレードのエッジをシルバーにしたり・・・。

26

イエローにすることも可能です。

21

フェラーリ812コンペティツォーネの内装オプションはこうなっている

フェラーリ812コンペティツォーネの内装について、シート形状は「レーシングカーボンシート」のみで、パターンはダイヤモンド(格子柄)、デイトナ、スタンダードの3パターン。

37

シート表皮や内装の素材はアルカンターラのみ、そして選択できるカラーは9色のみ。

36

このあたりもサーキット思考モデルらしく「選択が絞られている」ところですね。

なお、フロアマットについては「縁取りあり/なし」が選択可能。

35

メーターパネルについてはレッド、イエロー、ホワイト、アルミを選ぶことが出来ますが、通常ラインアップにある「ブラック」が設定されていないようですね。

34

そのほか、エアコン吹出口などをカーボンファイバーへと変更でき、ダッシュボードセンターのエアコン吹出口周辺については「ブラック」「レッド」「ブルー」へと変更できます。

33

ボクがフェラーリ812コンペティツォーネに乗るならこの仕様

そしてもしぼくが(すでに売り切れなので、その可能性はゼロですが)フェラーリ812コンペティツォーネに乗るならば、と思って選んだのがこの仕様。

ボディカラーはゴールドっぽい「グリージョ・イングリッド」、そしてブレーキキャリパーやブレードには「イエロー」。

31

これは375MMピニンファリーナ・ベルリネッタ(1954)、通称「フェラーリ375MMピニンファリーナ・バーグマン・クーペ」とも呼ばれたフェラーリに採用されたボディカラーですが、この車両そのものは、映画監督であるロベルト・ロッセリーニ氏が女優のイングリッド・バーグマンに贈ったスペシャルモデルです。

なお、フェラーリの限定モデルについては、ロッソ系でなくとも高く売れるケースが多く、とくにこういった「他の人が選ばないようなボディカラー」のほうが生産台数が少ないため、その価値が高いとみなされることが多々ある模様。

PCD_0820_015

一方でインテリアは「アルカンターラ・ロッソFX」で華やかに。

30

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリ・ローマのコンフィギュレーター公開!ひとまず”自分仕様”を作ったので、これを持って見積もりを取得してこようと思う

さて、先日国内でも正式発表されたフェラーリ「ローマ」ですが、そのカーコンフィギュレーターが公開。現在ローマは受注可能な状態となっていて、一度正式な見積もりをもらおうと考えているものの、コロナウイルスの ...

続きを見る

フェラーリが新型車「ポルトフィーノM」のコンフィギュレーター公開!ボクはこんな仕様を選んでみた

| あまりに市場のポルトフィーノMに対する反応が静かすぎる | さて、先日突如として発表されたフェラーリのニューモデル、ポルトフィーノM。エンジン出力アップ、8速DCT採用、5ポジションのドライブモー ...

続きを見る

フェラーリSF90ストラダーレのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは26色、内装は15色から選択可能

| それで満足できなければカスタムプログラム「テーラーメイド」も | フェラーリSF90ストラダーレのカーコンフィギュレーターが公開に。現時点ではまだ本国バージョンのみですが、その内容もほかのモデルに ...

続きを見る

参照:Ferrari

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5