>フェラーリ(Ferrari)

またまた「クラシックフェラーリを現代の技術で蘇らせる」プロジェクトが登場!1959年のフェラーリ250GTを30台限定にて生産すると発表

投稿日:2021/05/15 更新日:

「クラシックフェラーリを現代の技術で蘇らせる」プロジェクト

| 搭載されるエンジンは5.5リッターV12、0−100キロ加速は4.1秒 |

さて、ここ最近急速に増加しているクラシックフェラーリの「レプリカ」製作プロジェクト。

今回はイギリスのRML(レイマロック)グループによって制作される、1959年のフェラーリ250GT SWBをイメージした「RMLショートホイールベース」なるモデルが予告されることに。

見かけこそはクラシカルですが、細部は現代風にアップデートされ、ボディパネルはカーボンファイバー製だとアナウンスされています。

なお、この「RML」はモータースポーツにも参加している由緒正しきファクトリーで、「ジュークR」を製作したことでも有名ですね。

世界でたった一台、日産ジュークRの売り物が以前の「半額以下」、3650万円で登場。GT-Rのエンジン/車体にジュークのボディを被せたモンスター

この記事のもくじ1 | 中東の富豪がポンと買いそうな気もするが |1.1 ジュークRはこんなクルマ1.2 ジュークRのインテリアはこうなっている1.3 あわせて読みたい、関連投稿1.3.0.1 関連記 ...

続きを見る

エンジンはフェラーリ550マラネロから

このRMLショートホイールベースに搭載されるエンジンは550マラネロに積まれる5.5リッターV12エンジンで、出力は478馬力。

ボディサイズはオリジナルの250GT SWBよりもわずかに大きく、車体重量は1,420kgとなるそうですが(オリジナルの250GT SWBは重量960kg)、0−100km/h加速はわずか4.1秒。

RML-Ferrari-250-GT-SWB-1

なお、こちらがオリジナルのフェラーリ250GT SWB。

1959年のパリサロンにて発表され、「ほんのちょっと手を入れるだけで」レースに参加できるというポテンシャルの高さを持っています。

デザインはピニンファリーナ、組み立てはスカリエッティ。

この「SWB」はパッソ・コルトとも呼ばれます。

2021-05-13 21.53.50

そしてこちらが今回計画が発表された「RMLショートホイールベース」。

オリジナルのフェラーリ250GT SWBに忠実に作られているということがわかりますね。

なお、車体構造やベースモデルがあるのか無いのか等は不明。

ただしレーシングカーの製作も行なうRMLなので、そのあたりのノウハウは十分に持っていると考えて良さそうです。

RML-Ferrari-250-GT-SWB-2

今回RMLショートホイールベースを企画したRMLの最高責任者であるマイケル・マロック氏は、「このクルマは加速や最高速を競うクルマではなく、そこから一歩引いたところに存在する。速いことは間違いがないが、我々が重視しているのは、現代の道路で人々が普通に楽しめるほど快適で便利でありながら、コンピューターの介入が少なく、それでいて実用的な性能を備えた、より有機的なドライビングエクスペリエンスを実現することだ」と語っています。

RML-Ferrari-250-GT-SWB-3

その細部は現代風に

テールランプは現代風に。

RML-Ferrari-250-GT-SWB-6

ヘッドライトなど含むフロントも現代風。

現時点ではおそらく試作段階だと思われますが、10月に定められる発売時には市販レベルのクオリティに仕上げられることになりそうです。

RML-Ferrari-250-GT-SWB-7

今回は内装について画像が公開されていないものの、電動シートやエアコン、カップホルダー、カーナビゲーションシステム、スマートフォンと連携可能なインフォテイメントシステムなど現代的な装備を持つとアナウンスされており、「毎日乗れる」クルマとなりそうですね。

あわせて読みたい、関連投稿

フェラーリ250GTOの現代公道版「スクアーロ」の概要が公開
フェラーリ250GTOの現代公道版「スクアーロ」の概要が公開!英GTOエンジニアリング製、重量1,000kg以下、4リッターV12エンジン搭載

この記事のもくじ1 | ここまで進めてもフェラーリが何も言ってこないところを見ると、「黙認」状態? |1.1 搭載されるエンジンは自社製V121.2 GTOエンジニアリング「スクアーロ」の納車開始は2 ...

続きを見る

1963年に4台しか作られなかった「フェラーリ330LMB」を新車として製作しようとした男
【動画】1963年に4台しか作られなかった「フェラーリ330LMB」を新車として製作しようとした男!志半ばで倒れるもレストアショップが意思を引き継ぎ3年をかけて完成させる

この記事のもくじ1 | ここまで「完全な」フェラーリのレプリカはそうそうない |1.1 フェラーリ330LMBはこんなクルマ1.2 実際のフェラーリ330LMBに忠実に仕上げられる1.3 フェラーリ3 ...

続きを見る

こんなことして大丈夫か!英フェラーリ・スペシャリストが250GTのレプリカを「250SWBリバイバル」として販売開始。なお価格は1億円

| ちゃんとエンブレムまでフェラーリだが | イギリス拠点にて活動を行っているフェラーリのスペシャリスト、「GTOエンジニアリング」。今回なんとフェラーリ250GT SWBベルリネッタ・コンペティツォ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5