>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティが「シロン・スーパースポーツ」の開発最終段階に突入したと発表。最高速440km/hで安全に走るためには100個ものセンサーを装着

投稿日:2021/06/24 更新日:

ブガッティが「シロン・スーパースポーツ」の開発最終段階に突入したと発表

| 派生モデルごとにコストの掛かるテストを実施しているのが「同じシロンなのに効果になってしまう」理由 |

すでに380キロ走行テストはクリア済み、次は440キロ走行

さて、ブガッティが先日発表した「シロン・スーパースポーツ」。

これは世界最高速を記録した「シロン・スーパースポーツ300+」の走行性能と、「シロン」本来の持つ高級さとをバランスさせたモデルで、チェントディエチやディーヴォと除くシロンのバリエーションとしては最も高価な4億2000万円というプライスタグを掲げています。

ブガッティが60台限定の新型車「シロン・スーパースポーツ」発表
【動画】ブガッティが60台限定の新型車「シロン・スーパースポーツ」発表!その価格4.2億、1600馬力、最高速は440km/h

| シロンの受注枠はもう50台しか残っていないと言われていたが、今回の限定台数はなぜか「60台」 | シロン・スーパースポーツ300+に豪華なインテリアが与えられた高速ツアラー さて、ブガッティが新型 ...

続きを見る

現在は発売に向けて最終テスト中

現在このシロン・スーパースポーツは最終の開発段階に入っており、時速380キロのテストを終了させたのち、現在は最高速である440キロを達成するためのテストに突入しているようですね。

そこで今回ブガッティが公表したのが、このシロン・スーパースポーツのテストにおいて、じつに100個ものセンサーを車体に取り付けているということ。

これは温度や圧力を測定することを目的としたものだそうですが、ブガッティは「派生モデルごと」にこういったテストを行っていて、数十台の限定台数のために多額のコストを投じていることも理解でき、それぞれのモデルが(非常に)高価なことにも頷けます。

3

なお、フロントを見ると、超高速域にて走行したために多数の虫が付着していることがわかりますが、これらもまた「尊い犠牲」ということになりますね。

1

シロンスポーツは出力が1600馬力に向上しているうえ、フロントやリアのエアロパッケージが変更されて「高速走行寄り」に。

このあたりはダウンフォースやサスペンションを強化して「コーナリング性能を高めた」シロンスポーツ、シロン・ピュールスポールと相違があるところで、こういった感じで性格を分けることで「一人のオーナーで複数を購入する」環境を作っているのだと思われます。

たぶん固すぎて乗れん!ブガッティ・シロンの限定モデル「ピュール・スポール」発表。軽量化に巨大ウイング、価格は3.9億円

| おそらくこの性能を開放できる場所は世界のどこにもない | ブガッティが、ウワサされていたシロンの新しいバリエーション、「シロン・プル(ピュール)・スポール(Chiron Pur Sport)」を発 ...

続きを見る

そしてシロン・スーパースポーツでは、より高い最高速を達成するためにギア比を「オープン」としており、その比率は3.6%。

これがどの程度かというと、トップギアである7速に入るのが「時速403キロを超えてから」だそうで、そこからも加速できるように配慮されているということを意味します。

なお、シロン・スーパースポーツの加速データとしては0−100キロまでを2.4秒、0−200キロまで5.8秒、0−300キロまでは12.1秒、0−400キロまでは28.6秒。

EVのように0−100キロ加速「1秒台」というわけにはゆきませんが、ガソリンエンジン搭載車としては破格の速さを誇り、実際に乗ると「どれくらいの速さなんだろうな」と想像したりします。

参考までに、体感的な加速感だと3秒台だと「かなり速い」、そして3秒台でも前半になると「とんでもなく速い」、そして2秒台に入ると「恐ろしくなるほど速い(怖い)」という印象を持っていますが、今のところぼくが体感した中でもっとも速かったのはテスラ・モデルX(2.4秒くらいだと思う)。

合わせて読みたい、ブガッティ関連投稿

リマック・ネヴェーラ
リマックが上場し、その資金でブガッティを買収するというウワサ。同様のウワサはこれで3回目、どうやら最終決着がつく?

| 今までのウワサは実現していないものの、短期間で同様の話が3度も出るということは、「なんらかの動きがある」と見ていいのかも | リマックの成功は、現代において、パガーニやケーニグセグを越える「神話」 ...

続きを見る

まるで機関銃をぶっ放したかのようだ!ブガッティ・ボライドのエンジンをスタートさせた際、あまりの音の大きさに観客が飛び上がる
【動画】まるで機関銃をぶっ放したかのようだ!ブガッティ・ボライドのエンジンをスタートさせた際、あまりの音の大きさに観客が飛び上がる

| ブガッティ・ボライドは公道走行を考えておらず、おそらくはほぼ直管だと思われる | こういった「超高額車輌をトラックに積む」動画はいつ見ても緊張する さて、2度の延期を経てついに開催された屋外メイン ...

続きを見る

ブガッティが「世界で2番めに高価なクルマ」、ラ ヴォワチュール ノワールを公開
ブガッティが「世界で2番めに高価なクルマ」、ラ ヴォワチュール ノワールを公開。当初からわずかに変更を受け、インテリアはハバナブラウン

| たった一台のラ ヴォワチュール ノワールのために、ブガッティはすべてのパーツの耐久・品質テストを行っている | おそらく今後、さらなるワンオフモデルも作られることになりそうだ ブガッティがついにワ ...

続きを見る

参照:Bugatti

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5