>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスLFAは発売当時「売れない」と言われたのに、なぜ今では新車価格の倍以上の価値を誇るようになったのか

投稿日:2021/08/17 更新日:

レクサスLFAは発売当時「売れない」と言われたのに、なぜ今では新車価格の倍以上の価値を誇るようになったのか

| 当時、トヨタが「官能的なクルマを作った」と言っても誰も信じるものはいなかった |

しかも価格はフェラーリやランボルギーニよりも高く、数字的なパフォーマンスはそれらに劣る

さて、ここ最近レクサスLFAが相次ぎ高額にて取引され話題となっていますが、レクサスLFAは発表された時に「これは売れないだろう」と言われたクルマのひとつ(ぼくもそう思ってた)。

しかしながら現在では新車価格の倍以上のプレミアをつけており、多くの人がレクサスLFAについてその真価を見誤ったということになりそうです。

そして、その「価値を測ることができなかった」のはカーメディアや評論家も同様だとしており、今回「なぜ誰もがレクサスLFAの価値を見誤ったのか」という動画が公開されています。

レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージが競売に登場、予想落札価格はなんと最高で1.2億円。この1年でレクサスLFAは急激に価値を上げ、新車価格の倍以上に
レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージが競売に登場、予想落札価格はなんと最高で1.2億円。この1年でレクサスLFAは急激に価値を上げ、新車価格の倍以上に

| 値上がり率で考慮すると、レクサスLFA、レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージとで大きな差はないようだ |この記事のもくじ| 値上がり率で考慮すると、レクサスLFA、レクサスLFAニュルブルク ...

続きを見る

レクサスLFAは利益を目的としたプロジェクトではなかった

この動画によると、レクサスLFAは「酒の席にて、(当時)第一開発センター第一企画部の棚橋晴彦氏が、センター長である服部哲夫氏に、「何の制約もなく自由にできるとしたらどんなクルマを作るか」と聞かれ、「スポーツカーです」と答えたことに始まったとのこと。

その後棚橋晴彦氏は自身の「スポーツカー計画」を実現させるべく服部哲夫氏を説得することに成功し、トヨタの最も優秀な人材を集めたチームが与えられることになったようですね。

そしてこのプロジェクトの主眼は「お金儲けのためではなく、”それまでのレクサスが、台数を販売することのみを考えて、差し障りのないクルマばかりをつくり、退屈な自動車メーカーとして認知されていた”現状を覆すため」、そして「フェラーリにも負けない官能的なドライビングエクスペリエンスを提供できるような、真に優れたマシンを作る能力を持っていることを示すこと」にあったといいます。

L1130813

そこでLFAの開発チームはその至上命題を達成するために「最も優秀な人材を集めたチーム」「潤沢な予算」が与えられ、そこでトヨタ初のカーボン製シャシーやカーボン製ボディ、航空機グレードのプロペラシャフト、専用設計のV10エンジンが開発されることになりますが、2000年のプロジェクト発足から9年後を経て2009年10月21日に満を持して発表されています。

なぜレクサスLFAは当初「売れない」と断じられたのか?

そこでなぜ「発表当初にレクサスLFAが売れなかったのか」。

これについてはいくつかの理由が挙げられ、まずは「退屈なクルマばかりを作り続けてきたトヨタが、3750万円という高額なスポーツカーをイキナリ作ってもその価格を正当化出来なかったこと」、そして「3750万円の割にはスペックが平凡で、ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スーパーレッジェーラ、フェラーリ458イタリアよりも出力や加速性能といった数字が劣っていたこと」「さらには(性能が高い)ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スーパーレッジェーラ、フェラーリ458イタリアのほうが安かったこと」が挙げられています。

この価格設定についてはどうやって決められたのか不明ではあるものの、「利益度外視」であったといえど、レクサスブランドのイメージを引き上げることがLFAの使命であれば「格安な」値付けをするわけにもゆかず、よって「そのコストに相応な(それでも内容を考慮すると利益が出ているとは思えない)」プライシングとなったのだと推測しています。

lexus-lfa2

つまりレクサスLFAが売れないと言われたの「は価格が高すぎた」ということに終止しているようですが、もう一つ重要な要素があるそうで、「生産台数が少なく、価格も高かったために十分な試乗車・広報車が用意されず、ジャーナリストたちも、それまでのトヨタ/レクサスの基準、そして紙の上の数字で判断するしかなかった」という理由が掲げられています。

たしかにトヨタがイキナリ「3750万円で、フェラーリよりも情熱的なスポーツカーを発売した。ただし価格3000万円のフェラーリよりはスペックが劣っているけど」と言っても、レクサスLFAの価値を(当時)認める人がだれもいなかったという状況は想像に難くありません(ぼくもその一人だった)。

【動画】レクサスLFAはなぜ特別なのか?今なお色褪せないLFAのレビューを米メディアが公開

| 生産終了から7年経つのが信じられない | ドーナツメディアがレクサスLFAのレビューを公開。ドーナツメディアはこれまでに様々なカスタムカーのレビューを公開しているものの、「ノーマル」を対象とするの ...

続きを見る

ただしその後には評価が一変

しかしながらその後にレクサスLFAの納車が進み、様々なレビューが登場したり試乗の機会が生じるにつれ「実際、このレクサスLFAはスゴいクルマなんじゃないか・・・」という認識が広く生まれることになり、かのジェレミー・クラークソンも「サウンドに関してはレクサスLFAの右に出るものはない」とも。

【動画】ジェレミー・クラークソンがインタビューに答える。「今でも、これまで運転した中だとレクサスLFAがもっともいいクルマだと考えている」

| V10サウンドは他のすべてに勝る | これまでジェームズ・メイへのいくつかのインタビューを公開してきたドライブトライブ。今回はジェレミー・クラークソンへのインタビューを動画としてアップしています。 ...

続きを見る

そして今やその認識が確固たるものとして定着し(神話になりつつあるといっていい)、かつ多くの人がその価値を認めたことでレクサスLFAの取引価格がどんどん上昇し、今やかつての比較対象であったランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スーパーレッジェーラ、フェラーリ458イタリアとは比べることができないほどの相場を形成することに。

この状況については、当時正しくレクサスLFAが評価されていなかったと考えるほうが正しく、今の価格こそがレクサスLFAの真の価値を示していると考えるのが妥当なのかもしれませんね。

レクサスLFAのペーパークラフト
レクサスLFAは登場から10年!当時は「高すぎて誰も買わない」と言われたものの、現在は新車価格を大きく超える価格で取引されているという事実

| レクサスLFAは今なお輝きを失わず。その高い相場が価値を証明している |この記事のもくじ| レクサスLFAは今なお輝きを失わず。その高い相場が価値を証明している |レクサスLFAはまだ新車で購入で ...

続きを見る

レクサスLFAが発売当初「正しく評価されなかった」理由を語る動画はこちら

合わせて読みたい、レクサスLFA関連投稿

レクサスLFAを見てきた!走りに特化したクルマだと考えていたが、ロールスロイスよりも美しい塗装面を持つなど「芸術点」も世界最高レベルだった

| ここまでの「面」を出せるのはレクサスをおいてほかにない | さて、レクサスの正規ディーラー「レクサス箕面」が新規オープンし、さっそく展示されている「LFA」を見にゆくことに。LFA自体はなんどか見 ...

続きを見る

【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサウンドを奏でると言われるのはなぜか?科学的に解説してみよう

たしかにF1でもV10エンジンのサウンドを「歴代最高」とする人は多い DRIVETRIBEが「なぜV10エンジンのサウンドは優れるのか」を解説した動画を公開。V10エンジン搭載の車には現行だと「ランボ ...

続きを見る

レクサスLFAのメンテナンスはこうする!定期点検は3年に一度、4日を要してアンダーカバーの取り付けだけでも2時間

| レクサスLFAは乗用車よりもレーシングカーに近い | レクサスUKが、自社にて所有する「LFA」のメンテナンスについて公開。 レクサスLFAは2010年に生産が開始され、生産台数は500台(201 ...

続きを見る

参照:ISSIMI Official

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5