>スバル(SUBARU) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ポルシェ(Porsche)

【動画】新型GR86の「フル」テスト登場!ハンドリング、加速、公道走行、日常性、サーキットでの走行をメディアが評価。加速性能は公称値以上、テスターは「ポルシェ944の現代版。300万円で買えるポルシェといっていい」

投稿日:

新型GR86の「フル」テスト登場!ハンドリング、加速、公道走行、日常性、サーキットでの走行をメディアが評価。加速性能は公称値以上、テスターは「ポルシェ944の現代版。300万円で買えるポルシェといっていい」

| ボクもGR86とポルシェとの比較は「正しい」と思う |

ただしターボがないのは玉にキズ

さて、ハガーティが新型GR86のテストを実施し、その内容を動画にて公開。

内容としては加速やサーキット走行、ドライバビリティ、実用性等多岐にわたるもので、対抗馬としてはマツダ・ロードスター、フォルクスワーゲン・ゴルフGTI、そしてゲスト参加としてポルシェ944。

3

トヨタが新型GR86を発表!重心やロールセンターを徹底的に最適化し、真剣にスポーツカーを追求した正常進化
トヨタが新型GR86を発表!重心やロールセンターを徹底的に最適化し、真剣にスポーツカーを追求した正常進化

| そのうえ新型GR86のデザインは日本車離れしたカッコ良さ | さて、トヨタが待望の新型86を発表。スバルとの共同にて開発されたのは先代同様ですが、新型86はスープラ同様「GR」を名乗ることとなって ...

続きを見る

GR86の加速は公称値よりも優れる?

まずは加速においてですが、0-60マイル(時速96km/h)加速では5.9秒、ロールアウトを使用すれば5.6秒にて時速60マイルに到達し、これはトヨタの公称値である6.1秒よりも速いタイム。

加えて、タイヤにはグリップに優れるミシュランPS4ではなく、より一般的なプライマシーが装着されていたことを考慮すると「かなりいい数字」ということになりそうです。

なお、計測時の車体重量はガソリンを3/4ほど満たした状態で1255kgであり、トヨタが主張する満タン時の1270kgにかなり近い状態ですが、参考までに、この「5.9秒」というと、GRスープラSZの6.5秒よりも速い数字です。

2

リマックC_Two
0-100km/h加速ランキング最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピック ...

続きを見る

このほか、サーキットでのテスト、ロードテスト、積載性含む日常性のテストなどを行っていて、いずれも比較的高評価(さすがにサーキットテストでは、ターボエンジン搭載のフォルクスワーゲン・ゴルフGTIに軍配が上がる)。

4

加えてドリフトコントロールやドライバビリティについてもテスターに良い感触を与えたようで、「サプライズ」にて登場したポルシェ944ターボとの比較においては、「GR86はポルシェ944の現代版」と言わしめたほどです。

なお、ポルシェ944はポルシェが1983年に発売したFRスポーツですが、1986年に登場したのが944ターボ。

5

もともとポルシェは「911の後継」として944を開発したと言われますが、ポルシェファンはRRの強いクセを好む傾向が強く、よって944は(当時)911よりも売れたクルマであったにもかかわらず911にとって代わることができなかったようですね。

ただ、「911の代わりになれなかった」ものの、「世界一ハンドリングが優れるFR」として現代に至るまでその名を馳せており、仮にポルシェからではなくBMWやメルセデス・ベンツなどほかのメーカーから発売されていたならば、911という「偉大すぎる兄」の影に隠れることなく、そのメーカーの「顔」たるモデルになったんじゃないかとも考えています。

よって、このポルシェ944ターボと比較され、同列に語られることはたいへんな名誉なんじゃないかと考えていますが、惜しむらくは(世界中で同様の意見が出ている通り)ターボエンジンを持たないこと。

7

現在、レクサスからGR86の「レクサス版」たるレクサスUCが登場するのではという噂が流れていて、こちらについてはターボエンジン搭載の可能性を期待したいと思います(現実的には期待することは難しいとは思う)。

トヨタGR86
巷で話題の「レクサス版GR86=レクサスUC」。ボクが「ターボはない」と考える一方、レクサスは「エキサイティングな何かを用意」と語る

| 正直なところ、レクサスは他にやることがあり、今の時点でGR86のレクサス版を発売する理由はない | GR86のハイパワー版を発売したとしても、利益・ブランド価値ともにレクサスに貢献するとは思えない ...

続きを見る

参考までに、つい先日ぼくはスバルBRZに試乗しており、非常に感触がよかったために購入を検討しているわけですが、その際の「対抗馬」が同価格帯の中古のポルシェ・ボクスターもしくはケイマン。

つまり、無意識のうちにぼくはスバルBRZとポルシェとを同列にて比較していて、その意味でもBRZの兄弟車たるGR86が「300万円で買えるポルシェ」と評されるのにも納得です。

スバルBRZ
【試乗:新型スバルBRZ】第一印象は「マイルド」「安定」。しかし2速と3速の加速が気持ちよく、サウンドジェネレーターもいい仕事をするようだ

| スバルの言う通り、新型BRZがGT的性格を持つのは間違いないようだ | もしかするとMTよりもATのほうが相性がいいのかもしれない さて、新型スバルBRZに試乗。新型BRZは言わずとしれたGR86 ...

続きを見る

新型GR86の「フル」テストを行う動画はこちら

合わせて読みたい、GR86関連投稿

トヨタのチーフエンジニアがGR86とスバルBRZとの違いについて語る。「トヨタはエンジンレスポンスを重視し、スバルは快適性を重視した」
トヨタのチーフエンジニアがGR86とスバルBRZとの違いについて語る。「トヨタはエンジンレスポンスを重視し、スバルは快適性を重視した」

| そのほかにも、細かな相違が多々あるようだ | つまるところ、GR86のほうがスポーツカー的、スバルBRZのほうがグランドツアラー的? さて、日本では同時に発表されたスバルBRZとGR86。一方のB ...

続きを見る

GR86向けのGRパーツ詳細が公開!今度は「装着するとステアリングフィールが向上し、ハンドリングが改善する」サイドバイザーが登場・・・
GR86向けのGRパーツ詳細が公開!今度は「装着するとステアリングフィールが向上し、ハンドリングが改善する」サイドバイザーが登場・・・

| むしろサイドバイザー装着による空気抵抗の増加、乱流の発生のほうが問題のように感じるが | GRパーツは見ているだけでもけっこう面白い Gazoo RacingがGR86向けのチューニングパーツを公 ...

続きを見る

トヨタ86/GR86のエクステリア/インテリアのデザインはどう変わったのか
トヨタ86/GR86のエクステリア/インテリアのデザインはどう変わったのか?画像で比較してみよう

| 思ったよりもGR86のエクステリアは大きく変わっていたようだ | さて、トヨタはつい先日、新型GR86を発表していますが、その内容は「キープコンセプト」。プラットフォーム自体は先代からのキャリーオ ...

続きを見る

参照:Hagerty

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スバル(SUBARU), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ポルシェ(Porsche)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5