ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■ファッションや腕時計、雑貨など ■近況について ランボルギーニ・ウラカン

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。キーホルダーをエルメスのレコード型チャームに変更してみる

投稿日:

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。キーホルダーをエルメスのレコード型チャームに変更してみる

| なかなかランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのキーホルダーが決まらない |

現時点では「非金属」を中心に物色中

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのキーホルダーをエルメスの「プティアッシュ」へと変更。

これはいわゆるバッグチャームでレコードを模したデザインを持っています。

ちなみにぼくはなかなかウラカンEVO RWDのキーホルダーについてしっくり来るものを見つけることができておらず、日常的に「なにかいいキーホルダーはないもものか」と思って目を光らせているわけですね。

L1350779

ランボルギーニ・ウラカンの「キーヘッド」は比較的柔らかい

なお、ぼくがウラカンのキーホルダーとして優先している条件は「非金属」。

なぜかというとウラカンのキーヘッドは金属製ではあるもののけっこう柔らかい材質でできており、硬い金属製のキーホルダーを使用すると、キーヘッドに当たった際に「キーヘッドに凹みを作ってしまう」ことに。

よってレザーなどの柔らかい素材が好ましいと考えているわけですが、そこで今回選んだのがエルメスのプティアッシュということになります。※使用されているカラーがぼくのウラカンEVOの「ブルー、オレンジ、ブラック」に近かったという理由もある

L1350777

これまではこんなキーホルダーを使用してきた

そこでこれまでウラカンに使用してきたキーホルダーの一部を紹介したいと思いますが、まずこちらはドルチェ&ガッバーナの「コルノ」。

言うまでもなく「イタリア」「”牛”の角」とランボルギーニとの共通性を重視したもので、加えて「牛の角は縁起がいい」と(イタリアで)されていることから幸運のお守りとしても重用しています。

L1350764

なお、これはガヤルドに乗っていた頃から使用しているもので、つまり10年以上も愛用しているということになり、今でもときどきウラカンのキーに取り付けています(ただし金属製なので常用はしていない)。

L1350765

そしてこちらはスワロフスキーの「スカル」。

スカルというと日本だと「不気味」という印象があり、しかし欧州では「死を遠ざける」として比較的縁起のいいモチーフとして使用されることも多いようです。

その意味においてぼくはスカルモチーフの製品を多く愛用していますが、こちらも金属を一部使用しているために「ときどき」に限ってウラカンEVO RWDのキーホルダーとして使用。

L1350768

なお、これは以前に乗っていたウラカンLP610-4時代から愛用しているもので、もう6年ほど使用している、ということに。

黒い紐はボッテガ・ヴェネタのもので、いったんカットした後に長さをあわせて再縫合したものです。

L1350772

こちらはドリス・ヴァン・ノッテンの製品で、金属を使用していないという「キーに優しい」製品。※馬の毛でできているらしい

ウラカンEVO RWDのキーへの取り付けに際しては、いったんこのキーホルダーを分解し、キーに取り付けて「再縫合」しており、なぜそういったことをするのかというと、金属製のキーリングを使用してキーホルダーを取り付けるとキーを傷めることがあり、なおかつ「キーリングを使用するのは美しくないから」。

L1350763

なぜにレコード?

なお、なぜ今回「レコード」を選んだのかということですが、ウラカンEVO RWD発表会の際に配布されたノベルティが「レコード」だったから。

L1350782

ウラカン「RWD」は「リアホイールドライブ」を表しますが、このRWDはカセットテープの巻き戻し=リワインド=RWDにもかけており、この意図としては「そのルーツに戻る」という意味があったようです。

L1350787

よってウラカンEVO RWD発表時のプロモーションビデオに用いられたキャッチコピーとしては「RWD TO YOURSELF」「RWD TO YOUR HEART」等が用いられており、そしてルーツに戻ったのちには「PLAY」という文字も表示され、そしておそらくはそのPLAYを示すアイテムとしてレコードが用意されたんじゃないかとぼくは考えています(本来はカセットテープを使用したかったのかもしれない)。

今回のエルメス プティアッシュについては、キーに比べてサイズが大きく、かつストラップが長いので「ベストマッチ」だとは考えていませんが、常軌の理由によって「コンセプトとしては相性は悪くない」と考えています。

ただ、ストラップは「長すぎる」ので、別のもっと短いものに交換することを検討中。

L1350788

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのキーにエルメスのチャームを取り付けてみた動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD関連投稿

ランボルギーニ・ウラカンのキーホルダー新調。「ランボルギーニのワイン」のコルクを再利用した低価格版

ランボルギーニ・ウラカンのキーホルダーをさらに変更 さて、ランボルギーニ・ウラカンのキーホルダーをちょっと変更。 これまでにも何度か変更しているものの、今回使用したのは「コルク」。 このコルクはランボ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのキーホルダー製作!1/64サイズの(ボディカラー同色)アヴェンタドールを流用

| 本当はウラカンのミニカーが欲しかったがこのカラーが手に入らなかった |この記事のもくじ| 本当はウラカンのミニカーが欲しかったがこのカラーが手に入らなかった |使用したのはエフトイズ製のアヴェンタ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンのキーホルダーを新調!今回はエルメスの「カルメンチータ」!

もちろん専用に加工してみた さて、ぼくがけっこうこだわっている「キーホルダー」。なかなか満足の行くものがなく、いつも自作することになりますが、今回はランボルギーニ・ウラカン用のキーホルダーとしてエルメ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■ファッションや腕時計、雑貨など, ■近況について, ランボルギーニ・ウラカン
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5