ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン ■映画や音楽、本、ゲームについて

007「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の影響?アストンマーティンの中古車検索件数が75%も上昇、ジャガー、ランドローバーも13%アップ

投稿日:2021/10/09 更新日:

アストンマーティンDB11

| やはり「ボンドカー」としての露出は威力絶大だった |

今後、アストンマーティンが「ボンドカー」としての提供を続けるかどうかが気になる

さて、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品でもある「ノー・タイム・トゥ・ダイ」。

ぼくも公開初日に見てきたのですが、今ひとつ納得しかねるところがあって、というのも「007/カジノ・ロワイヤル」以降は方向性が変わってしまい、ひたすら話が暗くなってしまったのが残念だと感じているわけですね。

なお、それまでの007映画は、基本的に「一本完結」となっていたものの、ここ最近では「連作」にて製作されていて、しかしそれぞれ異なる監督が手掛けていることも”納得しかねる”ことに関係しているのかもしれません(だいたい、続編を前提に制作された映画は間延びしていることが多い)。

ちなみにぼくが好きだったジェームズ・ボンド役はショーン・コネリー、ロジャー・ムーア、そしてピアース・ブロスナン(つまり、ちょっとユーモアのあるほうが好きだ)。

ただしノー・タイム・トゥ・ダイは圧倒的な記録を樹立

そしてこのノー・タイム・トゥ・ダイですが、公開前から様々な話題を呼んでいたこともあって、英国では興行収入記録を更新したと報じられており、この作品にて活躍したアストンマーティンの中古車検索ボリュームが75%上昇し、さらにジャガーやランドローバーの検索数も13%増加した、とのこと。

やはり検索がもっとも増えたのは、登場時間が長かく大活躍した「DB5」ですが、こちらの相場は100万ポンド(日本円だと1億5000万円くらい)前後なので、その相場を知らずに検索した人は、あまりの高さに驚いたかもしれませんね。

アストンマーティンはこれからも007映画とのタイアップを行う?

なお、アストンマーティンはここしばらく、007映画とのタイアップを行っており、非常に高い露出を獲得しているものの、今後これが続くかどうかは今のところ不明。

次回作からジェームズ・ボンド役が入れ替わることになりますが、それにあわせて「ボンドカー」が一新されるのかもしれませんし、やはり「ジェームズ・ボンド=アストンマーティン」という定着したイメージに基づいての続投となるのかもしれません。

アストンマーティンDB5

ただ、ぼくとしては「ロータス」がこの座を虎視眈々と狙っているんじゃないかと考えていて、というのもこれまでにもロータスはボンドカーに採用されており、もちろん英国車というつながりがある上、現在のロータスは「中国企業(吉利汽車)が親会社であって莫大な資金を持っている」こと、そしてその親会社は相当な資本を投下してロータスを成長させようとしていることがその理由。※中国は映画の市場としても非常に大きく、その市場を見込んで007制作サイドが吉利汽車と組む可能性は否定できない

さらにロータスは今後「エレクトリック」色を強めることになり、次回作の時代背景次第ですが、様々なイメージを一新し、新しいジェームズ・ボンドをアピールするために「エレクトリック・ボンドカー」は最適なのかもしれません。

ロータス公式!ボンドカーのエスプリと同じ仕様のエヴァイヤが公開に。43年前の7月7日、007の日に公開された「 007 私を愛したスパイ」を祝う

| ロータスはこのエスプリをよほど重要視しているようだ |この記事のもくじ| ロータスはこのエスプリをよほど重要視しているようだ |ロータスはこのエスプリを「特別なモデル」と位置づけている007仕様の ...

続きを見る

参考までに、映画と企業とのタイアップが盛んになったのは1990年代からだと記憶しており、007だと「ゴールデンアイ」あたり。

この作品以降、オメガの腕時計が大写しになったり、フィリップスのシェーバーで髭を剃るシーンが挿入されたりと「商品の宣伝」が作中にてなされるようになったと認識していますが、007映画に関わらず、これ以降は「商品の宣伝抜き」では作品が成り立たなくなっています。

オメガ シーマスター ダイバー300M 007 エディションを買ってみた!ドレスウォッチを買うはずが、やはりいつもどおりの選択になってしまったな・・・
参考オメガ シーマスター ダイバー300M 007 エディションを買ってみた!ドレスウォッチを買うはずが、やはりいつもどおりの選択になってしまったな・・・

| これまでの007コラボウォッチの中ではもっとも特別感が強い |この記事のもくじ| これまでの007コラボウォッチの中ではもっとも特別感が強い |シーマスター ダイバー300M 007 エディション ...

続きを見る

もちろんこれによって多額の制作費を獲得できるというメリットがあるものの、たとえば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンであったり、「ワイルド・スピード」のトヨタ・スープラやマツダRX-7、日産スカイラインGT-Rのような「スポンサーとは無関係に、制作サイドが使いたいと思ったクルマを使う」シーンは極端に減ることになりそうですね。

ワイルド・スピードではなぜスープラが使用されたのか
【動画】ワイルド・スピードではなぜ「スープラ」が採用されたのか?三菱GTOでもトヨタMR2でも日産フェアレディZでもなかった理由、そしてその他に"ボツ"となった大量のクルマについて関係者が語る

| スープラは「人力でルーフをふっとばすシーン」を再現できたのが大きな理由 |この記事のもくじ| スープラは「人力でルーフをふっとばすシーン」を再現できたのが大きな理由 |ワイルド・スピードに「登場す ...

続きを見る

近代アストンマーティンの中古は「お買い得」

それはともかくとして、ボンドカーに採用されることによってアストンマーティンのイメージや価値が向上したことは間違いなく、アストンマーティンも実際に「ボンドカー」と同じ仕様を持つDB5を発売することで相当な利益を得たものと思われます。

007ゴールドフィンガーに登場したアストンマーティンDB5の復刻モデル
【動画】一台3.7億、5台で18.5億!アストンマーティンが「ボンドカー」と同じ装備を持つDB5の初回生産分を公開、一斉にマシンガンを発射し煙幕を張る

| まだまだ20台分の生産が残っており、これはアストンマーティンの財政を大きく潤わせることになりそうだ |この記事のもくじ| まだまだ20台分の生産が残っており、これはアストンマーティンの財政を大きく ...

続きを見る

そのほか、現行モデルに対しても「007エディション」なる特別仕様車を追加しており、セールス面でかなり有利となっているのは間違いなさそう。

アストンマーティンが007最新作にあわせヴァンテージ、DBSスーパーレッジェーラ”007エディション”発表!ヴァンテージは過去作品へのオマージュ

| ヴァンテージは「女王陛下の007」へのオマージュ仕様 |この記事のもくじ| ヴァンテージは「女王陛下の007」へのオマージュ仕様 |オプションにて専用のスキー板が付属DBSスーパーレッジェーラ00 ...

続きを見る

反面、アストンマーティンの中古相場は(クラシックモデルや限定車を除くと)さほど高くなく、DB7やDB9、(先代)ヴァンテージだとかなり安価に購入でき(DB7/DB9だと600万円台、ヴァンテージだと400万円台から購入できる)、このあたりは非常にお買い得だと考えています。※ただし壊れた際の修理費用に対してはそれなりの覚悟が必要

【動画】え?あの車がこの価格で?「中古だけど、乗っているとリッチに見える車8選+1」!マセラティ、アストンマーティン、ベントレーも夢じゃない!

| 世の中には「中古車」という夢のような選択肢がボクらを待っている |この記事のもくじ| 世の中には「中古車」という夢のような選択肢がボクらを待っている |ヴェイダーG35マセラティ・グラントゥーリズ ...

続きを見る

合わせて読みたい、007関連投稿

007とのコラボにて、グローブ・トロッターが「ノー・タイム・トゥ・ダイ」仕様のスーツケースを発売
グローブトロッターが007 / ノー・タイム・トゥ・ダイとのコラボにてスーツケースを限定発売!フルカーボン製、そして英国っぽいブリティッシュグリーン版も

| よくよく考えるとこれほど007とマッチするスーツケースブランドもほかにない |この記事のもくじ| よくよく考えるとこれほど007とマッチするスーツケースブランドもほかにない |グローブ・トロッター ...

続きを見る

ここまで真っ黒なクルマは見たことないな・・・。ランドローバーが007とのコラボモデル「ディフェンダーV8ボンドエディション」を300台限定にて発売
ここまで真っ黒なクルマは見たことないな・・・。ランドローバーが007とのコラボモデル「ディフェンダーV8ボンドエディション」を300台限定にて発売

| ディフェンダーV8ボンドエディションは全身真っ黒、フロントブレーキキャリパーのみが「ブルー」 |この記事のもくじ| ディフェンダーV8ボンドエディションは全身真っ黒、フロントブレーキキャリパーのみ ...

続きを見る

ジェームズ・ボンド最新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」公開記念!アディダスが007とのコラボスニーカー/アパレルを発売
ジェームズ・ボンド最新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」公開記念!アディダスが007とのコラボスニーカー/アパレルを発売

| まさかアディダスから007とのコラボアイテムが発売されるとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかアディダスから007とのコラボアイテムが発売されるとは思わなかった |普通に着ることができ、け ...

続きを見る

007「ノー・タイム・トゥ・ダイ」予告編はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->アストンマーティン, ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5