ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本、ゲームについて

レクサスがまたまた奇妙なコラボ!今回はレクサスLCをイメージした「ストラトキャスター(ギター)を発売。価格は67万円、100本限定

投稿日:

レクサスがまたまた奇妙なコラボ!今回はレクサスLCをイメージした「ストラトキャスター(ギター)を発売。価格は67万円、100本限定

| レクサスはスケボーやスニーカー、はたまた食品など「若者文化」との接点を設けたいようだ |

ただし日本だとこういったコラボはレクサスのイメージとはかなり「異なる」のかも

さて、これまでにも様々なブランドや製品とコラボレーションを行ってきたレクサスですが、今回は(楽器ブランドの)フェンダーとのコラボレーションを発表して周囲を驚かせることに。

ただ、いかにこれまで「無関係だった」ジャンルとの協業だったとしても、先日ブガッティが発表した「加熱式シェーバー」とのコラボレーションよりはまだ納得できる範囲かもしれませんね。

2

ちょっとやりすぎ?ブガッティのコラボが加速してしまい、「ジレットとのダブルネームひげ剃り」が発表に。1秒以内で温まる加熱バー内蔵
ちょっとやりすぎ?ブガッティのコラボが加速してしまい、「ジレットとのダブルネームひげ剃り」が発表に。1秒以内で温まる加熱バー内蔵

| その名は 「ジレットラボ ブガッティ・スペシャルエディション・ヒーテッドレーザー」  |この記事のもくじ| その名は 「ジレットラボ ブガッティ・スペシャルエディション・ヒーテッドレーザー」  | ...

続きを見る

インスパイア元はレクサスLCクーペとコンバーチブル

今回発表されたフェンダー・レクサスLCストラトキャスターについて、プリンシパル・マスター・ビルダーのロン・ソーン氏が手がけたものだとアナウンスされており、そのインスピレーションのもととなったのはレクサスLCクーペそしてLCコンバーチブル。

そしてフェンダー・レクサスLCストラトキャスター最大の特徴は「構造色であるストラクチュラル・ブルー」が採用されていること。

7

奇妙なことではありますが、これは青色の顔料を一切使用しておらず、それでも青に見えるのは「光の干渉によって青く見えるだけで、無色の素材が何層にも重なって究極の色を生み出している」から。

もちろんこのカラーは車体にも採用されており、しかし非常に塗装工程が複雑なために「(車両の場合)1日に2台」しか製造できない、とされています。

6

レクサスが欧州限定のレクサスLC500コンバーチブル「レガッタ」発表!外板色は”1日に2台しか作れない”ストラクチュラルブルー

レクサスは少し前にLC500のオープンモデル、「レクサスLC500コンバーチブル」を発表したところですが、今回欧州向けに「レガッタ」と命名された限定モデルを追加投入。この「レガッタ」は、レクサスが何ら ...

続きを見る

フェンダー・レクサスLCストラトキャスターにはこんな特徴がある

このストラトキャスターのボディやヘッドストックにはクロームの「フェンダー」ロゴがあしらわれていますが、フィンガーボードにも、フェンダー・カスタムショップで初めて採用されたディープブルー・ポリッシュド・リッチライトが使用されており、さらに特徴的なのは、暗闇で鮮やかなブルーに光る”ルミナリー”フィンガーボードインレイ。

5

一方、ピックガードは、レクサスに使用されるカーボンファイバー同じく綾織のカーボンファイバーが使用され、留め具にはブラックのマシンヘッドスクリューを使用し、レクサスのスポーツモデルと同じようにすっきりとした外観に仕上げています。

2

さらにはレクサス車のサウンドシステムとして知られるマークレビンソンのステレオノブに合わせて、ブラッシュドアルミニウムを加工したカスタムノブも取り付けられている、とのこと。

1

フェンダー・レクサスLCストラトキャスターは、LCインスピレーション・シリーズと同様に、世界限定100本にて生産され、すべてのモデルはカーボンファイバー・テクスチャーのラッピングに包まれたカスタムケースに収められ、エンド部分にはブラックレザー、蓋の内側にはレクサスのロゴが刺繍されています。

なお、価格については1本6,000ドルだとアナウンスされており、つまり日本円では67万円程度となりますが、レクサスそしてストラトキャスターのコレクターにとっては「高くない」価格なのかもしれませんね。

3

参考までに、レクサスは(北米市場向けとして)これまでにもスケートボードやストリートアーティスト、スニーカー等と多数のコラボレーションを行っており、これらの意図としては「若者やストリートカルチャーとの接点を持ちたい」というもの。

これは比較的年齢層の高いジェントルマンが乗るという日本のレクサスの広告イメージとはかなり異なるものですが、国によって戦略が異なるのは面白いところですね。

合わせて読みたい、レクサスのコラボレーション展開関連投稿

「レコードプレーヤー(ターンテーブル)を搭載したレクサスIS」WAXエディション
【動画】またまたレクサスが奇っ怪なコンセプトカー製作!今回は「レコードプレーヤー(ターンテーブル)を搭載したレクサスIS」WAXエディション

| 残念ながら(?)ワンオフのため市販はされない模様 |この記事のもくじ| 残念ながら(?)ワンオフのため市販はされない模様 |レクサスIS WAXエディションはこんなクルマ車内にはなんとレコードプレ ...

続きを見る

レクサスがIS350をイメージしたスニーカーを発表
レクサスがIS350をイメージしたスニーカーを発表!アッパーには「L」マーク、ヒールにはスポイラー。幸いスピンドルグリルは非装着

| なぜレクサスは実際にスニーカーを発売しない? |この記事のもくじ| なぜレクサスは実際にスニーカーを発売しない? |残念(幸い?)なことにスピンドルグリルは再現されない現在、自動車メーカーとスニー ...

続きを見る

内装をゲームコンソール+LED化した「ゲーミングIS」コンセプト
まさかのレクサス公式!内装をゲームコンソール+LED化した「ゲーミングIS」コンセプトが登場

| レクサスの北米法人は日本とは異なり、若者をターゲットにしたプロモーションを行うことが多い |この記事のもくじ| レクサスの北米法人は日本とは異なり、若者をターゲットにしたプロモーションを行うことが ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5