>アウディ(Audi) >ランボルギーニ(Lamborghini) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型アウディR8が「V8ツインターボ+ハイブリッド、700馬力」で2023年に登場とのウワサ!となるとウラカン後継モデルもこのレシピに?

投稿日:

アウディR8

| 新型アウディR8については、そのウワサも二転三転している |

実際のところ、今回のウワサはけっこう信憑性が高そうだ

さて、最近は「売れてない」「特定地域や特定グレードの販売終了」など、あまり明るくない話題の多いアウディR8ですが、今回「次期アウディR8」の情報が囁かれているという話題。

これはドイツのカーメディアが報じたもので、「早ければ2023年には新型R8が登場する」と述べており、ここ最近まで出ていた「R8の将来の見通しは非常に暗い」「後継があるかどうか不明」というウワサをひっくり返す内容となっています。

なお、これまでの情報だと、アウディのセールス&マーケティングのグローバルチーフを務めるヒルデガード・ウォルトマン氏の弁として「R8は、私たちのブランドのアイコンです。しかし、過去のアイコンは必ずしも未来のアイコンではありません。R8の後継車は、単に電気モーターを搭載したR8ではあってはなりません。R8でありながら、違うものでなければならないのです」というコメントが”最新”であったと記憶しています。

アウディR8
アウディ「R8やTTがアイコンだった時代は終わった。その後継モデルは単にエンジンをモーターに入れ替えたのみでは意味がなく、新しいセグメントへゆかなければならない」

この記事のもくじ| アウディは一応、R8とTTを生き残らせる方法を考えているようだ |アウディ「今年、ガソリン車よりも多くのEVを発売する」「R8後継モデルは、電動化されただけでは不十分」時期アウディ ...

続きを見る

新型アウディR8はどうなる?

今回の報道では「新型アウディR8は4リッターV8エンジンを使用する可能性が高い」とされており、このV8とはつまりポルシェやアウディ(RSモデル)、ランボルギーニ(ウルス)に積まれる4リッターV8ツインターボだと考えてよく、もしこれが事実であれば、初代から続いてきた「R8=自然吸気エンジン」の時代がついに終わるということに。

参考までに、初代アウディR8は「V8」「V10」というラインアップにて販売されていたものの、2代目(現行)ではV10のみとなり、そして3代目ではV8を復活させるものの自然吸気ではなくターボ、ということになりそうです。

さらに今回の情報源は、このV8ターボエンジンについて453馬力~641馬力を発生するとも予想しており、さらにはハイブリッド化されて700馬力を発生するという予想も。

詳細については述べられていないものの、現行プラットフォームを利用した「改良版」にとどまるのか、それとも新しくプラットフォームを設計した「オールニュー」となるのかは不明で、しかし2023年という(今から数年しかない)時期、そしてもうちょっと先には環境規制によって「ピュアエレクトリック」へと移行せざるを得ないということを鑑みるに、新設計を行う時間もなく、新設計を行ってもそれが将来的にムダになる可能性もあって、ぼくとしては「現行モデルのバージョンアップ版」くらいになるんじゃないかと考えています。

アウディR8の限定車

そうなると気になるのは「どういったハイブリッドなのか」ですが、妥当な線だと「エンジンとトランスミッションとの間にエレクトリックモーターを挟み込む」というもので、フェラーリ296GTB、マクラーレン・アルトゥーラと同じような手法ですね。

これだと4WD、RWD両方にも対応でき、車体の設計変更を最小限に抑えることができそうです。

効率性という観点だと、(前輪を駆動するための)プロペラシャフトやデフを廃止してフロントにモーターを積み、それで前輪を駆動するほうが良いのだろうとは思いますが、となると設計変更の範囲が大きく、コストもかさんでしまい、「過渡期にしか生息できない」ハイブリッドにそこまでコストはかけないかもしれません。

新型アウディR8には「ランボルギーニ版」も存在?

なお、アウディR8とランボルギーニV10モデルは車体やエンジンなど多くの部分を共有してきましたが、新型アウディR8が登場するとなると、その「ランボルギーニ版」がウラカン後継モデルとして発売されると考えるのもまた妥当。

ランボルギーニは「2024年以降にはすべてのクルマをハイブリッド化する」と発表しているので、2023年にはウラカン後継モデルを発表し、2024年からデリバリーを開始すると考えるのが自然ではあり、そうなると今回の「アウディR8後継モデルが2023年にハイブリッドで登場」というウワサがにわかに信憑性を増してきます。

レゴテクニックによる「実物大」ランボルギーニ・シアンFKP37が完成
ランボルギーニが2025年までのロードマップを発表!2024年にはガソリン車を全廃し全車ハイブリッドに、そして2025年以降には「初の」EVを発表

この記事のもくじ| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す |ついに「第4の」ランボルギーニ投入計画が具体的にそのロードマップは「Direzione Cor Tauri」ランボルギーニ ...

続きを見る

合わせて読みたい、アウディR8関連投稿

アウディR8は「最も検索された」クルマなのに販売は前年比-38%!一方Q8は前年比603%の14,256台を売り「A3よりも売れたクルマ」に

この記事のもくじ| 時代はもう”高級SUV” |スポーツカーはもうオワコンアウディ各モデルの販売状況はこうなっているこんな記事も読まれています | 時代はもう”高級SUV” | さて、ここ数日各自動車 ...

続きを見る

アウディR8の限定車
アウディCEOが「次期R8のピュアEV化」に興味。ただしR8 e-tronの歴史的大失敗がトラウマとなり、二の足を踏んでいるとも

この記事のもくじ| 実際にはまだまだ「様子見」が続きそう |次期アウディR8はどうなる?ピュアEVだと独自設計も可能に?アウディは過去にエレクトリック版R8を発売している合わせて読みたい、アウディR8 ...

続きを見る

アウディR8
新型アウディR8は「V10+ハイブリッド」で登場?ピュアエレクトリック路線は切り捨ててランボルギーニと共同開発か

この記事のもくじ| アウディはR8 e-tronの失敗から「エンジンサウンド」を重視しているようだ |次期アウディR8の方向性は右往左往しているやはりエンジン音は大事こんな記事も読まれています | ア ...

続きを見る

参照:Auto Bild

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), >ランボルギーニ(Lamborghini), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5