ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ >ランボルギーニ ■そのほか自動車関連/ネタなど

【動画】こんなに試乗できて楽しそうだな・・・。トップギアが26台、合計1万2440馬力のハイパーフォーマンスカーをテストする

投稿日:2021/10/20 更新日:

こんなに試乗できて楽しそうだな・・・。トップギアが26台、合計1万2440馬力のハイパーフォーマンスカーをテストする

| クルマの楽しさはパワーや価格に比例しないということもよくわかる |

自分だったらどれを選ぶだろうか気になった

さて、トップギア恒例の「スピードウィーク」が開催され、総勢26台、1万2440馬力を誇るハイパフォーマンスカーたちが勢揃い(車両金額合計がどれくらいになったのか気になる)。

その参加車はバラエティに富んでおり、ジャック・リックス氏とクリス・ハリス氏が、ホットハッチからレストアモデル、現代のスーパーカー、サーキット専用のおもちゃ、マッスルカーからEVまで、あらゆる種類の候補車について語りきるという内容です。

最初に試したのはフェラーリSF90ストラダーレですが、こちらは以前にも(トップギアが)プリプロダクションモデルをテストしており、その際には「今ひとつ」という反応を(クリス・ハリス氏が)示していたものの、今回の市販モデルではそれも一転しているようですね。

【動画】フェラーリSF90ストラダーレは「実際にタイムを出すことができ」「ドリフトも楽しめる」新世代フェラーリ!トップギアがレビューを公開

| しかも限定モデルではないので、お金さえあれば売ってもらえる |この記事のもくじ| しかも限定モデルではないので、お金さえあれば売ってもらえる |フェラーリSF90ストラダーレはこんなクルマクリス・ ...

続きを見る

集まったクルマはまさにA to Z

なお、今回集まったクルマの名を挙げるとキリがなく、しかしアルファロメオの「A」からゼンヴォの「Z」までが揃い、とにかくその様子は壮観としか言いようがありません。

ちなみにこちらは「マツダ・ロードスター」ベースにて制作された、アルファロメオ・ティーポ158のレプリカ(キットカーとして購入できる)。

両脇にはフォード・マスタングにアストンマーティン・ヴァンテージ。

9

マツダ・ロードスターを改造して作ったアルファロメオ158
【動画】え?これがマツダ・ロードスター?ドナーカーから「1930-50年代に活躍した、もっとも成功したアルファロメオ製レーシングカー」、ティーポ158を再現するキットが105万円で販売開始

| これで公道を走行できれば言うことナシだが |この記事のもくじ| これで公道を走行できれば言うことナシだが |「ティーポ184」はこうやって作られる実際の走りは痛快そのものティーポ184を組みたてて ...

続きを見る

本物のダカールラリー用競技車両。

1

究極のサーキットウェポン、マクラーレン720S GT3X。

8

マクラーレンが突如新型車「720S GT3X」発表
マクラーレンが突如新型車「720S GT3X」発表!公道走行不可、公式競技にも参加不可、つまり個人でサーキット走行を楽しむためだけに作られた「何からも制限を受けない究極のサーキットウェポン」

| ここ最近、こういった「プライベートでサーキットを走行するためだけに存在する」クルマを発売するメーカーが増えてきた |この記事のもくじ| ここ最近、こういった「プライベートでサーキットを走行するため ...

続きを見る

超エクストリームなセダン、アルファロメオジュリアGTA。

6

超過激限定モデル、アルファロメオ・ジュリアGTA/GTAmがついに完売!発表からは18ヶ月、日本からも「かなりの数」の受注があった模様
超過激限定モデル、アルファロメオ・ジュリアGTA/GTAmがついに完売!発表からは18ヶ月、日本からも「かなりの数」の受注があった模様

| これだけ特別感の強いモデルであれば、もっと早く完売しても良さそうではあるが |この記事のもくじ| これだけ特別感の強いモデルであれば、もっと早く完売しても良さそうではあるが |しかし今後、その価値 ...

続きを見る

ミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード・オセリ・エディション」。

4

クラシックミニ誕生60周年記念、「ミニ・リマスタード・オセリ・エディション」
クラシックミニ誕生60周年記念、「ミニ・リマスタード・オセリ・エディション」第一号車ついに完成!限定60台、価格は1500万円〜

| ミニ・リマスタード・オセリ・エディションの各部はLEDなど現代風に |この記事のもくじ| ミニ・リマスタード・オセリ・エディションの各部はLEDなど現代風に |4人乗りのほか2人乗り仕様も「ミニ・ ...

続きを見る

おなじみゼンヴォST1。

2

リアウイングが前後左右に傾く「トンデモ」ハイパーカー、ゼンヴォTSR-Sのレビュー登場
【動画】リアウイングが前後左右に傾く「トンデモ」ハイパーカー、ゼンヴォTSR-Sのレビュー登場!1,177馬力、0−100キロ加速2.8秒、その価格は1.9億円

| ゼンヴォTSR-Sの細部を見るに、ただのキワモノではなく細部までしっかり作り込んでいるようだ |この記事のもくじ| ゼンヴォTSR-Sの細部を見るに、ただのキワモノではなく細部までしっかり作り込ん ...

続きを見る

もちろんクリス・ハリス氏お気に入りのポルシェ911GT3や・・・。

7

自身でレーシングバージョンのステアリングホイールを握り、レースにも参戦したこともあるベントレー・コンチネンタルGTスピードも。

10

はじめて見る、マクマートリーなるクルマ。

3

JUN
バットモービルみたいだな!

そして話題のケーターハム・セブン170や・・・。

21

ケータハムカーズ170
なんと軽自動車登録が可能!車体重量わずか440kg、スズキ製ターボエンジンを搭載したケータハム・セブン170が539万円で登場

| 金額だけを見ると高価だが、その価値やリセールを考えると高くない |この記事のもくじ| 金額だけを見ると高価だが、その価値やリセールを考えると高くない |こういったクルマの楽しみ方も悪くないその軽量 ...

続きを見る

モーガン初のオフローダー、プラス4CX-T。

このほかにもロータス・エリーゼ、アウディRS e-tron GT、ポルシェ・タイカン、エヴァラッティがEV化したポルシェ911、フォルクスワーゲン・ゴルフR等の姿も見えます。

22

英国最古、独立を貫く自動車メーカー「モーガン」は流行に敏感だった!大手メーカーに先駆け「サファリ仕様」のプラス4 CX-Tを発売
英国最古、独立を貫く自動車メーカー「モーガン」は流行に敏感だった!大手メーカーに先駆け「サファリ仕様」のプラス4 CX-Tを発売

| しかもモーガンらしくクラシカル、そしてエレガント |この記事のもくじ| しかもモーガンらしくクラシカル、そしてエレガント | 選択されたパーツもとことん本格派、そして装備も本格派意外とモーガンは流 ...

続きを見る

評価が高かったクルマたちは?

そしてクリス・ハリスが高い評価を下したクルマについてですが、まずはヒュンダイi20(これはちょっと驚きだ)。

20

そして「ディアブロ以来、もっとも感銘を受けたランボルギーニ」と表現されたランボルギーニ・ウラカンSTO。

12

レストアされたプジョー205GTIも高評価です。

11

参考凄いのでた!長者番付4位、ルイ・ヴィトン総帥の乗っていた防弾カスタム「プジョー205GTI」が中古市場に

| まさかのルイ・ヴィトングループ総帥のクルマが販売に | ホットハッチの代表とも言える「プジョー205GTI」の珍仕様が登場。 これまでもラリーのホモロゲーション取得を目的に製造された「ミドシップの ...

続きを見る

トップギアが26台のハイパフォーマンスカーを試す動画はこちら

参照:Top Gear

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ, >ランボルギーニ, ■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5