ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ(Lamborghini) ■そのほか車関連のネタなど

これほどまでに華麗なトラクターは見たことがない!その名は「ストラドル」、ピニンファリーナによるデザイナーズ・トラクターが登場

投稿日:2021/12/14 更新日:

これほどまでに華麗なトラクターは見たことがない!その名は「ストラドル」、ピニンファリーナによるデザイナーズ・トラクターが登場

| デザインイメージはシャンパンフルート、どうりで優雅なわけだ |

現時点ではコンセプトにとどまるが、そのうち発売されそうだ

さて、フェラーリのデザインを手掛けてきたことで知られるピニンファリーナが今回なんと「トラクター」をデザイン。

このトラクターは「ストラドル」と命名され、ニューホランド社の依頼によって誕生したそうですが、同社は100年以上の歴史を持つ農業界では有名な会社であり、小型の農機具から大型の産業機械まで、同社製品は世界中の農場で活躍している、と紹介されています。

参考ピニンファリーナ創業者の知られざる逸話。「フォードからチーフデザイナーに誘われたが断った」

| ピニンファリーナはフォード専属デザイナーに誘われていた | ピニンファリーナはペブルビーチにて、有力顧客のみに対し初の市販モデルにしてハイパーカー、「PF0」を公開したとされていますが、今回ピニン ...

続きを見る

ここまで華麗なトラクターは見たことがない

ニューホランド社によると、このストラドルは、ブドウやブドウの木を傷つけないよう、狭い道を移動しなければならない(ワインやシャンパン用の)ブドウ畑に特化した製品だといい、その状況下において最適な製品を生み出すためにピニンファリーナへと協力を求めることに。

pininfarina-designed-new-holland-straddle-tractor-concept (1)

なお、この特殊なスタイリングはシャンパンを注ぐフルートグラスからインスピレーションを受けているといい(納得)、まさにフルートのごとく下が細く、上に行くにつれ広がったキャビンを持っています。

このデザインモチーフによってコクピットには広い視界がもたらされることになりますが、気持ちよく、そして快適に作業をこなせそうですね。

加えて、前傾したキャビンや流線型のボディは、スポーツカーのボディラインを連想させ、このトラクターの「ダイナミズム」を表現しているとも紹介され、仕事のモチベーションも上がりそう。

pininfarina-designed-new-holland-straddle-tractor-concept (4)

ニューホランド社によると、このトラクターは「電動」であることがアナウンスされ、そして現時点ではコンセプトにとどまるとのことではありますが、せっかくピニンファリーナに依頼してまでデザインしたことを鑑みるに、いずれかの時期に発売されるのでは、と考えるのが妥当かも。

pininfarina-designed-new-holland-straddle-tractor-concept (3)

ニューホランド社のブランド・プレジデントを務めるカルロ・ランブロ氏は、「当社の画期的なストラドル・トラクター・コンセプトは、狭く、しかし価値の高いブドウ畑を持つプレミアム・ワイン生産者が目指すべき未来を垣間見せてくれます。このコンセプトは、ニューホランドが世界中のブドウ畑で培ってきた長い歴史と、伝説的なデザインハウスであるピニンファリーナの革新的なアイデアが融合して生まれたものであって、ニューホランドが常にお客様の最も専門的なニーズを満たすために新しいソリューションを開発する努力をしてきたことの証であると同時に、業界で最も幅広い提案をしてきたニューホランドのさらなる拡大を予感させる作品です」と語っており、非常に強い自信を見せています。

pininfarina-designed-new-holland-straddle-tractor-concept

JUN
狭い畑でも効率的な作業ができる!

トラクターは世界中で進化している

ちなみに(農業に携わってないと)トラクターに触れる機会はありませんが、ちょっと前にはヤンマーがケン・オクヤマ氏にデザインを依頼したトラクターがずいぶん話題となったことも。

792077

その後にはピニンファリーナがチェコのZETOR社向けにデザインを行ったとして大きく報じられています。

名称未設定-1

そしてこちらはクボタの変形可能な「クロストラクタ」。

もう完全にトラクターの粋を出てますね。

【動画】クボタが凄いトラクター出した!完全自動運転、変形可能な「クロストラクタ」。完全にあっちの世界

| 実用化される日はそう遠くなさそうだ |この記事のもくじ| 実用化される日はそう遠くなさそうだ |クボタはすでにトラクターの自動運転化に突入クボタの「夢のトラクタ」計画は1970から存在したこんな記 ...

続きを見る

ちなみにトラクターといえばランボルギーニですが、こちらはフラッグシップモデルのMACH VRT T4i(ジウジアーロデザイン)。

MACHmain15-thumb-480xauto-3470-thumb-960xauto-10143

合わせて読みたい、トラクター関連投稿

ランボルギーニのルーツである「トラクター」の歴代モデルはこうなっている!なお現在もトラクターは販売中、お値段はスーパーカー並み

| 現在はスーパーカーのランボルギーニとは別の会社となっている |この記事のもくじ| 現在はスーパーカーのランボルギーニとは別の会社となっている |ランボルギーニ創業者は商才に長けていたランボルギーニ ...

続きを見る

レストアされ新車コンディションのランボルギーニ製トラクターが販売中!フォードGTより10年も前に「ガルフカラー」を採用していたようだ
レストアされ新車コンディションのランボルギーニ製トラクターが販売中!フォードGTより10年も前に「ガルフカラー」を採用していたようだ

| 価格は要問合せ、おそらくはスーパーカーが買えるくらいの価格だと思われる |この記事のもくじ| 価格は要問合せ、おそらくはスーパーカーが買えるくらいの価格だと思われる |ランボルギーニは1958年か ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■そのほか車関連のネタなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5