>ランボルギーニ(Lamborghini)

【動画】ランボルギーニCEO「我々の最初のピュアEVは2027-2028年に登場」。加えて将来的には「スーパースポーツ2種、実用的なモデル2種」の4モデル構成となることにも言及

投稿日:2021/12/09 更新日:

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12

| ランボルギーニの「フル電動化」は他メーカーに比較して数年遅れるようだ |

さらには合成燃料の実用化にて「ガソリンエンジンが少しでも長く生き延びる」ことにも期待

さて、ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏がYahoo!ファイナンスのインタビューに答え、「ランボルギーニ初のキュアエレクトリックカーは2027年、もしくは2028年になる」とコメント。

このエレクトリックカーがどのようなクルマとなるのかについては言及されていないものの、おそらくは「バッテリーの進歩」次第なのだと思われ、ソリッドステートバッテリーもしくはポルシェが開発と製造を行うとされる高効率バッテリーを搭載するのでは、と予想しています(まずここが決まらないと開発が難しい)。

ポルシェ・タイカンのインテリア
ポルシェが「ハイパフォーマンスカー、限定モデル」のみに搭載するという新型バッテリー開発計画を公開!バッテリー製造と充電インフラ構築を急ぎ、EVにおけるアドバンテージ獲得を目指すようだ

| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |この記事のもくじ| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |そのほかにはこんなメリットもポルシェは「電動化環境」の構築を急ぐ現在、タ ...

続きを見る

ちなみにロータスはピュアエレクトリックスポーツとして2022-2023年にはエヴァイヤを、フェラーリは2025年にブランド初となるエレクトリックスポーツを発売すると見られるので、ランボルギーニとしては「それらに数年遅れを取る」ことになるものの、もちろん待つだけの甲斐がある、新世代の技術を採用したモデルになるのは間違いなさそう。

フェラーリのコンセプトカー
フェラーリがエレクトリック計画を前倒し?2025年以後としていた新型ピュアエレクトリックスポーツを「2025年には」発表すると語った模様

| 昨年あたりから、いずれの自動車メーカーにおいても、急激にエレクトリック化が進んでいるようだ |この記事のもくじ| 昨年あたりから、いずれの自動車メーカーにおいても、急激にエレクトリック化が進んでい ...

続きを見る

ランボルギーニのラインアップは「4モデル」に拡大

加えてステファン・ヴィンケルマンCEOは「将来的にランボルギーニのラインアップは4モデルになる」と語っており、このうち2つはスーパースポーツ、残る2つはSUVとグランドツーリングという「実用的な」クルマ。

もちろん前2つはウラカンとアヴェンタドールの後継、そして後ろ2つはウルスの後継とブランニューモデルの「GTカー(4ドアサルーンではないようだ)」ということになりそうです。

レゴテクニックによる「実物大」ランボルギーニ・シアンFKP37が完成
ランボルギーニが2025年までのロードマップを発表!2024年にはガソリン車を全廃し全車ハイブリッドに、そして2025年以降には「初の」EVを発表

| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す |この記事のもくじ| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す |ついに「第4の」ランボルギーニ投入計画が具体的にそのロードマ ...

続きを見る

ランボルギーニ

そしてステファン・ヴィンケルマンCEOは、「将来のスーパースポーツ」2モデルについては、ピュアエレクトリックモデルになる前に「PHEV」を挟むことになるとも述べており、つまりはウラカン、アヴェンタドールともに後継モデルはPHEV、そしてその次はEVになるということですね。

加えて、いつまで(PHEVであっても)ガソリンエンジンを残すかは現段階では不透明だといい、「それは立法者(もしくは法律)が決めることで、我々が決めることではない」とも。

さらにはポルシェが開発を進めているような「排気ガスがクリーンになる合成燃料」の実用化にも期待を寄せていると述べ、しかしこれについても「いつ実用化されるのか、実際に流通するのか、満足する性能を発揮できるのか」がわからないとし、こちらについても「チャンスとしてはオープンだが、今すぐに何かを決める材料にならない」と語っています。

ポルシェがCO2を90%削減できるガソリン代替燃料生産工場を南米に建設、2022年から量産を開始。これによってガソリン車存続の道が開けるか
ポルシェがCO2を90%削減できるガソリン代替燃料生産工場を南米に建設、2022年から量産を開始。これによってガソリン車存続の道が開けるか

| ただしこの代替燃料「eFUEL」製造には多大な電力を必要し、そのために発電を行うと結局CO2が増加するらしい |この記事のもくじ| ただしこの代替燃料「eFUEL」製造には多大な電力を必要し、その ...

続きを見る

ランボルギーニの販売は「非常に好調」

ステファン・ヴィンケルマン氏は現在の販売状況についても触れており、2021年は「ランボルギーニにとって記録的な年になる」とも。

毎月毎月が前年よりもいい数字を記録しているといい、2021年は販売面、税務面ともに記録的な年になるのは間違いなく、2022年もこの勢いを継続できるものと確信しているようですね。

ランボルギーニ
ランボルギーニが「チップ不足」もなんのその、1−9月の累計販売で「過去最高を記録した」と発表!ウルスが販売の55%以上を占める

| フォルクスワーゲングループとしては、「利益率の高い」ランボルギーニにチップを優先的に回しているのかもしれない |この記事のもくじ| フォルクスワーゲングループとしては、「利益率の高い」ランボルギー ...

続きを見る

ランボルギーニCEOがインタビューに答える動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12
まったく「ブレない」スーパーカーメーカー、ランボルギーニ。そのモデル名、ボディカラー名、ホイール名などは神話や星座に関係し、こういった由来を持っている

| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している |この記事のもくじ| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している |設立以降、何度オーナーが変われども星座や神話に由来する名称を ...

続きを見る

発売直前まで行きながらも市販化が見送られた「ランボルギーニ・エストーケ」。そのとき、エストーケとランボルギーニの身に何が起きていたのか?
【動画】発売直前まで行きながらも市販化が見送られた「ランボルギーニ・エストーケ」。そのとき、エストーケとランボルギーニの身に何が起きていたのか?

| あのとき、誰もがランボルギーニ・エストーケは市販されると信じて疑わなかった |この記事のもくじ| あのとき、誰もがランボルギーニ・エストーケは市販されると信じて疑わなかった |「リーマンショック」 ...

続きを見る

ランボルギーニの親会社、VWのCEOが大胆発言。「我々はフェラーリに対して卑屈になる必要はない。実際にマラネッロの自動車メーカーに勝っている点も多い」
ランボルギーニの親会社、VWのCEOが大胆発言。「我々はフェラーリに対して卑屈になる必要はない。実際にマラネッロの自動車メーカーに勝っている点も多い」

| 実際のところ、ランボルギーニは信じられないような勢いでフェラーリを追い上げている |この記事のもくじ| 実際のところ、ランボルギーニは信じられないような勢いでフェラーリを追い上げている |ただしそ ...

続きを見る

参照:Yahoo Finance

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5