ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■近況について

【動画】2022年の新色「シャークブルー」の718ボクスターTを見てきた!チタンカラーとブラックのアクセントが素晴らしいマッチングを見せる

投稿日:

ポルシェ718ボクスターT

| ブルーにハマっているボクにとっては「完璧な仕様」を持つ一台 |

内外装には「T」専用の仕様が盛りだくさん、かなり魅力的なモデルだと思う

さて、ポルシェセンター北大阪さんにて展示中の718ボクスターT。

ボディカラーはなんと「シャークブルー」、つまり新型911GT3が登場したときに設定された新色で、2022年モデルから718シリーズにおいても選択が可能となっています。

ちなみにこのシャークブルーは、ポルシェGT部門を管理するアンドレアス・プルニンガー氏がサルディーニャ島のビーチでくつろいでいた際に目にした、美しくエレガントなスーパーヨットからインスピレーションを得ている、とのこと。

ポルシェはボディカラーにつき、「人間に例えるならばドレスのようなもの」とも表現しており、多くの人に気に入られるかどうかよりも「比類ないポルシェの世界観を強調すること」「人々の目に焼き付けること」のほうが重要だと捉えているようですね。

L1420044

新型ポルシェ911GT3(シャークブルー)
新型ポルシェ911GT3のイメージカラー「シャークブルー」はヨットにインスパイアされたものだった!なおヘッドライト内に唯一入れることができるカラーはシャークブルーのみ

| ポルシェが911に対し、しかもGT3に対してここまで強いこだわりを見せるのは珍しい |この記事のもくじ| ポルシェが911に対し、しかもGT3に対してここまで強いこだわりを見せるのは珍しい |シャ ...

続きを見る

ポルシェ718ボクスターTはこんなクルマ

ポルシェの場合、「T」は「ツーリング」を意味することが多く、初めてグレードに「T」を設定したのは1968年の「911T」で、これは911の廉価版という設定です。

ただし現代では「過剰な性能を追求せず、比較的シンプルな」装備に留めた仕様を指しており、991世代の911に「911カレラT」が(2019年に)設定された後に定番ラインナップ化することとなっていて、直近だと「マカンT」が追加されていますね(現代の「T」は、ベースグレードと「S」との中間というポジショニングで、廉価版ではない)。

L1420036

ポルシェが718ケイマンT、718ボクスターTを発表。軽量スパルタン、0-100km/h加速は4.5秒、パフォーマンスは911の領域へ

エンジン出力は変更なし、外観変更も最小限、ただしパフォーマンスは大幅向上 ポルシェが突如として「718T」シリーズ、すなわち「718ボクスターT」「718ケイマンT」を発表。エンジンは2リッター4気筒 ...

続きを見る

搭載されるエンジンは2リッター・フラット4ターボで出力は300馬力、トランスミッションはマニュアル/PDK双方を選択でき、0-100キロ加速は4.9秒(MT)、PDKだと4.7秒(スポーツプラス・モードだとこれは一気に4.5秒まで短縮できる)、最高速度は275km/hというスペックを誇ります。

L1410759

ボクスターTでは走りに関する装備が強化されていて、たとえばPASMを装備し車高は20ミリダウン(通常のPASMより10ミリ低い)、それに加えてアクティブエンジンマウント(ドライブモードに合わせてエンジンマウントの硬さが変化する)、電制デフによるロッキングとトルクベクタリングも装備しています。

L1410771

一方でなかなかにオシャレな外観も持っていて、20インチホイールとドアミラーは「ハイグロスチタニウム」仕上げとなり、これは「T」シリーズの定番。

L1410769

ブレーキキャリパーはベースグレードと同じアノダイズド仕上げのブラック。

L1410765

加えてサイドにはやはりチタンカラーの専用ストライプが入ります。

L1410785

フロントバンパーのインサートはハイグロス仕様。

L1410778

テールランプもハイグロスブラックです。

L1410764

ロールバーのカバーもハイグロスブラックですね。

ちなみにトップは「ネイビー」。

L1420005

リアディフューザーはハイグロスブラックとボディカラーとのバイカラー。

L1410797

テールランプはハイパフォーマンスモデルに使用される「ブラック」ではなく通常のレッド仕様。

L1420039

最近ブルーにハマっているぼくとしては非常に惹かれる仕様を持つ一台ですが、この718ボクスターTは試乗車として導入されるそうで、その役目を終えたら売ってもらえないか・・・と考えたりします。

L1410755

ポルシェ718ボクスターTのインテリアはこうなっている

そしてこちらは718ボクスターTのインテリア。

L1410809

おそらくはオプションでレザー内装が選択されているものと思われますが、ダッシュボードやセンターコンソールはレザー仕様、そしてステッチはホワイト。

L1410830

インテリアのトリムはグロスプラック、そしてドアインナーハンドルは軽量化のために「ストラップ」へ。

L1410832

シートは「スポーツシート」、シートバックはメタリックグレー(マット)。

L1410810

シートのセンターはファブリック仕様で、これも「T」の特徴でもある縦線ステッチが入ります。

L1410826

アームレストもレザー、そしてホワイトステッチ。

L1410828

メーターはホワイト仕様。

L1410814

キックプレートには「Boxster T」。

L1410805

ヘッドレストには「718」の刺繍入りです。

L1410835

他の画像はFacebookのアルバム「ポルシェ 718ボクスターT / PORSCHE 718 BOXSTER T(91枚)」に保存中。

シャークブルーのポルシェ718ボクスターTを収めた動画はこちら

ポルシェセンター北大阪
住所:〒562-0014 大阪府箕面市萱野2丁目4−10
電話:072−725−0911
ウエブサイト
MAP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ポルシェ(Porsche), ■近況について
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5