ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど ■近況について

【動画】フェラーリやロールスロイス、BMWなどのクラシックカーが並ぶクラシックカーの宝庫「G LION ミュージアム」へ!併設の赤レンガステーキハウスにも行ってきた

投稿日:

【動画】フェラーリやロールスロイス、BMWなどのクラシックカーが並ぶクラシックカーの宝庫「G LION ミュージアム」へ!併設の赤レンガステーキハウスにも行ってきた

| 5年ぶりの訪問だったが、いいところはそのままに、そしてさらにその雰囲気がバージョンアップ |

近代の希少車を販売するショールーム、「G SQUARE」も新しくオープン

さて、ぼくがフェラーリ296GTBを注文したオートカヴァリーノさんの属する「G LIONグループ」によって運営される「G LION MUSEUM」へ(G LIONグループはほかにもMINIやBMW、ポルシェほか多数の自動車ディーラー、そのほかライフスタイル事業を展開している)。

このG LION ミュージアムは大阪・天保山の築港赤レンガ倉庫を改装したもので、「昔の英国港湾地区」風な雰囲気を持っていることがひとつの特徴ですが、周囲が倉庫で囲まれて(周囲から隔絶されて)いることもあり「そこだけ異世界な」雰囲気を持っています(フェラーリ296GTBが納車されたら、ここで写真を撮らせてもらえるようお願いしたいと思う)。

近くにはイケア、そして撮影スポット「ナナガン」もあるので、それらを訪れた際に立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

L1430139

G LION ミュージアムにはこんな展示物がある

そしてG LIONミュージアム内に入ると「馬車」の時代にまでさかのぼった様々な展示物が。

L1430088

100年以上も前のクルマがこうやって存在していることには驚きです。

L1430085

サイドカー含むバイクも展示。

L1430090

ミュージアム内の雰囲気も「いかにも」と行った感じで気分を盛り上げてくれます。

時代がどんどん新しくなってゆき・・・。

L1430091

キャデラック等のアメ車も。

L1430092

現代のロールスロイスよりも大きいんじゃないかと思えるほどのクラシックロールス。

他の同年代のクルマとは次元が異なるサイズを持っており(隣に置かれたBMWの倍くらいあるんじゃないかという印象)、当時のロールスロイスは現代以上にインパクトがあったんだろうな、と思わせるクルマです。

L1430096

こちらは(328オマージュのインスパイア元となった)BMW 328ロードスター。

L1430098

BMW 328オマージュ・コンセプト
【動画】もっとも美しいBMWのコンセプトカー「328オマージュ」。これほど美女が似合うクルマは他にないだろう

| ボクにとっての「もっとも記憶に残るBMWのコンセプトカー」でもある |この記事のもくじ| ボクにとっての「もっとも記憶に残るBMWのコンセプトカー」でもある |BMW 328はこんなクルマ歳月を経 ...

続きを見る

なにかと(現代のBMWで)話題となるバーチカルキドニーグリルの元祖!

L1430101

BMWコンセプト4の「巨大な縦長キドニーグリル」は80年以上前にもBMWが採用していた?BMW328のオマージュとして現代に復活か

| それにしても面積の割合からするとデカすぎる | とにかく衝撃としかいいようのなかった、フランクフルト・モーターショーでの「BMWコンセプト4」。何が衝撃的かというとその巨大なキドニーグリル。これに ...

続きを見る

ちょっと新しい世代のロールスロイス。

L1430105

アルファロメオに・・・。

L1430109

(フェラーリ)ディーノ!

L1430111

アルピーヌA110も!

L1430112

G LION ミュージアムは国産クラシックカーも充実

そしてこちらは国産車展示スペース。

ホンダ、日産、マツダ、トヨタのクラシックカーが展示されています。

L1430116

こちらは日産プリンス・スカイライン。

L1430120

マツダ・コスモスポーツも。

L1430122

バージョン違い(一台はレアなAT)のトヨタ2000GT!

このあたりの館内の(小物類や、置かれている家具を含めた)雰囲気は非常に良く、こういったガレージを持てたらなあ、と思わせられたり。

L1430123

ちなみにG LIONミュージアムではウエディング事業も手掛けていて、ここで結婚式を挙げるとこのロールスロイスにて送迎を行ってくれるというサービスもあるようですね(この時代のロールスロイスが普通に走るというのが驚きだ・・・)。

L1430128

こういった、ちょっとした演出用小物もいい雰囲気です。

L1430133

そして外には超長いリムジン!

L1430135

旧き良き時代の車たちが無造作に置かれているのもいい感じ。

L1430138

なお、G LIONさんではこのミュージアムに加えて”クルマのセレクトショップ”「G SQUARE」を新しく開設しており、こちらではネオクラシックカーから最新のクルマまでを販売しており、空冷世代のポルシェ911から最新世代の911、そしてフェラーリ、アストンマーティン、ロールスロイス、フェラーリ、アウディ、メルセデスAMG等が展示販売されています。※初めて見るクルマも何台かあった

こちらについてもゆとりある空間で落ち着いてクルマを見たり商談できるので、一度訪れてみることをオススメします(要予約)。

その後、赤レンガステーキハウスへ

そしてその後は併設されている赤レンガステーキハウスへ。

ハワイの老舗レストラン、Hy’s ステーキハウスの姉妹店であり、カシ、ナラ、アベマキ、クヌギといった4種類の薪を使用して焼かれたステーキが目玉です。

ちなみに今回はオートカヴァリーノさんが会合をセッティングしてくれ、テーブル上にはフェラーリの75周年を記念してミニカーで「75」の文字といったうれしい演出も。

L1430140

建物自体はもちろんですが、調度備品もクラシカルかつ重厚さに溢れており、ステーキを焼く様子を見ることができるなど、ほかにはない雰囲気にて食事を楽しむことが可能です。

当日は満席であったようで、かなりな人気を誇るもよう(ここを訪問するのは2回めだが、たしかに以前も満席だった)。

L1430154

こちらのチーズトーストは絶品で、思わず「もっとちょうだい」と言いそうになったり(食べ過ぎ注意。このあとのものが入らなくなる)。

L1430146

お肉のカルパッチョやシーフード。

L1430149

クラムチャウダーのパイ包み。

L1430151

メインのステーキ。

L1430153

デザート。

L1430164

パティシエ特性のフェラーリのシールドエンブレム飴細工、そしてフィナンシェも!

L1430157

スタッフの方々も非常に親切で、おかげさまで楽しいひと時を過ごすことができ、この場を用意してくれたオートカヴァリーノさん、対応してくださった方々、当日お顔を合わせてくださった方々心よりにはお礼申し上げたいと思います。

G LION ミュージアム、赤レンガステーキハウスでの様子を収めた動画はこちら

G LION MUSEUM

大阪市港区海岸通 2-6-39(大阪・赤レンガ倉庫内)
TEL:06-6573-3006

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■そのほか自動車関連/ネタなど, ■近況について
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5