ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■自動車各社業績/ランキング/記録等

ランボルギーニ・ウラカンが発売から8年目で2万台を突破!ウラカンのバリエーションは12モデル、競技用を含めると15モデルにまでラインアップが増えていた

投稿日:2022/04/22 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンが発売から8年目で2万台を突破!ウラカンのバリエーションは12モデル、競技用を含めると15モデルにまでラインアップが増えていた

| モデルライフ終了までに、どこまでウラカンがその記録を伸ばせるかには要注目 |

ウラカンの顧客の71%がクーペを選択、もっともカスタムしているのは欧州や日本

さて、ランボルギーニが「ウラカンの生産台数が2万台を超えた」と発表。

ランボルギーニのV10モデルとしては先代の「ガヤルド」が過去に存在していますが、こちらの販売台数は「モデルライフの10年を通じ」14,022台。

ちなみにウラカンはわずか5年でこれと同じ台数を販売し、今回はさらに発売から8年目で2万台を超えたということになりますね。

なお、2万台目のウラカンはマットグレー(グリジオ・アシェソ・マット)のウラカンSTOで、これからモナコの顧客のもとへと届けられるのだそう。

ランボルギーニV10の「次世代モデル」、ウラカン・テクニカ発表!V12モデルとの関連性を強め、高度な進化を示す「究極の」ウラカンがここに誕生
ランボルギーニV10の「次世代モデル」、ウラカン・テクニカ発表!V12モデルとの関連性を強め、高度な進化を示す「究極の」ウラカンがここに誕生

| ウラカンのモデルライフ終了まで「カウントダウン」という時期にとんでもない大物が出たものだ |この記事のもくじ| ウラカンのモデルライフ終了まで「カウントダウン」という時期にとんでもない大物が出たも ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンは12車種にまで拡大していた

ランボルギーニ・ウラカンについて、2014年に最初のLP610-4が発売された後、現在までには(最新バージョンのウラカン・テクニカを含め)12車種にまでバリエーションが拡大しているといい、ことし後半に発表されると言われるウラカン・ステラートを含めると最終的に13車種にまで拡大することに(それでも、ポルシェ911の24車種には遠く及ばない)。

ランボルギーニによれば、この「2万台の」ウラカンのうち、およそ71%がクーペを選択し、販売台数のうち32%がアメリカに納車され、そして次に多いのはイギリス、そして中国とのこと(日本市場は伝統的にV12モデルの販売比率が高いと言われる)。

ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏は「ウラカンの発表時、我々ランボルギーニはウラカンにて、その偉大な歴史の次の章を閻くのだと宣言しています。実際にウラカンは、その発売以来、デザイン、技術的なノウハウ、ドライビングアドベンチャー、サーキットでの記録、販売記録の進化を提供してきました。ウラカンは、日常的なドライブからサーキットでのスリリングなパフォーマンスまで、あらゆる環境でスーパースポーツの感動を提供するクルマとして設計されています。ウラカンのすべての解釈は、そのランボルギーニの哲学に忠実であり、モータースポーツにおいてだと、ウラカンはランボルギーニのワンメイクレース、スーパートロフェオシリーズの主人公であるだけでなく、世界中のGT3シリーズでその優位性を証明しています」とコメント。

lamborghini-huracan-20-000th-production-milestone

なお、ウラカンの「12」のバリエーションは、ウラカンLP610-4、ウラカンLP610-4スパイダー、ウラカンLP580-2、ウラカンLP580-2スパイダー、ウラカン・ペルフォルマンテ、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー、ウラカンEVO、ウラカンEVOスパイダー、ウラカンEVO RWD、ウラカンEVO RWDスパイダー、ウラカンSTO、そしてウラカン・テクニカとなっていますが、この他にも競技用モデルだとウラカン・スーパートロフェオ、ウラカン・スーパートロフェオEVO、ウラカン・トロフェオEVO2といったモデルもリリース済み。

この他にも、ウラカンFLUO、ウラカンAVIOといった特別仕様車、ローマ教皇のために製作されたワンオフモデル、警察車両といった特殊モデルも存在します。

L1220435

ランボルギーニがローマ教皇のためにワンオフのウラカンを制作。ボディカラーはバチカン国旗がモチーフ

フランシスコ教皇のためにランボルギーニがワンオフでウラカンをカスタム ランボルギーニがローマ教皇(法王)のためにウラカンをカスタムして寄贈。 もちろんこれはランボルギーニのカスタマイゼーション部門「ア ...

続きを見る

ウラカンの顧客の60%がアドペルソナムを利用

そして納車されたウラカンの60%がランボルギーニのパーソナリゼーションプログラム「アドペルソナム」にてカスタムされたものだといい、ここでは300種類以上のボディカラーを提供していますが(ぼくのウラカンEVO RWDもアドペルソナム)、とくにこういったカスタムを好むのは中央ヨーロッパ、日本、イギリスなのだそう。

3K4A3628

ランボルギーによると、こういったカスタムのインスピレーションは家具、ソファ、バッグ、衣服などの日常品だけでなく、メイクアップ(アイシャドウ、マニキュア)用品、宝石、腕時計のストラップによることが多いといい、今後この傾向はますます加速することになりそうです。

ウラカンは2024年に発表されると言われる後継モデル(V10を継続しない可能性も)にバトンタッチする形でそのライフを終えることになりますが、ここからに2年はさらに販売を伸ばす可能性が高く、今回の記録をどこまで伸ばせるかに期待したいと思います。

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカン関連投稿

ランボルギーニ・ウラカン最新バリエーション、「ウラカンEVO FLUO」を見てきた!通常のウラカンEVOとは異なるオシャレ系特別仕様
【動画】ランボルギーニ・ウラカン最新バリエーション、「ウラカンEVO FLUO」を見てきた!通常のウラカンEVOとは異なるオシャレ系特別仕様

| ボディカラーは明るいマット、そのペイントスキームはウラカンEVO FLUO専用 |この記事のもくじ| ボディカラーは明るいマット、そのペイントスキームはウラカンEVO FLUO専用 |ランボルギー ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた
ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた!何度見てもこのクルマには驚きしか感じないな・・・。

| 一般の駐車場に停まっているウラカンSTOのオーナーがフロントフードを開けたらきっと誰もが驚く |この記事のもくじ| 一般の駐車場に停まっているウラカンSTOのオーナーがフロントフードを開けたらきっ ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ, ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5