ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

もしもフェラーリ296GTSに「ベースグレード」が存在したら?前後バンパーやドアミラー、ドアハンドルまでもが樹脂丸出しへと変更に

投稿日:

もしもフェラーリ296GTSに「ベースグレード」が存在したら?前後バンパーやドアミラー、ドアハンドルまでもが樹脂丸出しへと変更に

| 見たところ、フェラーリ296GTSのヘッドライトまでもが「ハロゲン」へと変更されているようだ |

現代では「作り分け」のほうがコストが高くなるのか、グレード間での仕様”格差”は小さくなった

さて、様々な「もしもこんなクルマがあったら」というレンダリングを作成するX-tomiデザインより、フェラーリ296GTBの”もしもベースグレードが存在したならば”というCGが登場。

この「ベースグレード」というのは、一昔前の自動車(とくにコンパクトハッチバック)によく設定されていたもので、いわゆる商用グレード的なもの。

営業社に使用したりレンタカーに使用することを想定しているので装備を極端に簡略化しており、価格を抑えるため(そして同時に多少傷ついても目立たないよう、そして修理・交換の際にも費用が安く収まるよう)樹脂パーツが無塗装であったり、ホイールがスチールであることがほとんどです。※そのほか、灯火類などもダウングレードされていることが多い

もちろんフェラーリに「営業車はない」が

もちろんフェラーリにはそういった「商用グレード」などあるはずもなく、しかし「絶対にない」クルマをレンダリングにて作ってしまったのがこの作品だということになりますが、前後バンパーやドアミラーがブラック(おそらくは樹脂むき出しを想定)、そしてホイールは「インチダウン」されたスチールを装着しているもよう(ドアハンドルもブラック化されており、けっこう細部に至るまで抜かり無い)。

その他にもこんな「ベースグレード」のレンダリングが制作されている

ここでX-tomiデザインが制作してきた「スポーツカーのベースグレード」なるレンダリングを一部紹介したいと思いますが、こちらはラフェラーリ。

ランボルギーニ・ウラカン。

マクラーレン650S。

いずれも同じ手法によって「ベースグレード化」されていますが、こういったレンダリングが作られるあたり、「ベースグレード」という考え方は万国共通でもあるようですね(コストを抑えたベースグレードという考え方は、日本だけの事例ではないようだ)。

実際の「ベースグレード」はこんな感じ

そこで現在「ベースグレード」としてどんなクルマが存在するのかを紹介してみたいと思いますが、こちらはスズキ・アルト。

スチールホイールにブラックのドアミラー、ドアハンドルがブラックという仕様を持ち、しかしさすがに前後バンパーはペイント済み。

その理由は定かではないものの、製造が自動化されるに際し、「塗らない」バンパーを用意するほうがコストがかかったり、もしくは前後バンパーまでもがブラックだと「あまりにカッコ悪くて売れない」からなのかもしれません。

a-26U

そしてこちらは同じアルトでも上位グレード。

ドアミラーやドアハンドルが「カラード」となり、直径が大きくなったアルミホイールが装着されています。

hybrid-x-EMB

参考までに、GR86にも装備を省いたシンプルなグレード(RC/279万9000円)が存在し、しかしこちらはモータースポーツ参戦を前提としているため、ユーザーによって交換が想定されるパーツ(タイヤやホイール)は最低限にとどめ、かつ競技に不要な装備を省いたという、ベースグレードとは少し意味合いの異なるモデルですが、価格としてはSZの303万6000円、RZの334万9000円に比較して大幅に安くなっています。

pic_parts_list05_pc

ちなみにフェラーリやランボルギーニ、ポルシェにも「モータースポーツ参戦用」グレードが存在するものの、それらは公道走行に必要がない装備を省かれている反面、モータースポーツに必要な装備が予め盛り込まれているため、ロードゴーイングバージョンに比較すると1.5~2倍ほど高価な価格設定を持っているようですね。

フェラーリ488チャレンジ
参考【動画】フェラーリ488チャレンジEVOを見てきた!488比で50%ダウンフォースが増加、フロントオーバーハングも延長されてアグレッシブに

| このクルマでサーキットを思いっきり走行できるオーナーがうらやましい |この記事のもくじ| このクルマでサーキットを思いっきり走行できるオーナーがうらやましい |「488GTBの延長線上にあった」4 ...

続きを見る

あわせて読みたい、「もしも」なレンダリング関連投稿

え?これが三菱エクリプス?超未来的、SF映画に出てきそうなレンダリングが公開
え?これが三菱エクリプス?超未来的、SF映画に出てきそうなレンダリングが公開

| よくよく考えると、三菱はいつも先進的なデバイスを搭載したクルマを発売する自動車メーカーだった |この記事のもくじ| よくよく考えると、三菱はいつも先進的なデバイスを搭載したクルマを発売する自動車メ ...

続きを見る

やっぱりホンダは3ドア版のインテグラを発売すべきだったな・・・。CGデザイナーが「ホンダ・インテグラ 無限バージョン」のレンダリングを公開
やっぱりホンダは3ドア版のインテグラを発売すべきだったな・・・。CGデザイナーが「ホンダ・インテグラ 無限バージョン」のレンダリングを公開

さて、アメリカでは「アキュラ・インテグラ」、中国でも「ホンダ・インテグラ」が発表されていますが、いずれも4ドアボディを持ち、ぼくらの考えるインテグラとはちょっと様相が異なります。そこでCGアーティスト ...

続きを見る

新型フェアレディZに「ロードスター」が登場したら?クーペよりもマッスルな予想レンダリングが公開
新型フェアレディZに「ロードスター」が登場したら?クーペよりもマッスルな予想レンダリングが公開

| 新型フェアレディZは「オープンモデルが存在した」先代と車体を共有しており、技術的にオープンモデルを作ることは難しくない |この記事のもくじ| 新型フェアレディZは「オープンモデルが存在した」先代と ...

続きを見る

参照:X-Tomi Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5