ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェが「911カレラRS 2.7」50周年を祝う!ナナサンカレラは「はじめてリアスポイラーを装着」「はじめて前後異なる幅のタイヤを装着」したポルシェだった

投稿日:

ポルシェが「911カレラRS 2.7」50周年を祝う!ナナサンカレラは「はじめてリアスポイラーを装着」「はじめて前後異なる幅のタイヤを装着」したポルシェだった

| 当時のポルシェはナナサンカレラがそこまで売れるとは、そして後にこれだけ価値が出るとは思わなかったに違いない |

さらには「RS」が後にこれだけ協力なブランドになるとは想像できなかっただろう

さて、ポルシェが911カレラRS 2.7の50周年を祝うコンテンツを公開。

ポルシェはここ最近「(先日発表された911スポーツクラシックとは別に)911カレラRS 2.7のオマージュモデル」と思われるプロトタイプをテストしており、そして今回こういったコンテンツを公開するということは「やはり911カレラRS 2.7のオマージュモデルが登場」すると考えてよいのかもしれません。

fifty-years-of-the-porsche-911-carrera-rs-2.7-group-array

あのナナサンカレラの現代版、そして「史上最強のMT装備911」となりそうな新型ポルシェ911スポーツクラシックの姿が目撃される
あのナナサンカレラの現代版、そして「史上最強のMT装備911」となりそうな新型ポルシェ911スポーツクラシックの姿が目撃される

| この画像を見ると、やはりポルシェがヘリテージモデルを発売するというウワサは本当だったようだ |この記事のもくじ| この画像を見ると、やはりポルシェがヘリテージモデルを発売するというウワサは本当だっ ...

続きを見る

ポルシェ911カレラRS 2.7はこんなクルマ

911カレラRS 2.7は1973年に登場しており、そのため日本では「ナナサンカレラ」として親しまれていますが、これは当時「最もパワフルな公道仕様の911」。

専用のフロントスプリッター、ワイドフェンダー、ダックテールスポイラーを装備し、さらにはボディパネルやウィンドウを薄く作っていたほか、遮音材や防音材も省かれて極限まで軽量化が図られており、完全に「公道を走るレーシングカー」といった仕様を持っています。

6

それもそのはず、911カレラRS 2.7は当時ポルシェがグループ4カテゴリのホモロゲーションモデルとして911S/2.4をベースに生産したもので、つまりはモータースポーツ参戦を前提に作られたモデルでもあるわけですね。

5

そして上述の通り軽量化、パワーアップに加えて足回りの強化という、現代のRSモデルにも通じる「スポーツカーの基本」を徹底したモデルでもあり、搭載されるエンジンは2.7リッターフラットシックス210馬力、トランスミッションは5速マニュアルのみ、そしてグレードは「ツーリング」「スポーツ」「レーシング」パッケージが存在します。

3

なお、「スポーツ(ライトウエイト)」パッケージを選んだ場合はリアシート、カーペット、アームレスト、時計さえもなかったといい、「ツーリング」パッケージだと115kgの重量増となったものの、日常的に乗れる範囲の快適性を備えていたようですね。

そしてもちろん「レーシング」パッケージだと文字通りレーシングカー同様のスペックを持っており、あまりにスパルタンだったせいか1525台が生産された911カレラRS 2.7のうちわずか17台しか生産されなかったのだそう(ツーリングパッケージが最も多く1308台が納車されている。競技用車はこれとは別に55台が生産された)。

2

参考までに、ホモロゲーションをクリアするには500台のみを販売すればよかったそうですが、フタを開けてみると1500台超が販売されており、いかに「もっとスポーティーな」ポルシェを欲しがっている人が多かったかがわかります。

ちなみに当時、そしてその後間もない世代のRSモデルは「一般向けの車両から装備を簡略化したため」ベースモデルより安くなる例もあったようですが、現代の「RSモデル」ではベースモデルから大きく価格が上昇しており、これはつまり(商業的な理由もあるにせよ)かつてのRSモデルのように「軽量化」「パワーアップ」「足回りを固める」だけではなく、様々な部分が強化されていることを意味するのでしょうね。

実際のところ、ポルシェ911カレラRS 2.7は速かった

参考までに、当時ドイツの雑誌「Auto, Motor und Sport」がカレラRS 2.7「スポーツパッケージ」をテストしたところ、時速時速100kmには5.8秒で到達したという記録が残り(ツーリングパッケージだと6.3秒)、同誌がテストした中では6.0秒未満で到達した最初の市販車となっています。

1

さらに911カレラRS 2.7は「リアスポイラーを装備した最初の量産ポルシェ」であると同時に、ポルシェが(レーシングチームではなく)一般の消費者に販売するモデルにてはじめて「前後で異なるサイズのタイヤを装着した」クルマだといい、あらゆる面でエポックメイキングな存在だったと言えそうです(フロントには185/70、リヤには215/60という15インチサイズのタイヤが装着されていた)。

fifty-years-of-the-porsche-911-carrera-rs-2.7

合わせて読みたい、ポルシェ「RS」関連投稿

水冷世代のポルシェ911”RS”モデルは空冷世代の”RS”の魂をどう引き継いでいる?

| 空冷911RSの伝統はどう水冷世代に息づいているのか? | ポルシェ911の「RS」は1973年の911カレラ2.7RS(通称ナナサンカレラ、930型)に始まりますが、その後1974年の3リッター ...

続きを見る

ついに996世代のポルシェ911GT3RSも高値へ
【動画】ついに996世代のポルシェ911GT3RSも高値へ!競売へ登場、2000万円を越えて価格が上昇中

| 996世代のポルシェ911は「最初の水冷モデル」ということであまりに過小評価され、相場が低迷しがちだったが |この記事のもくじ| 996世代のポルシェ911は「最初の水冷モデル」ということであまり ...

続きを見る

世界でもっとも走行距離の少ない964世代のポルシェ911カレラRSが競売に登場
世界でもっとも走行距離の少ない964世代のポルシェ911カレラRSが競売に登場!走行距離わずか164km、内外装とも新車コンディション

| いったいこれだけのコンディションを持つポルシェ911カレラRSがどこに眠っていたのか |この記事のもくじ| いったいこれだけのコンディションを持つポルシェ911カレラRSがどこに眠っていたのか | ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ポルシェ(Porsche)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5