ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■近況について

いったいなぜ?ボクがフェラーリ・レーシング・デイズへの参加を断ってまで予約を入れていたトヨタbZ4Xの試乗イベントが説明もなく開催当日一方的にキャンセルされる

投稿日:

いったいなぜ?ボクがフェラーリ・レーシング・デイズへの参加を断ってまで予約を入れていたトヨタbZ4Xの試乗イベントが説明もなく一方的にキャンセルに

| トヨタにしてはかなり手際のよろしくない展開と言わざるを得ない |

どうやらイベント開催後に「なにか」が起きたようだ

さて、トヨタは初のEV専用設計を持つ電気自動車「bZ4X」を発売していますが、これは「購入」することができず「リース」のみでしか乗ることができないクルマ。

そしてトヨタは自社にてキモ入りのリースプログラム「KINTO」をスタートさせていますが、bZ4XはこのKINTOでしか取り扱いがなく、(思いっきり不振の)KINTOの普及促進のためにbZ4Xを活用しているとも考えることができるかもしれません。

そこでKINTOはこのbZ4Xの試乗会を開催することとなっていますが、これは東京・大阪・愛知にて開催を予定し計600組を募集していて、ぼくは大阪の試乗会へと申し込み、実際に6月26日に試乗する運びとなっていたわけですね。

トヨタがbZ4Xの価格を「600万円」と発表、しかし購入はできずKINTOでのリースのみ。10年契約だと契約時に77万円を支払い最初の4年は10万7800円/月、支払総額は963万円
トヨタがbZ4Xの価格を「600万円」と発表、しかし購入はできずKINTOでのリースのみ。10年契約だと契約時に77万円を支払い最初の4年は10万7800円/月、支払総額は963万円

| 正直、どうしてもbZ4Xが欲しいケースを除くとKINTOにて契約する理由が見当たらない |この記事のもくじ| 正直、どうしてもbZ4Xが欲しいケースを除くとKINTOにて契約する理由が見当たらない ...

続きを見る

ただしそこから一方的なキャンセル

ちなみにですが、6月26日というと「フェラーリ・レーシング・デイズ 2022」が開催される日でもあり、こちらへの参加をお誘いいただいていたものの、ぼくは先にトヨタbZ4Xの試乗を予約していたため、やむなくお断りしていたという事情も。

つまりはそれだけぼくはトヨタbZ4Xに期待していたわけですが、このトヨタbZ4X試乗の3日前の6月23日にイキナリ「日程調整KINTO×bZ4X 試乗・相談会をキャンセルしました」というメールが届くことに。

「いったい何ごと?」と思ってメールを開いてみると一方的にイベントそのものをキャンセルしたという記載があり、「別信でご連絡させていただいた通り」とはあるものの、このメールの他にはなんら連絡がなく、ぼくとしては「えぇ・・・」といった感じです。

なお、このbZ4X試乗イベント自体は6月23日から開催されているので、開催初日に「想定外の何かがあった」ということになりそうですね。

結局は個人情報を取られただけで終わることに

このトヨタbZ4Xの試乗に際しては個人情報などを入力する必要があり、どのような事情があったのかはわからないものの、イベントそのものがキャンセルとなってしまった以上は「個人情報を取られただけ」になったというのも事実であって、何ら説明がないことについてはちょっと不信感をいだいています。

ちなみに愛知・東京のイベントにおいてはまだ試乗予約を受け付けていますが、これらは今のところ開催される見込みとなっていて、しかし大阪のイベントが今後「仕切り直し」になるのかどうかは一切不明。

無料のイベントですし、様々な事情があると思うので、キャンセル自体について文句を言うことはできないと考えているものの、フェラーリのイベントを断ってまでbZ4Xの試乗を楽しみにしていたというぼくのような人もいるので、もうちょっとちゃんとした説明があってもよかったのかも。

なお、イベントが仕切り直しになった際の対応にも注目していて、参加予定だった人に対して優先的に案内したりという対応があればいいのですが、そうでなければさらに不信感が募ることになりそうです。

ちなみにこのbZ4Xの試乗は1組あたり30分に設定され、試乗そのものは15分、試乗後にはKINTOを通じてbZ4Xのリース契約を行う方法などについて説明があるとされ、ここで色々と聞いてみたいことがあっただけに、なおのこと残念でもありますね。

合わせて読みたい、bZ4X、KINTO関連投稿

トヨタ・ハリアーがKINTOで人気No.1に!結局KINTOは得なのかどうかを計算してみた

さて、トヨタのキモ入りサービスなのに利用者が思ったよりも増えないというKINTO。サービス開始時からぼくはこれに対して否定的で、その理由は「消費者目線ではなく、トヨタがクルマを売ろういう魂胆しか見えな ...

続きを見る

愛車サブスクリプション「KINTO」は本当にお得なのか!損得を計算してみたら意外な結果に

| どう考えてもトヨタが儲かるだけのビジネスのような気がしてきた |この記事のもくじ| どう考えてもトヨタが儲かるだけのビジネスのような気がしてきた |KINTOはリース契約と変わりないKINTOでは ...

続きを見る

トヨタ入魂の自動車サブスク「KINTO」の申込みは1日わずか5.7件。なぜ見込み違いとなったのか、トヨタの”2つの誤算”について考える

| あれだけTVやネットで大々的に宣伝し、ネットのほか全国4,800の拠点でも申し込みできるのになぜ |この記事のもくじ| あれだけTVやネットで大々的に宣伝し、ネットのほか全国4,800の拠点でも申 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■近況について
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5