■外国ネタ・旅行など ■服や小物、時計、雑貨など ■近況について

ゼロハリバートンのスーツケース、「ZR-Geo」58Lを購入してみた

投稿日:2016/04/07 更新日:

DSC01051

ゼロハリバートンのスーツケース、ZR-Geo(58リットルサイズ)を購入。
現在はその後継モデルであるZR-Geo2に切り替わっていますが、型落ちということもあり直営のアウトレットストアで現品購入しています。

そのため価格は40%オフの68000円と格安で、とくに不具合もなく単に型落ちというだけで安くなっており、けっこう安く買えたと満足しています。

なお現行モデルとの差はバックル(ラッチ)で、現行モデルは新開発のバックルとなり「三箇所」で固定。
前モデルは今までのゼロハリっぽい座布団のような形状のバックルで「二箇所」。
そのほかはおそらく差異はないと思いますが、前モデルの方が(バックルの数のせいか)100グラムほど軽くなっていますね。

DSC01052

ぼくはけっこうゼロハリバートンが大好きで、アタッシェについてはサイズ違いでゼロハリを愛用中。
ただスーツケースとなるとゼロハリは堅牢さと引き換えに重くなるためリモワを使用しているのですが、リモワとゼロハリにはけっこう差があります。

リモワはガシャンとプレスして金槌でガンガン叩いて作ったという感じがあり、あちこちに隙間がありますが、ゼロハリは非常に精密にできており、パーツとパーツともチリもきれいに合っています(リモワもそれを意識していたのか、ゼロハリと同等の精密さを持つ”インテグラル”シリーズがかつては存在したので、リモワも”やればできる”)。
ただそのぶん重量が嵩むというトレードオフ的結果となっており、ここは使う人の用途次第ですね。

ただ、ゼロハリの精度は驚くべきもので、アタッシュのような小さなものだけではなく、スーツケースのような大きな製品においてもパーツがキッチリと噛み合っており隙間も均一なのは改めて驚かされる部分。
コーナープロテクターもリモワとは段違いの加工・取り付け精度を持っています。
加えてゼロハリはスーツケースの内張りにおいてもパッド入りの分厚いものを使用しており、とにかく堅牢で内部のものを守るということについて秀でているように感じられますね。

航空会社にスーツを預ける時の上限がだいたい20キロ超ということを考えると、スーツケース単体の重量というのは少しでも削りたく、スーツケースの重量が6キロを超える、というのはかなり問題となる場合もあります。

ただ今回はずっとリモワを使用してきたのでちょっと目先を変えたかったということもあり、ゼロハリバートンをメインに考えていて、その矢先に出物が出てきたので購入という感じですね。
なおGZ-geoはゼロハリバートンの新世代スーツケースということで見た目もちょっと近代的に。
よってリモワと並べるとリモワが一気に古臭く見えることになります(それはそれでリモワの良さでもありますが)。

加工品質において、リモワは外板にリブを使用しているということである程度の隙間は止むを得ませんが、それでも必要以上に隙間があったり、隙間が均一でなかったり(つまりパネルが波打っている)、コーナープロテクターも不揃いであったりします。

DSC01059

なお世界中の空港においてスーツケースの圧倒的多数を占めるのはリモワで、ゼロハリは非常に少数(ほとんど見かけないと言っても良いくらい)。
リモワはそのリブですぐにそれとわかりますが(たとえポリカーボネートであったとしても)、ゼロハリの場合は「二本のリブ」がその目じるし。
しかしながらその目じるしも近年デザインを変えてきており、そのへんの統一感がリモワに劣ることになっているのかもしれず、これが人気の差なのかもしれません。

なお両者の価格はアルミ製シリーズだと「ほとんど同じ」くらいですね。

関連投稿:ロナウジーニョとゼロハリバートンがコラボ。限定カメラケースが良さそうだ

161021-zh-001

ゼロハリバートンとロナウジーニョとがコラボ。
ロナウジーニョは今後ゼロハリバートンの広告塔として活動するそうですが、まずは限定版のカメラケースを発売。
これに直筆サイン入りのカードケース、メッセージカード、シリアルナンバー入りのラゲージタグをセットにしていますが、収納した状態(イメージ)はぼくの考える「ランボルギーニ・ウラカンのキーを収めるケース」にぴったりマッチ。

ぼくは今、ランボルギーニ・ウラカンのキーを格好よく収めるためのケース(単なる飾りで実用品ではない)を探していますが、このカメラケース(スーツケースをまんま小さくしたような感じ)はなかなか良さそうですね(限定ではなく通常ラインでも54,000円で販売中)。
なお、このロナウジーニョ限定ケースは世界1200セットで予定価格は8万円、とのこと。

国内だと丸の内、横浜ランドマークタワー、ハービス大阪の直営店のみでの販売だそうです。

161021-zh-004

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■外国ネタ・旅行など, ■服や小物、時計、雑貨など, ■近況について
-, ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5