●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

BMW i3の修理完了。とりあえずタンク圧センサーを交換して症状回復

投稿日:2016/09/19 更新日:

DSC04410

さて、ディーラーさんに修理に出していたBMW i3の修理が完了。
1)給油口が開かない、2)ガソリン残量表示がおかしい、の2点が修理依頼内容でしたが、2)については症状が確認できず対応見送り(おそらくは一時的に残量を検知するセンサーが異常値を出したのでは、とのこと)。

1)についてはガソリンタンク内の圧力が異常値を出しており、これによって安全措置として「給油口を開かないように」というロジックが働いていたようで、この異常値を出していたセンサーを交換して終了。
その後はディーラーさんにて試験走行を行っていただき問題がないことを確認して対応終了となっています。

BMW i3はチョコチョコと壊れるのが難点で、しかし問題なく動いていると「これ以上ないだろう」というほど利便性の高い車。
かつランニングコストが異常に安く、非常に有用な車ではありますね。
トラブルが発生すると(その回数が多いので)頭にきて「売り飛ばすぞオラー」と思うのですが、修理が完了してちゃんと走ると機嫌よく運転できる車でもあります。
回転半径が小さく、サイズもちょうどよく、ボディ剛性が高くて乗り心地もよく、そこそこステータス性もあり(よく割り込まれますが)、トラブル以外はほぼ不満のない車で、ここまで不満の無い車も珍しい、と言って良いでしょう。

今後の(BMW i3の)去就は不明ですが、壊れなければもう少しの間乗ると思いますし、また不具合が発生するようであれば、その場の勢いで乗り換えるかもしれません。


関連投稿:BMW i3の修理経過。やはりガソリンタンクの内圧センサー異常?

DSC03542

現在修理中のぼくのBMW i3。
不具合としては1)ガソリン給油口のフラップが開かない、2)ガソリン残量表示がおかしい(半分から急にゼロになる)、というものです。
デイーラーさんに預けて状況を確認してもらっていますが、1)についてはガソリンタンクの内圧を感知するセンサーの異常ではないか、とのこと。

ガソリンタンクの内圧が高い時にはガソリンが噴出しないよう給油口が開かないようになっており、しかしぼくのi3の場合、常時「内圧がやたら高い」数値を出しており、そのために給油口が開かないようですね。
ただ給油口を非常用のコードを引っ張って開けたのちに給油すると、給油ガンのトリガーを1/3しか引いていない状態でガソリン流量を絞ったとしても(勢いよくガソリンを入れると欧州車ではガソリンが逆流することがあるので)、ガソリンがすぐに溢れるので、もしかすると何らかの理由で「(エラーでなくて)本当に内圧が異常に高い」のかもしれません。

メーター上はタンクが空なのにすぐにガソリンがあふれることがあり、これは内圧が高すぎてタンク内にガソリンが入らないか、もしくはガソリン残量系がおかしいかの二択でしょうね。
ぼくはガソリンを入れる際には必ずセルフ式スタンドを選び(というか同じスタンドにしか行かない)、これまでもミニクーパーS、アウディTT、ポルシェ・ボクスターS、ポルシェ911カレラ、ランボルギーニ・ガヤルド、ポルシェ981ボクスター、VWシロッコ、VWルポ、レンジローバー・イヴォーク、ランボルギーニ・ウラカン、BMW Z3などずっと自分で給油してきたわけです。

その給油量はみんカラの燃費記録を見れば計算はできますが相当量にのぼることはまちがいなく、回数にしても週に一回は必ず行うのでこれまた相当数にのぼることに。
ただ、i3のように給油口が開かない、またゆっくり給油しても溢れるのは他になく、やはり車両に問題があるのではと推測しています。

そこで2)ですが、メーター上では半分くらいあった残量がいきなり「空」へと表示が急変することがあり、こちらも異常がありそうなのですが(上述のようにガソリンが溢れるのも残量計のエラーだと考えると合点は行くのですが)、数値としては異常がなく、おそらくは「タンク内の残量を検知する浮遊センサーがどこかに引っかかったりしてガソリンの正確な量を計れない」のでは、というのが現状の結論です。

異常が数値的に出ないのであれば対応のしようがなく、今回は1)のセンサー交換のみとなるものの、2)についても暫く様子を見る必要がありそうですね。

ガソリン残量計の数値が信用できないのであれば自分で走行距離とガソリン消費量とを測りながらガソリン残量を割り出すしかなくなりますが、ハイテクな車の割に何ともアナログな対応をしなくてはならないのか、という感じです。

なおぼくのi3はよく壊れるので都度ディーラーさんに修理を頼むことになるのですが、その度に「またか」みたいなクレーマーを扱うような対応になるのがちょっと辛いですね(ただ、当然ながら毎回ぼくが言う症状が再現されるのでクレーマーではないのは確かですし、しっかり対応してくれるのでディーラーさんには感謝していますが)。
ディーラーさんも面倒だとは思いますが、よく壊れるi3に乗っているぼくのほうが多分にもっと面倒で(何しろ日常の足なので)、こう言った関係はちょっと疲れるものがあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5