>ポルシェ(Porsche)

ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモは「ポルシェ初」のワゴンではない?以前に「928ワゴン」が存在

投稿日:2017/03/22 更新日:

| ポルシェはけっこう奇妙なプロトタイプを作っている |

ジュネーブ・モーターショーにて発表された「パナメーラ・スポーツツーリスモ」について「ポルシェ初のワゴン」と報じられていますが、ポルシェ自身が「いや違うね」という動画を公開。
これによると1987年のコンセプトカー「928H50」が「ポルシェ初のワゴン」としており、たしかに動画を見ると「928のワゴン版」。

928H50は928Sの車体後半を25cmストレッチしたもので、後部座席のレッグルームを20センチ拡大。
加えてヘッドライトもプロジェクター式となり、微妙に標準モデルとは異なる顔つきとなっています。
ポルシェはこれまでも911のオフローダー「パナメリカーナ」、928の4ドア版「989」など奇妙なコンセプトカーを製造しており、かなり昔から「色々なチャレンジを行っていた」ことがわかりますね。

あわせて読みたい、関連投稿

ポルシェが「レースから市販車に転用された技術ベスト5」を動画で公開。PDKは選に漏れる

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は porsche6.jpg です

ポルシェが最近続けて後継している「ベスト5」シリーズ。
これまでも「もっともレアな車」「もっともいい音を出す車」などのランキングを公開していますが、今回は「レースから市販車にフィードバックされた技術ベスト5」。
紹介するのはワルター・ロール氏で、実際にその技術が使用されたレースカーとともに紹介する形式となっています。

まず5位は「カーボンファイバー・レインフォースド・ポリマー」。
ポルシェは911GT1にてはじめてカーボン製モノコックを採用したとしており、その技術が今にも生きている、としていますね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は porsche5.jpg です

4位はモードスイッチ。
918スパイダーから採用されています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は porsche4-1.jpg です

3位はカーボンセラミックブレーキ。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は porsche3-2.jpg です

2位はターボチャージャー。
917からのフィードバックだそうです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は porsche2-2.jpg です

1位はEパフォーマンスコンセプト。
919ハイブリッドに採用されているものですが、パナメーラにおいてはハイブリッドモデルが「シリーズで最も高いパフォーマンス」を発揮するに至っていますね。

なお、ぼくとしてはPDK=ポルシェ・ドッペルクップルングが入るかと考えていたのですが、ここでは選外。
いわゆるデュアルクラッチをレースに最初に使用したのはポルシェであり、市販車でも911GT3(991)では「PDKしか存在しない」ところまで普及したトランスミッションですが、今回の結果はちょっと予想外でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5