>アウディ(Audi)

アウディR8 V10スパイダー・プラス発表。光輝顔料採用の新ボディカラー追加

投稿日:2017/06/15 更新日:

アウディが「R8 V10スパイダー・プラス」を発表。
現在アウディR8のラインアップは「クーペ」「スパイダー」の二種で、それぞれに「V10」と「V10プラス」が存在する、ということになりますね。
「V10」は540馬力、「V10プラス」はランボルギーニ・ウラカンと同じ610馬力を発生することになりますが、将来的にはここへ「5気筒ターボ」が先代の「V8」の代わりとして登場、というウワサも。

それはさておき今回の「R8 V10スパイダー・プラス」ですが、R8 V10プラス(クーペ)のスパイダー版、もしくはR8 V10スパイダーの高性能版となっており、とくに目新しい装備はなし。
そのためかこれまでにないボディカラーを採用しており、見た目の新鮮さは(R8として)かつてないレベル。

エンジンは自然吸気V10/5.2リッター(610馬力)、車体重量は1587キロとなっており、これはR8スパイダーに比べて+70馬力、-25キロという数字。
よってパフォーマンスは大幅に向上し、0-100キロ加速は3.3秒とR8 V10スパイダーに比べて0.3秒も速くなっています。

なお今回の「グリーン」については「micrommata green」とされていますが、名称からするとパリオクロムや、マツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック/マシーングレー」のように微細なアルミフレークを塗料に混ぜた光輝顔料の一種かもしれません。※同じグループのランボルギーニでも同様の塗料が登場している

ほかR8 V10スパイダー・プラス独自の装備としてはバケットシート、バーチャルコクピット等があり、今回公開されたグリーンの個体についてはアンスラサイト・グレーのシングルフレーム・グリル、ブラックのテールパイプ、ナッパレザーを持ちいたブラックレザーインテリア(グリーンステッチ入り)、スペシャルフロアマットなどが与えられています。

ボディカラーの選択肢は11色、トップは3色、サイドブレードは5色、内装についてはカーボンやチタンブラックのパーツなど多数のオプションがある、とのこと(このあたりは後に本国で公開されるカーコンフィギュレーターを要チェック)。

なお日本ではようやくR8スパイダーが発表されており、こちらの価格は2618万円、とアナウンスされています。

関連投稿:アウディがR8スパイダーを公開。リアウインドウが開閉可能に

2017-Audi-R8-Spyder-1

アウディR8スパイダーがニューヨーク・オートショーにて公開。
クーペと同じく540馬力を発生するV10エンジンを搭載し、0-100キロ加速は3.6秒。

ソフトトップは時速50キロまでの速度において開閉が可能で、動作が完了するのに要するのは20秒。
リアウインドウも開閉可能となっていますが、これはランボルギーニ・ウラカンと同様で、よりエンジンサウンドを楽しめるように、とのことでしょうね。

なお先代に比べると113キロの軽量化がなされており、かつボディ剛性も向上しているとのことで、相当にパフォーマンスが向上していそうです。

2017-Audi-R8-Spyder-33

2017-Audi-R8-Spyder-36

2017-Audi-R8-Spyder-18

2017-Audi-R8-Spyder-5

2017-Audi-R8-Spyder-30

2017-Audi-R8-Spyder-9

2017-Audi-R8-Spyder-22

2017-Audi-R8-Spyder-15

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5