■バイク(自転車/自動二輪)

ハーレー・ダビッドソンがドゥカティを買収?ゴールドマンを介して動き出したとの報道

投稿日:2017/06/27 更新日:

何度となくドゥカティを(フォルクスワーゲン・アウディグループが)売却という話が出ていますが、なかなかその先に話が進んでおらず、しかし今回また新たなウワサが浮上し、それは「ハーレー・ダビッドソンがドゥカティを購入か」というもの。
先の報道ではVWアウディはドゥカティの売却先を「4社まで絞り込んだ」とされるものの、その中にはハーレーの名は上がっておらず、今回の報道が真実とすれば、先の「4社」との話は流れた、とも考えられます。

なお今回のウワサについて具体性はなく(ハーレー・ダビットソンがドゥカティ購入のためにゴールドマン・サックスと契約したと言われる)、「ウワサの域を出ない」ものではありますが、「火のないところには」とも言われるので、なんらかの交渉が持たれているのかもしれません。

現在ハーレー・ダビッドソンのオーナーには「偏り」があり、それは「白人の、比較的高い年齢層に集中」。
若い世代や女性、有色人種にはまったく売れていないとも言われますが、ハーレーではこれを打開すべく様々なモデルの投入を計画しており、そして「ドゥカティ」ブランドはハーレーにとって新しい顧客を取り込むには有効な手段だと考えているのかもしれない、と思います。

関連投稿
ハーレーが5年で50もの新型バイクを発表予定。「若い人や女性、有色人種にも乗って欲しい」
ハーレーダビッドソンが2017年モデルラインナップを公開。新サスペンション内蔵モデル、600Wオーディオ装着モデルも

加えてハーレー・ダビッドソンは「アメリカンバイクのみ」を販売するメーカーですが、これには「市場に限り」があると思われ、アメリカにおいて白人がマイノリティになったり、オーナー層の高年齢化が進むとブランドの将来に影響が出る可能性があり、ここでなんらかの対策を打ちたいのでしょうね。

ただし「ハーレー・ダビッドソン」ブランドではスーパースポーツや小排気量バイクを展開するのは「もともとハーレーの持つブランドイメージ」を損なうことにもなり、ハーレーブランドでこれを行うのは「諸刃の刃」。
となると「他メーカーを買収したほうがいいのでは」という結論になるのは理解ができます。

関連投稿
やはりアウディはドゥカティ売却か。今回は4社まで候補を絞り込んだとの報道
今度はVWアウディがブガッティ、ベントレー売却のウワサ。グループCEO「それはない」

VIA:Rideapart

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f