ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

オマージュ

7スロットではなく5スロット?中国の北京汽車(BAIC)がジープのそっくりさん、「BJ60」のティーザー画像を公開

7スロットではなく5スロット?中国の北京汽車(BAIC)がジープのそっくりさん、「BJ60」のティーザー画像を公開

| 中国ではけっこうタフなSUVの人気が高いようだ | ただし現地の自動車メーカーも「オマージュ(パクリ)元」を被らないように気を使っているのが興味深い さて、中国の北京汽車(BAIC)がジープにそっ ...

ランボルギーニ・シアンFKP37

ランボルギーニCEO「二度とカウンタックLPI800-4のようなレトロカーを発売することはない」。「我々に必要なのは過去ではなく、過去を破壊しながら未来に進むことだ」

| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによってはずいぶん方向性が違っていたようだ | ランボルギーニが今後「レトロモデル」を発表しないことにも「納得」 さて、2022年には4 ...

実は「アルファロメオの兄弟車」として発売されるはずだったアバルト1000SP。13年ごしの悲願を達成し5台のみが2400万円で発売されることが決定

実は「アルファロメオの兄弟車」として発売されるはずだったアバルト1000SP。13年ごしの悲願を達成し5台のみが2400万円で発売されることが決定

| 兄弟たるアルファロメオ4Cは2013年に発売されるも、アバルト1000SPはプロトタイプすら(2021年まで)作られることがなかった | モータースポーツファンにとっては究極のコレクターズアイテム ...

オランダのデザイン会社がフェラーリF50のオマージュ「プロジェクト・フェニックス」公開!自社の15周年記念としてリリース

オランダのデザイン会社がフェラーリF50のオマージュ「プロジェクト・フェニックス」公開!自社の15周年記念としてリリース

| フェラーリF50は現在、その価値をどんどん上昇させている | フェラーリF50の要素を取り込みつつ、現代の技術でそのディティールを再現 さて、オランダのデザイン会社、Ugur Sahin Desi ...

「ランボルギーニ・ウラカン・カウンタック・オマージュ」?ウラカンにカウンタックLP400プロトティーポっぽいディティールを反映させたらこうなった

「ランボルギーニ・ウラカン・カウンタック・オマージュ」?ウラカンにカウンタックLP400プロトティーポっぽいディティールを反映させたらこうなった

| 相変わらずこのデザイナーは「ツボをうまく抑えた」作品を作るのがウマい | できればリアバンパーはもうちょっと跳ね上げてほしかった さて、これまでにも「本当のようなウソのクルマ」をCGにて再現してき ...

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4

現代版ランボルギーニ・カウンタック「LPI800-4」発表!思っていたよりも「カウンタック」、しかし回顧モデルではなくれっきとした「カウンタック後継モデル」だった

| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザインをさらに発展させた「新型」カウンタックだった | ランボルギーニの歴史の第一幕”閉幕”を飾るのにこれほどふさわしいクルマはない さ ...

フェラーリ250GTをイメージしたレストモッド「RML SWB」の詳細が発表!ベースはフェラーリ550マラネロ、5.5リッターV12、トランスミッションはMTの超硬派

フェラーリ250GTをイメージしたレストモッド「RML SWB」の詳細が発表!ベースはフェラーリ550マラネロ、5.5リッターV12、トランスミッションはMTの超硬派

| フェラーリ250をイメージしたレストモッドプロジェクトは複数社にて進行中 | いずれもレプリカではなくフェラーリへとじゅうぶんな経緯を払った”オマージュ” さて、先般よりティーザー画像が公開されて ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニが「2021年前半は史上最高の販売だった」と公表!加えて「夏に新型車を発表」と正式コメント。カウンタックオマージュのシアンか

| 日本市場の販売台数はちょっと前の2位から5位へとダウン | さらにランボルギーニは来年4月までの受注を確保 さて、ランボルギーニが「2021年の上半期は、ランボルギーニの歴史上、もっとも多くのクル ...

Eレジェンド EL1

あの「アウディスポーツ クワトロS1」へのオマージュ、Eレジェンド EL1が1億3000万円で限定販売!同社はさらにストラトスのオマージュも検討しているようだ

| ただしさすがにこの価格で30台も売れるとは考えにくい | 一説によるとエレクトリックシステムはポルシェ・タイカンとの共通性があるようだ 現在様々なEVスタートアップが登場していますが、今回「Eレジ ...

伝説のランチア「037ラリー」ここに復活!キメラ・アウトモビリが37台限定の037EVO全容を公開

伝説のランチア「037ラリー」ここに復活!キメラ・アウトモビリが37台限定の037EVO全容を公開。とんでもなくスパルタンなクルマになりそうだ

| ランチア本家が動かずとも、第三者によって「ストラトス」「デルタ」「037ラリー」が蘇る | ただしランチアそのものが今後なんらかの動きを見せる可能性も さて、キメラ・オートモーティブは「ランチア0 ...

ランボルギーニ・カウンタック

ランボルギーニは間もなく今後数年にわたる未来のビジョンを公開!あわせて「カウンタックオマージュ」のシアンを発表するとのウワサも

| ランボルギーニは今後どういった変化を迎えるのか、その方向性には注目だ | ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年 さて、ランボルギーニは18日に「Vision for the future ...

アバルトが公式にて1965年の「最も成功した黄金期のレーシングカー」、1000SPへのオマージュを製作

アバルトが公式にて1965年の「最も成功した黄金期のレーシングカー」、1000SPへのオマージュを製作。現時点では1台のみ、残念ながら量産の予定はないようだ

| アバルトは今後に向けてブランド再構築? | おそらくはステランティスの中では「もっともスパルタンな」ブランド さて、アバルトがアルファロメオ4Cをベースに、1960年代の名車、「1000SP」への ...

搭載されるのはGT-Rのエンジン!中華系カーデザイナーの考えた「日産R382オマージュ・プロトタイプ」

搭載されるのはGT-Rのエンジン!中華系カーデザイナーの考えた「日産R382オマージュ・プロトタイプ」

| こういったクルマの存在が許されない日がもう目の前に迫っている | さて、中国系カーデザイナーによる「日産R382オマージュ・プロトタイプ」なるレンダリングが公開。R382とは、日産が1969年の日 ...

BMWオマージュ・コンセプト

BMWが1360馬力、ニュル7分を切るエレクトリックハイパースポーツ「iM2」投入とのウワサ。「マンガの中でしか出てこないような現実離れした機構を持つ」らしい

| BMW M部門の50周年記念車として、限定での発売か | さて、BMWのハイパフォーマンスカー部門「M」は来年で50周年を迎えますが、BMWいわく「Mブランドの50周年は、驚きに満ちた年になるだろ ...

ランチア・ラリー037の現代版!イタリアのコチビルダーが1台6500万円、37台限定にて「キメラEVO37」を発売すると予告

ランチア・ラリー037の現代版!イタリアのコチビルダーが1台6500万円、37台限定にて「キメラEVO37」を発売すると予告

| ニューストラストス、デルタの復刻に続き、ランチア・ラリー037までも | さて、ランチア・ストラトスやデルタ等、ヒストリックラリーカーのレストアを得意とする「キメラ・アウトモビリ」社。今回はなんと ...

あの「フェラーリ・デイトナ・シューティングブレーク・オマージュ」ティーザー画像第二弾が公開

あの「フェラーリ・デイトナ・シューティングブレーク・オマージュ」ティーザー画像第二弾が公開!そもそもシューティングブレークって何?

| さすがに「オマージュ」だけあってその雰囲気がよく捉えられている | さて、先日フェラーリ・デイトナ・シューティングブレーク(ワゴン)のオマージュモデルをワンオフにて製作すると発表したコーチビルダー ...

マクラーレンの黄金時代を築いたレーシングカー、M8Dの現代版「マクラーレン・カンナムカー・オマージュ」

マクラーレンの黄金時代を築いたレーシングカー、M8Dの現代版「マクラーレン・カンナムカー・オマージュ」。デザインしたのは日本人

| マクラーレンの過去、現在そして未来が高次元でバランスしたレンダリング | さて、日本人デザイナー、Yosuke Yamada氏の考えた「マクラーレン・カンナムカー・オマージュ」。これはかの「マクラ ...

フェラーリのスペシャリストが250へのオマージュ、「プロジェクト・モデルナ」を発売予定

フェラーリのスペシャリストが250へのオマージュ、「プロジェクト・モデナ」を発売予定!フェラーリに怒られないかはちょっと心配

| フェラーリはこういったことにかなり厳しい会社でもある | さて、イギリス拠点にて活動するフェラーリのスペシャリスト、「GTOエンジニアリング」が公開した”プロジェクト・モデナ”。これはかのフェラー ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5