ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

V10

ランボルギーニが「エンジン・ソング V10編」をSpotifyに公開!アイドリング、巡航時、最大出力発生時それぞれのサウンドを編集して24曲の楽曲を作成

ランボルギーニが「エンジン・ソング V10編」をSpotifyに公開!アイドリング、巡航時、最大出力発生時それぞれのサウンドを編集して24曲の楽曲を作成

| ランボルギーニは様々な方向からデジタル社会に対応しようとしている | ランボルギーニはもう二度とV10エンジンを積まない可能性も さて、ランボルギーニは先日V12エンジンのサウンドをフーリエ変換に ...

走行116km、ワンオーナーのレクサスLFAが競売に!500台限定のうちの294番、ボディカラーはスーパーレッド。同じ仕様を持つLFAは27台しかないそうだ

走行116km、ワンオーナーのレクサスLFAが競売に!500台限定のうちの294番、ボディカラーはスーパーレッド。同じ仕様を持つLFAは27台しかないそうだ

| レクサスLFAはこのところ価値が急上昇、今後も中古相場が上がり続けるのは間違いなし | リコール対策やメンテナンスもしっかり受けており、理想的なコンディションも高評価 さて、近年になり価値を大きく ...

ランボルギーニ各モデル、BMW M3/M5各世代、ホンダ・シビック・タイプR各世代などの加速サウンドが動画付きで公開!「ちょっと前」のモデルのほうがいい音を出す場合も

ランボルギーニ各モデル、BMW M3/M5各世代、ホンダ・シビック・タイプR各世代などの加速サウンドが動画付きで公開!「ちょっと前」のモデルのほうがいい音を出す場合も

| ランボルギーニ・アヴェンタドールのV12エンジンに勝るサウンドを発するエンジンは簡単には見つからない | そしてシビック・タイプRのエンジンの吹け上がりは群を抜いている さて、Youtubeへと「 ...

ランボルギーニがV12モデルのグランドフィナーレを飾る究極のアヴェンタドール、LP780-4ウルティメが走行する画像を一挙公開。V12エンジン単体で走るクルマはこれが最後

ランボルギーニがV12モデルのグランドフィナーレを飾る究極のアヴェンタドール、LP780-4ウルティメが走行する画像を一挙公開。V12エンジン単体で走るクルマはこれが最後

| もうV12エンジンのみを動力源とするクルマを新車で買えないと思うとちょっと寂しい | これからランボルギーニは「ハイブリッド」という新しい時代へと向かう さて、ランボルギーニはそのV12エンジン時 ...

【動画】サウンドオン!ゴードン・マレーT.50が快音とともにサーキットを走る!イベントにてV10世代のF1マシンを先導する

【動画】サウンドオン!ゴードン・マレーT.50が快音とともにサーキットを走る!イベントにてV10世代のF1マシンを先導する

| これほど豪華なイベントもほかになさそうだ | やはりV12エンジンのサウンドは格別 さて、グッドウッドにて開催された「V10時代のF1マシンのパレード」にて、ゴードン・マレー・オートモーティブ(G ...

【動画】なんとシボレー・コルベットにランボルギーニのV10エンジンをスワップする計画が発動!その逆は見たことがあるが、このパターンは初めてだ

【動画】なんとシボレー・コルベットにランボルギーニのV10エンジンをスワップする計画が発動!その逆は見たことがあるが、このパターンは初めてだ

| このビルダーは以前にマスタングへとフェラーリF430のV8エンジンを移植したことがあるらしい | いったいどんなクルマになるのか楽しみだ さて、ランボルギーニにシボレーのV8エンジンをスワップする ...

現在出品中のポルシェ・カレラGTが「史上最高額を記録しそう」に。電動化時代を前にカレラGTのピュアさがようやく正当に評価されるようになった?

現在出品中のポルシェ・カレラGTが「史上最高額を記録しそう」に。電動化時代を前にカレラGTのピュアさがようやく正当に評価されるようになった?

| とくにこのカレラGTは「ワンオーナー、低走行」という特徴を持っている | こういったクルマはもう二度と作られることはなく、今後も価値を下げることはないだろう さて、現在アメリカはイリノイ州シカゴで ...

現代のスーパーカーはここまで性能が向上していた!V10時代のF1マシンとマクラーレン570Sとが加速・減速での対決を行い、驚くほど近い結果となる

【動画】現代のスーパーカーはここまで性能が向上していた!V10時代のF1マシンとマクラーレン570Sとが加速・減速での対決を行い、驚くほど近い結果となる

| まさかマクラーレン570Sがここまでの性能を示すとは考えてもみなかった | どう考えてもF1マシンのほうが「倍くらいの差」をつけると予想していたが さて、ユーチューバー「Driven Media」 ...

ランボルギーニのV12エンジン

ランボルギーニは「ハイブリッド化されていない」V12エンジン搭載モデルをサーキット走行名目で今後も販売?

| アヴェンタドール後継のためにV12エンジンを新設計するのであれば、そのコストをどうにか吸収しなくてはならない | もしかすると「欧州では登録できなくても、他の国では合法に登録できる」ということも考 ...

アルファロメオF1のV10エンジン

アルファロメオ製、F1用V10エンジンが販売中。1990年に15基のみが製造され、その後は数奇な人生を歩むことに

| 結局はF1マシンに積まれることはなく、レースではその実力を証明できないままに終わる | 純粋に競技のために製造されたエンジンは美しい さて、非常に珍しい「アルファロメオ製のF1エンジン」が販売中。 ...

超レア車、コンノートGT

【動画】ジャガーのエンジニアが興した「コンノート」。画期的な2リッターV10+ハイブリッドスポーツを目指すも倒産→最近買い手が見つかり計画が再開されるとの報道

| 2リッターV10というのは聞いたことがない | さて、世の中には様々な新興スポーツカーメーカーがありますが、とくにイギリスには様々なコーチビルダーやバックヤードビルダーが存在し、独自のクルマを製造 ...

え?アウディR8はもう販売終了なん?最終限定モデルが30台のみ発売に(ただし北米のみ)

2020/7/17    , , , , ,

| 北米市場には、もともと日本で販売されていないR8のエントリーグレードが導入されている | アウディが北米市場にて「R8 V10」の販売を終了し、記念限定モデルを発表。え?R8はもう生産終了?と思っ ...

シボレーが1960年代のトラックに「ガソリンエンジンと入れ替え可能な」エレクトリックパワートレーンを押し込んだクルマを発表。未来のカスタムはこうなる

| やっぱりアメリカ人は面白いことを考える | シボレーがSEMAにて展示した「ピュアエレクトリック」トラック、”E10”が話題に。これは1960年代に販売されていたC10トラックをシボレーが直々にレ ...

アウディR8

今度は限定じゃない!お求めやすい価格のアウディR8後輪駆動モデル、「R8 V10 RWD」が発売に

2019/11/8    , , , ,

| 先代R8では、後輪駆動モデルはスパルタンな限定モデルというポジションだった | アウディがR8の2020年モデルに「後輪駆動モデル」をクーペ、スパイダーとも追加。これは現行世代のアウディR8前期型 ...

これはヤバい!BMW 2002を「重量998キロ、803馬力、ダウンフォース1088キロ」のモンスターに仕上げるプロジェクトがスタート。限定台数は300台

| 実現できれば相当に楽しいクルマになりそうだ | チューニングカンパニー、グルッペ5モータースポーツ(Gruppe5 Motorsport)がBMW2002をカスタムする計画を公開。これは1968- ...

【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサウンドを奏でると言われるのはなぜか?科学的に解説してみよう

たしかにF1でもV10エンジンのサウンドを「歴代最高」とする人は多い DRIVETRIBEが「なぜV10エンジンのサウンドは優れるのか」を解説した動画を公開。V10エンジン搭載の車には現行だと「ランボ ...

ランボルギーニはハイブリッド用の電源としてスーパーキャパシタを使用する模様。「スーパースポーツにとってこれが最も効果的な解決策だ」

ランボルギーニはすでにスーパーキャパシタをアヴェンタドールに取り入れている ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデルについてハイブリッド化を行うと明言していますが、今のところその手法は不明。なおハイ ...

アウディが「ブラックとゴールド」「マットとグロス」を使用したゴージャスなR8「Decennium Edition」を発表。V10エンジン10周年記念モデル

アウディがこのカラーのホイールを使用するのは「初」 アウディがR8に対し限定モデル「Decennium edition(ディッセンニウム・エディション。Decenniumは”10年”の意味)」を設定。 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5