>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードが2.3リッター「エコブースト」マスタングにパフォーマンス、ハンドリングを向上させて「エコ」でなくなるオプションを発表した件

マスタングがV8エンジンを搭載したアメリカンマッスルだったのは昔の話 フォード・マスタングに「パフォーマンスパッケージ」が追加に。正確に言うならば、2.3リッター4気筒「エコブースト」エンジン搭載モデルにパフォーマンスパッケージが追加されたということになり、ノーマルの310馬力から330馬力にパワーアップ。なお、「エコブースト」と「パフォーマンス」というのはやや矛盾があるように思いますが、そもそも「エコブースト」とはフォードの小排気量ターボ「環境」エンジン。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現行のランボルギーニ各モデルも。ここではアヴェンタドールSVJ、ウルス、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが展示されています。

ReadMore

■ドイツ車

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向か ...

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えた ...

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

トヨタはC-HRのEV、BMWは3シリーズロング。各社とも中国専用モデル投入に続きアウディ、日産も対中新型車/コンセプトカーを発表

もはや各自動車メーカーの主戦場は「中国」に さて、ついに開幕した上海モーターショー。中国市場は非常に独特で、「セダンとSUVが好まれる」「大きな車が好き」「ロングホイールベース大歓迎」「エレクトリック ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

ついにAMGが中国生産に!漢字エンブレムを装着したメルセデスAMG A35 Lが発表。本国仕様よりも装備が充実し、ついにAMGもコモディティ化か

メルセデス・ベンツの「中国偏愛」っぷりには驚かされる これまでも中国市場に向けてロングホイールベース版を投入してきたメルセデス・ベンツですが、なんとAMGシリーズにも中国専用としてロングホイールベース ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ドバイからスーパーカーオーナー向けの「高級カスタムキー」登場!その価格はアヴェンタドールSVJも購入できる6200万円

ランボルギーニ、ブガッティ、ベントレー、ポルシェ、マセラティ等に対応 ドバイ拠点の「AWAIN」がラグジュアリーカー/スーパーカー向けの超高級キーを発表。ラインナップとしては「ファントム」「クァンタム ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツがワイルドでアクティブな「GLB」コンセプト発表!他ラインナップとは異なるスクエアなデザイン

「ベイビーGクラス」ではなかったが、これはこれでOK メルセデス・ベンツが待望の、そして長らくウワサになっていた「GLB」をコンセプトカーとして発表。実車の公開は上海モーターショーにて行われますが、画 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが全力で中国に媚びたID.Roomzz発表!「赤」「SUV」「豪華」「広い車内」「EV」「自動運転」という中国に好まれるキーワードを揃える

それだけ中国市場は魅力あふれるということには違いないが フォルクスワーゲンが上海モーターショーにて、その新型エレクトリッククロスオーバー「ID.Roomzz(ルームズ)」コンセプトを発表。※実車の公開 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

内外装すべて真っ黒!マットブラックに「ナイトパッケージ」装着のメルセデスAMG G63が国内限定発売

5月12日までの期間限定受注。お値段2320万円 メルセデス・ベンツ日本が国内向けに「メルセデスAMG G63」の特別仕様車、「メルセデスAMG G 63 Edition Matt Black(G63 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

リバティーウォークがメルセデス・ベンツGクラス向けのオーバーフェンダー含むボディキット発表。フルセットで2,386,800円ナリ

そのテイストはマンソリーもしくはブラバス風 リバティーウォークがメルセデスAMG G63(従来型)のカスタムを公開。リバティーウォークは以前にスズキ・ジムニーを「メルセデス・ベンツGクラス風に」カスタ ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M3(E30)のレストモッドがまたまた登場。排気量アップ+ターボで390馬力を発生し、デジタルメーターなど装備は一気に近代化

| 一方でボディパネルにはカーボンを使用するなど軽量化にも配慮 | ますます価値を上げている初代BMW M3。初代M3(E30)はもともとレース用のホモロゲーション取得のために製造販売されたクルマで、 ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他イタリア車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ京都】1950-60年代にザガートが手がけたアルファロメオ、ランチア、ポルシェを見てみよう。ザガートは昔からザガートなデザインだった

かなり昔の時点から「ザガート特有の形状」は健在だった さて、京都は二条城にて開催されたコンコルソ・デレガンツァ2019京都。1930年代のクルマから2018年の希少車までが一同に会し、来場者を喜ばせる ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW 1シリーズの画像がリーク!トップレンジ「M135i」にはBMW初採用の技術も盛り込まれパフォーマンスが大きく向上

2019/4/15    , , , ,

前後バンパーのデザインも「新しく」 発表間近と思われるBMW M135i xDriveの画像がリーク。これはBimmerfileにて掲載されたもので、Mパフォーマンスシリーズにおける「トップレンジ」。 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツSLKを「300SLガルウイング」にコンバートしたレプリカが販売中。その価格2500万円ナリ

この価格が高いのか安いのかは判断に迷う ドイツのオンライン売買サイト、Classeic Driverにメルセデス・ベンツ300SL ガルウイングのレプリカが登場。ただしレプリカといえども「見栄を張る」 ...

>ポルシェ911関連

ルーフが911カレラGTSベース、515馬力の「RUF GT」発表。一見すると普通の911にも見えるルーフらしくないカスタムカー

| ここまでルーフを強調していないクルマも珍しい | ルーフがひっそり「RUF GT」を発表。これは991.2世代のポルシェ911をベースにしたRUF製コンプリートカーですが、もともとの3リッター・フ ...

>ポルシェ911関連

「もしも系レンダリング」を実際に作ろうとする男たちが登場。ポルシェ911の車体後半をぶった切ってル・マン・レーサー風のミドシップへと魔改造

現在鋭意製作中、ポルシェ911はフレームをカット済み ポルシェ911のリアセクションをF1マシンもしくはル・マン用レーシングカー風に改造したレンダリングが公開され、「なんだまた”もしも系”レンダリング ...

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

消滅の危機にさらされるアウディTT。社内の有志が「エレクトリック化にて」TTを存続させる方向に動いている模様

| 動いているのはアウディ役員。その意味では心強い | つい先日、アウディCEOが「TTの次期モデルはないだろう」というコメントを発したばかりですが、今度はメディア向けの定例カンファレンスにて、アウデ ...

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >スバル(SUBARU)

【動画】まるで悪魔のようだ。VWビートルにスバルの水平対向エンジン(EJ20)をスワップした”スピードハンターズ”ビートル

| 内外装はもちろん、サスペンションやブレーキまでもアップグレード | フォルクスワーゲン・ビートル(空冷世代)は水平対向4気筒エンジンを搭載していたということもあり、カスタムシーンにおいてはスバルの ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型トヨタGRスープラを2000GT、BMW Z4、80スープラ、FT-1と比較すると?意外な共通点が見えてきた

2019/4/13    , , , , , ,

トヨタのスポーツカーにおける原点は2000GTに通じる ロシアのサイトにて、新型GRスープラとトヨタ200GT、80スープラ、BMW Z4、そしてFT-1コンセプトとの比較検証が掲載に。まずは新型スー ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.