■駄文(日々考えること) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

この腕時計オーナーはこういった人々だ!ボクの考えるロレックス、ウブロなど高級腕時計を身につける人々の印象

あくまでも完全なる個人的印象 けっこうその腕時計とそのオーナーというのは「ある程度固定されたイメージがある」とぼくは考えています。つまりは「そのブランドの腕時計をしている人は、こういった人だ」というものですが、これはぼくの勝手な思い込みではあるものの、ここでその印象を述べてみたいと思います。※単にぼくがそう考えているだけで、事実はまた異なるのだと思う なお、クルマ同様に高級腕時計も「それ一本」しか所有していないという人もまた少なく、その意味でも「この腕時計オーナーはこう」と断じることはできないのかもしれま ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

パガーニ・ウアイラの最終にして最強モデル?これまでにないエアロパッケージを持つ「ウアイラ・ドラゴン」が5台のみ限定にて登場

エアロダイナミクスに特化した限定モデル、第一号者はロシアのチューナーへと納車 ここ最近パガーニの謎プロトタイプが走行していることで世間を騒がせていましたが、これはパガーニ・ウアイラの新しいバージョン「ドラゴン」であることが判明。報道によると合計5台が製造される予定の限定モデルで、最初の一台はロシアのチューナー、「トップカー(TopCar)」に納車される予定である、とのこと。なお、トップカーは以前にもパガーニとのコラボレーションにてゾンダのワンオフモデルをリリースしていますが、パガーニにオーダーを行う「(ぼ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

オーストラリアにて、ホンダ・シビック・タイプRがパトカーとして納車!人々の安全意識を高めるためにSNSを通じて今後拡散されてゆくことに

注目度の高い車を注意喚起に使用するのは警察にとっても効率的な手段かもしれない オーストラリアはサウス・ウェールズ警察がホンダ・シビック・タイプRを警察車両として導入した、と発表。なお、これはサウス・ウェールズ警察が購入したものではなく、ホンダの現地法人(ホンダ・オーストラリア)と警察との「タイアップ」で、12ヶ月間ホンダがシビック・タイプを貸し出す、というもの。ちなみに今年はホンダのオーストラリア展開50周年でもあり、現地のホンダが展開する「記念プロモーション」の一環なのでしょうね。 ホンダは豪州進出50 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティ・ラ・ヴォワチュール・ノワールは「完成するのにあと二年」。展示されていたのはエンジンレスの「移動用モーター」搭載の試作車だった

あと二年もあればデザインやエンジンにも変更がありそう ブガッティは先日のジュネーブ・モーターショーにて、「自動車史上もっとも高価な」価格約20億円というプライスタグを掲げるワンオフモデル、ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noir)を発表していますが、これは現時点では「コンセプト」にとどまり、実際に市販モデルが製作されるには「あと2年は必要だ」とのこと。※すでに納車されたとも報じられていたものの、それは事実ではなかった模様 こちらもオススメ、関連投稿ブガッティが最新限定モデル「110 A ...

ReadMore

■このサイトについて >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

ランボルギーニのツーリングイベントに参加してくるぞ!空港を借り切って合法的にフル加速チャレンジができるまたとない機会だッ!

実は、今までランボルギーニのツーリングには参加したことがなかった さて、ランボルギーニのイベント(ツーリング)に参加することに。これはランボルギーニ大阪/神戸さんが主催するものですが、ぼくはランボルギーニのツーリングに参加するのは今回が初めて。ぼくは自分でイベントを開催することはあるものの、「皆で走る」ツーリングを開催することや、そして参加することも非常に少なく、それは「スポーツカーやスーパーカーが連なって走ると、飛び石を受ける可能性が高いから」。 一般にスポーツカーやスーパーカーはハイグリップタイヤを装 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

アメリカでトヨタC-HR大幅値下げ。市場で急増するSUVへの競争力を維持できず?なぜ日本では値下げされないのかを考える

アメリカ市場と日本市場では規模、そして利益構造が異なる トヨタが北米において、2019年のC-HRを1,505ドル(17万円)値下げ。ただし単純に値下げを行っただけではなく、装備内容を見直したとしており、グレード構成は「LE」「XLE」「リミテッド」の3つに(アメリカでは「L」や「LX」「リミテッド」といったグレード名が好まれる)。最も安価なのは20,995ドルの「C-HR LE」となりますが、これは「229万円」からとなる日本の設定とほぼ同じ。 装備内容としてはLEDデイタイムランニングランプ、17イン ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】3月のロンドンにはこれだけのスーパーカーが走っている!フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンが大量に走る様子を見てみよう

スーパーカー意外に高級車、カスタムカーも多かった スーパーカー系ユーチューバー、「スーパーカーズ・オン・ザ・ストリート」氏が3月にロンドンで見かけたスーパーカー総集編動画を公開。ロンドンというと、夏には中東から多くのスーパーカーが持ち込まれることで知られますが、まだそういった中東ナンバーが見られない3月であっても相当数のスーパーカーが見られるようですね。 なお、3月といえども「先週の週末だけ」に見かけたスーパーカーを集めたものだとしており、「これくらいの量は普通」だとも。 こちらもオススメ、関連投稿【動画 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

新型メルセデス・ベンツGLCクーペ登場!美しいスタイルはそのままに、顔つきやエンジン/内装が最新世代に進化

ヘッドライトが小さくなることで車体が大きく見えるように メルセデス・ベンツがGLCに続き、「GLCクーペ」をフェイスリフト。内容としては外観だと前後ランプ類の変更と前後バンパーのリニューアル、走行性能だとエンジンとドライビングアシスタンスのアップデートといったところで、「GLCクーペならではのスタイルに磨きをかけ、さらに経済性と安全性を増した」ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円0-1 ...

ReadMore

>ランボルギーニのコンセプトカー等

デザインイメージはユーロファイター(戦闘機)!ランボルギーニ「レイトン」コンセプト」はエレクトリック時代のシングルシーターレーシングカー

アクティブエアロと磁力でダウンフォースを発生 インダストリアルデザイナー、Davide Pellicciari氏がランボルギーニのコンセプトカー、「Raton(レイトン)」を発表。これはシングルシーターのピュアエレクトリックカーですが、路面にクルマを「張り付かせる」ために電気的に磁力のようなものを発生させたり、アクティブエアロが変形するようですね。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】キー上で車両の情報確認や機能の ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日本でも予約開始された新型スープラ。すでに最上位グレード”RZ”は「完売」状態に。加えて米国ではボディカラーが発表され、欧州より多い「全8色」

米国仕様の新型GRスープラには「マットグレー」がラインアップ 欧州に続き、北米でも新型トヨタ・スープラのボディカラー含む詳細が公開に。すでに「ローンチ・エディション」に3色のボディカラーが用意されることは公表済みでしたが、今回は「標準モデル」に8色のボディカラーが用意されることが判明しています。なお欧州では7色が設定されているものの、北米向けの「プラス1色」はマット仕上げのメタリックグレー(ファントムマットグレー)のようですね。 新型トヨタGRスープラのボディカラーが公開(全7色)!欧米では続々公式情報が ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

【試乗】こんなに素晴らしいピュアスポーツなのになぜ人気が出ない?メルセデスAMG GTSに乗る

投稿日:2017/08/06 更新日:

メルセデスAMG GT Sに試乗(画像はAMG GT)。
以前にはGTシリーズのボトム、「GT」に試乗したことがあるものの、GT"S”を運転するのは初めて。
AMG GTはAMG初の「専売」モデルですが、要はほかのAMGモデルが「メルセデス・ベンツのラインナップをAMGがハイチューンしたもの」であるのに対し、AMG GTは「AMGが独自に開発した車」ということで、生い立ちそのものが異なります。








そのため使用されるエンジンについてもほかAMGモデルには搭載されない「GT専用」の4リッターV8ツインターボ(M178)となり、これはVバンク内にターボチャージャーを収めた「ホットインサイドV」。
これによってタービン含むエンジンのコンパクト化、マスの集中が可能となっていますが、これは精度や熱など様々な問題をクリアしないと実現できない構造で、「ワン・マン、ワン・エンジン(一人の職人が責任をもって一基のエンジンを組み立てる)」をそのポリシーとするAMGにしかできない芸当では、と考えています。

さらにはトランスミッションもAMG GT系専用となる「AMG SPEEDSHIFT DCT(7速スポーツトランスミッション)」が搭載されるなど、何から何までもが「特別誂え」といえるのがAMG”GT”シリーズ。

AMG GT"S”はGTの上位に位置する上級バージョンで、GTの462馬力に対して510馬力、と出力が大きく向上したモデルとなり、その分価格も1650万円から1930万円へと上昇しています。
大まかなスペックは下記の通り。

AMG GT S
価格:1930万円
全長:4550ミリ
全幅:1940ミリ
全高:1290ミリ
エンジン:4リッター/V8ツインターボ
出力:510馬力
トランスミッション:7速AT
駆動方式:FR
0-100キロ加速:3.8秒

さて実際の試乗ですが、いつもながらその「短い」ドアには驚かされるところ。
これは「ロングノーズ」という構造上の理由もありそうですが、往年のスポーツカーのようなクラシカルなイメージの演出を狙ったのでは、と考えています。
加えてこの「短さ」は日常生活において乗降性の向上という、うれしい副次的効果をもたらしてくれ、ここは高く評価したいところ。

室内に乗り込んで驚いたのは、「AMG GT Sのインテリアが質素に感じた」こと。
これまでも何度か乗っていますし、むしろぼくはGTの内装について「豪華」だという印象を持っていたのですが、その直前に試乗した「AMG SL65」のインテリアがあまりに豪華すぎ、そのため相対的にGTのインテリアを「質素」と感じたのだと思われます。

シートにしても同様で、それまでは「快適」とすら感じていたシートが「レーシングバケット」のように硬く感じられ、やはりこれも「AMG SL65との落差」だと言えますね。

インテリアの印象は非常に独特で、メルセデスとしては異例に低いシートポジション、やたら高いベルトライン、異常に太いセンターコンソール、手を伸ばすと手が届きそうなくらい接近したフロントウインドウ、そしてそのウインドウの天地の狭さなど、とにかく「ほかのメルセデス・ベンツとは全く異なる」意匠を持っています。

プッシュ式スターターボタンを押してエンジンをスタートさせると轟音とともにエンジンが目覚め、メーターもいったん針がMAXまで振り切るという演出があり、今となっては珍しいものではないものの、やはりこれがあると気分が盛り上がりますね。
エンジンのノイズ、バイブレーションとも比較的ダイレクトに感じられ、このあたりは乗用車というよりは「レーシングカー」に近いのかもしれない、と感じながらセレクターをDレンジに入れ、車をスタートさせていざ路上に。

まず感じるのは足回りの硬さですが、これは突き上げを伴うものではなく、むしろ頼もしく感じるもの(跳ねるような種類の硬さでもない)。
しっかりとタイヤが路面に吸い付いていることを感じることができ、ステアリングホイールに伝わるロードインフォーメーションも非常に豊富です。



走り出すと「硬く感じられた」シートもちょうど良く、「車の挙動を腰で感じる」ことができる優れたものであることがわかります。

しばらく走ってみると「走る、曲がる、止まる」という基本が非常に高いレベルでバランスした車であることが体感できますが、このあたり「メルセデス・ベンツの車両ベース」では実現し得なかったところだと考えられ、「最初から割り切って」設計されたAMG専売モデルだからこそできたことなのかもしれません。

ほかのAMGモデルは足回りの硬さばかりが目立ったり、アメリカンV8のような誇張されたエキゾーストサウンドが見られますが(これらはこれらで悪いことではなく、雰囲気の演出に役立っていて、ぼくはけっこう好き)、AMG GTの場合は「紛れもないリアルスポーツ」なのでそういった「スポーツ性を演出する必要がそもそも無い」のかもしれません。

AMG GTは素性の良さに起因してメカニカルグリップが高いので過剰に足回りを締め上げる必要もなく、ハンドリングに関しても非常に優れた応答性を持っているために過剰なクイックさを演出する必要もなく、エキゾーストサウンドにしてもV8を誇張したサウンドを出す必要もなく、「そのまま」の状態ですでにピュアスポーツであるのがAMG GT、だとぼくは考えているのですね。

スポーツカーとしてのポテンシャルが低いと(かつて一部の国産車が”欧州”っぽさを出そうとしてただ硬いだけの足回りをこぞって採用したように)足回りを固めたり、ステアリングをナーバスにしたり、やたら大きなエキゾーストサウンドなどで「粗を隠す」必要があるものの、AMG GTはその必要がない、ということだと解釈しています。

AMG GTは「ポルシェ911」をターゲットとして開発されたスポーツカーだと認識していますが、ぼくとしては「その資質」が十分にあると考えており、すべてがダイレクトで鋭いレスポンスを持っていて、これだけ気持ちのよい反応をする車もそんなに無いだろう、という印象。

ただ、その割に世間の評価は「それほど高く」はなく、そこは「もうちょっと評価が高くてもいいのに」と不思議に思うところ。
「ポルシェ911」という「スポーツカーのメートル原器」の基準があまりに高く神格化されているのかもしれませんし、AMGといえども「メルセデス・ベンツ」という高級な印象が強いブランドイメージがGTのスポーツイメージを阻害しているのかもしれません。

その意味では「現代における、もっとも過小評価されているスポーツカーの一つ」とも考えていますが、メルセデスAMG自体も現状には大いに不満であるようで、先に発表された「GTコンセプト」の市販モデル、つまりAMG GTの4ドア版を投入し、今度はポルシェ・パナメーラに「ぶつける」という話も。
こちらはハイブリッド化によって出力800馬力を達成すると言われ、今後こういった「AMG専売モデル」が増加することでAMGのイメージも徐々に変わってくるのかもしれませんね。

上述のようにAMG GTはメルセデスとしては「鬼っ子」のような車で、「狭く、振動が大きく、乗り心地が悪く、座る位置が低い」車ですが、そこが従来の(とくに日本の)メルセデス・ベンツの顧客/ブランドイメージとはマッチしないのかもしれず(SLのスポーツモデル、くらいに考えて乗ると火傷しそう)、ここは長い時間をかけてAMGブランドを再構築してゆくしかないのでしょうね(メルセデス・ベンツではなく”AMG”としてのポジション)。

AMG GTに話を戻すと、加速、ブレーキング、ハンドリングなど「スポーツカーに求められる要素」を高い次元でバランスさせたポテンシャルの高い1台。
加えてシートやサスペンション、ステアリングなどロードインフォーメーションを的確に伝えてくれるインターフェースや機構を持っており、「レーシングカーのような」ダイレクトさを持っている、と考えています。

ただし実際に運転するまでは「2人乗りのクーペ/オープン」ということで「(高級志向である)SL」のイメージが強く、イマイチそのスポーツカーとしてのピュア度が理解できなかったのも事実。
自分自身、乗ってみてはじめてその素晴らしさに気づいたということになりますが、その意味でも「もうちょっとAMG GTの素晴らしさが伝わるキャンペーンでもあれば」とは考えています。

余談ではあるものの、この車がポルシェブランドから発売されていれば大絶賛されていたかもしれないと考えることがあり(V8/FRということから928の再来と言われたかも)、ただ単にAMGの現段階のイメージとの相性が良くなかったのかも。
ただしそう言っていると前に進めないので、AMGとしてはGTをまず発売し、バリエーションを拡大し、継続的な努力によって「AMG=ピュアスポーツ」イメージを定着させるしか無いのかもしれません(プロジェクト1の発売で大きく何かが変わるかも)。
そこれが「ブランドの確立には時間と歴史が必要」と言われる所以で、だからこそブランドの売買がビジネスとして意味をなしているのでしょうね。

最後に「(ぼくの考える)唯一の欠点」を挙げるとするならば、「バックが非常に難しい」車である、ということ。
AMG GTのレイアウトとしてドライバーは「リアタイヤの真ん前」に座ることになりますが、これはスーパーセブンのようなパッケージング。
しかしぼくは大体にしてミドシップやリアエンジン車を好み、となると必然的に車体の前の方にシートが位置することになるのですが、普段乗っている車とあまりにかけはなれたレイアウトのため、「前に進む」ぶんはまだいいとしても、バックしているときは相当に挙動差に戸惑うことになります。

これはAMG GTそのものの問題ではなく、ぼくの環境に起因するもので、ふだんたとえばBMW Z4に乗っている人であれば何の違和感も無いかもしれません。
下の画像はAMG GTとウラカンを並べたものですが、ドアミラーの位置を見るとそれぞれのパッケージングの差がわかると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.