>ベントレー(Bentley)

ベントレーもブラック。フライングスパーにチョイ悪な「ブラックエディション」追加

投稿日:2017/08/07 更新日:

続々限定モデルを発表するベントレー。
ここ最近でもヨットとコラボしたコンチネンタルGT、自らのヘリテージを表現したコンチネンタルGTを発表していますが、今回は「フライングスパー・ブラックエディション」。

ベースとなるのは「スライングスパーV8」で、ヘッドライトやウインドウフレーム、ドアミラー、ホイールなどが「ブラック」へと変更されるという内容に。

インテリアだとピアノブラック仕上げのトリムやスポーツプラス・ステアリングホイール、2トーンレザーが奢られる豪華仕上げ。
加えてベントレーのカスタム部門である「マリナー」による「マリナー・ドライビング・スペシフィケーション・パッケージ」も選択でき、これによってシートはダイアモンドステッチ仕上げへと格上げされることに。

エンジンに変更はなくベースモデルの4リッターV8ツインターボそのままで521馬力を発生。
0-100キロ加速は4.6秒。
なぜかテールパイプはクロームのままで、グリルなど他のクローム部分が「ブラック」なのに、ここだけクロームのままというのはちょっと妙な気もしますね。

こういった「ブラック仕上げ」は現在SUV、スポーツカーのほかこういったサルーンにまで及んでおり(ロールスロイス”ブラックバッジ”)、BMWにおいても多く見られるようになってきています。
反面、メルセデス・ベンツ、アウディのサルーンにおいては(両者ともスポーツカーやSUVではブラックをテーマにしたオプションがあるにもかかわらず)こういった「ブラック」っぽい特別仕様車を発表していないように思われ、メーカーによって差異があるのは面白いところ。

関連投稿
ベントレーがさらに限定モデル追加。マッサージシート装備の高級/快適な「タイムレス」エディション
ベントレーが「オールホワイト」のコンチネンタルGT限定モデルを発表。高級ヨットメーカーとコラボ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ベントレー(Bentley)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.