>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スズキ(SUZUKI)

「ワゴン」「ベースグレード」などスープラの”もしも”レンダリング。ほかにも新型アクセラ、BMW7シリーズやジムニーのIF設定も登場

さて、「もしも」系レンダリングでおなじみの「X-TOMIデザイン」が大量にその作品を公開。以前には「新型トヨタGRスープラのオープンモデル」をCGにて作成していますが、今回はそれに続き、「GRスープラのワゴン」「GRスープラのベースモデル」など様々なレンダリングが公開に。ここでいくつかの作品を見てみましょう。 CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよう ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中)。 アヴェンタドールSVJはアヴェンタドールの軽量ハイパワーモデルで、「ランボルギーニSV」の後継にあたるモデル。 「SV」=スーパーヴェローチェ(超速いという意味)にランボルギーニのハイパフォーマンスモデルを象徴する「J(もとはFIA競技附則J項に由来)」が付与されるという、名称のみでも”最強”を誇るクルマ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ダッシュボード、ドアインナーパネルの素材は汚れやすい

今回は主にインテリアの清掃について触れてみたい さて、ポルシェ718ケイマン洗車。冬季は融雪剤や降雪によって他の季節とはかなり異なる汚れ方をすることになりますが、気をつけないといけないのは「そういった汚れは塗装に対する攻撃性が高いこと」。つまり、融雪剤や雪とともに付着した汚れは「ヤスリ」のように塗装を傷める可能性があるということで、できるだけ多くの水を使用したり、洗剤を泡立ててから洗わなくてはならない、と考えています。 そんなわけで慎重に洗車を行い、そのためかかった時間は今回2時間ほど。 718ケイマンの ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジオのE.Milanoがシロンをベースに「ブガッティの新しいハイパーカー」をデザイン。主にはリアを延長し、さらにルーフからテールエンドには空力向上のためかカバーが装着され、純正よりも更に大きなサイズのタイヤとホイールを装着してローダウンしています。 つまりはロングテール化というか、マクラーレン「スピードテール」 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他他ドイツ車

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタイプとして公開された「RUF(ルーフ)CTR 2017」のプロダクションモデルという位置づけで、ルーフの創業80週年を記念したもの(ポルシェは昨年に70周年を迎えたので、ルーフの歴史はポルシェよりも古いということになる)。 ※「CTR」は「カレラ・ターボ・ルーフ」の略 え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore



>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン好調。利益はほぼ倍、販売台数も67%増。今後は有力新型車も控え大幅成長か

投稿日:2017/09/02 更新日:

アストンマーティンの税引き前利益が約30億円を記録。
以前にはロータスが25年ぶりに黒字化とお伝えしましたが、歴史のあるイギリスの自動車メーカーが揃って好調なのはうれしい限りです。
アストンマーティンにおいて、半期であっても黒字になるのはここ10年で初めてのことで、そしてこれは「DB11効果」とも言えるもの。








つまりはDB11のヒットが業績回復をもたらしたことになりますが、第二 四半期だけ見ると、なんと利益は「昨年の2倍」。
通年でも倍近くの利益を上げており、おそらく「2017年通しても」黒字化は間違いなさそうですね。

なお販売台数だと2017上半期においては67%増加の2349台。
販売価格についても「1台あたり」25%上昇したとのことで、これは高額な限定モデルが貢献しているのかもしれませんね。
国別だとアメリカ、イギリス、中国がトップマーケットとなり、まずまずのバランスでの分布です。

今後アストンマーティンにおいてはヴァンテージのモデルチェンジ(ボンドカー”DB10”に似ていて格好良い)、ブランド発のクロスオーバー「DBX」の登場が予定されており、ここからさらに成長することが期待できそうです。

なお、「DB11」はV12ながらもターボエンジンを搭載したことで「アストンマーティンらしくない」と旧来のファン(一部)から否定的な反応があったものの、ふたを開けると大きな成功作に。
ポルシェの水冷化、ミニがBMWへと移行した際も同様の反応と結果で、「今までにはなかった」ユーザー層を獲得することとなり、メーカーとして「前に進むためには」何かを切り捨てたり犠牲にすることも重要である、ということもわかります(それができずに衰退してしまうメーカーも多い)。

加えてアストンマーティンの場合、異常に高額でパフォーマンスの高い限定モデル(ヴァルキリーやヴァルカン)、ヴァンキッシュ・ザガートシリーズのような「超限定で高価なモデル」を連発したことがブランドイメージを引き上げ、新しい顧客層の流入を招くことになったのでしょうね(もちろんアストンマーティンによるブランディングの一環だと思われる)。

関連投稿:アストンマーティンがここ10年の第一四半期で初めて黒字化。DB11効果で利益倍増

アストンマーティンがここ10年で初めて「第一四半期単体で黒字」に。
これはもちろん「DB11効果」で、いかにDB11がヒットしたか、そしていかにヒット商品の存在が重要かということがわかります。
その結果利益はなんと9300万ポンドから1億8800ポンドへとほぼ倍増。
販売台数も75%増加の1200台となっており、尋常ならざる伸びと言えそうです。

なお日本(4月)においてはアストンマーティンの登録台数は前年比2倍以上、228%となり「31台」。

アストンマーティンはずっと赤字続きなるも、だからこそ「待ち」ではなく「攻め」の経営を展開。
積極的にヴァンテージやヴァンキッシュの限定モデルを展開し、その中でも「One-77」「ヴァルカン」「ヴァルキリー」といった超高価格なモデルの発表しています(ふつう赤字だったらこんな思い切ったことはできない。しかしアストンマーティンというブランドがあってこその戦略であり、ブランドの重要性もここで理解できる)。

加えてラゴンダのリブート、ラピードのEV化、ブランド初となるSUVのDBX投入など多数の新モデルを計画しており、そのための資金獲得については「煮え湯を飲まされた」中国に屈する形で中国企業と組んだり、お膝元の英国の援助を得て英空軍基地を譲り受けるなど戦略的に展開中。

あらゆる可能性を追求し前に進む姿勢、苦しい時こそ攻勢に出るという考え方、ビジネスという戦いの場においてはなりふり構わぬというアグレッシブな行動は世界中の自動車メーカーの中では群を抜いており、近年の自動車史に刻まれるほどの偉業ではないかとぼくは考えています。

なおスーパーカーメーカー(ブランド)の販売台数で言うとフェラーリが8200台、ランボルギーニが3400台、マクラーレンが3200台、アストンマーティンが3700台となっていますが、アストンマーティンについてはおそらく2107年に4500台くらいをデリバリーするのでは、と見られているようですね。


関連投稿:アストンマーティンは2015年通期で前年比2倍の赤字。これで3期連続となりちょっと危険

aston-martin-db11-debut-in-geneva1

アストンマーチンの2015年通期は2014年に比べ、税引き前でおよそ前年比で倍の赤字となる見込み。
その額1億7200万ドルですが、2014年も赤字、2013年も赤字だったのでかなり苦しい状況だと思われます。

なお2014年の販売は3661台、2015年の販売は3615台と微減ですが、新型クロスオーバー、DBX生産のための工場建設やDB11開発の設備投資がかさんだためと思われます。

反面良いニュースもあり、DB11の受注が好調とのことで、これは会社の利益を20%ほど改善できる見込み。
ただし販売台数としては他の落ち込みがあり、トータルでは2015年と同様の台数に落ち着くと見ているようですね。

aston-martin-db111 (1)

関連投稿:アストンマーティン存続の危機か。2014年は2013年の3倍の赤字

DBX-0

アストンマーティンが存続の危機にある模様。
2014年には2013年の3倍の赤字を計上し、いまだ状況改善の見込みが無いようです。

中国での販売減少、リコール問題、工場への投資などが累積した結果ですが、ちょっと先行きが暗い感じですね。

アストンマーティンはフォード傘下からプロドライブとクゥエートの投資グループの所有に移っていますが、ポルシェはVWアウディ、ランボルギーニもVWアウディ、フェラーリはFCA(フィアット・クライスラー)というように大きなグループに属しない独立系。

しかしながら現在まで8回もオーナーが変わるなど安定した時代がなく、したがって発表したモデルも大きな改良が出来ないまま今日に至ります(とくに電子デバイスや駆動力のコントロール。そのため馬力に対して加速が鈍い)。

このままだとどこかに買収される可能性がないとも言えず、AMGが見送ったようにほかの買い手がつかなければブランド消滅の可能性も。
ただし中国企業は興味を示すでしょうし、もしかすると英国ブランドつながりでジャガー・ランドローバーを保有するタタが興味を示す可能性も。
とくにタタにとっては、007映画での効率的なプロモーションや、ジャガー・ランドローバーにはないスーパーカーセグメントでの可能性が拓けるという意味では魅力的かもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.