>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが昨年に続きファッションデザイナーとコラボ。カスタムされた720Sと570Sを公開

投稿日:2017/09/07 更新日:

マクラーレンが9月10日に開催されるイベント「Chantilly Arts & Elegance Richard Mille」にて、2台のカスタムカーを公開する予定。
一台はメンフィスレッドの720S、もう一台はヴェガ・ブルーの570Sスパイダーとなりますが、これらはコロンビアのデザイナー、Haider Ackermann氏とコラボしたもの、と発表されています。

720Sについて、インテリアはボディカラーに合わせたレッドとブラック、パネルの一部はカーボンファイバー製。
ホイールは10スポーク鍛造となりサテンダイヤモンドカット仕上げ。

570Sスパイダーの方はチャリティオークションに出展される、とのことですが、マクラーレンはこういったイベントには積極的に参加しているようで、昨年もジャンポール・ゴルチエとコラボしたモデルを発表していますね。

マクラーレンはフェラーリやランボルギーニに比較しても優位に立てるパフォーマンスを持つと認識しているものの、「走り一辺倒」ではなく内外装において(走りには関係のない部分であっても)多彩なカスタムを披露しており、おそらくその目的は「マクラーレンのカスタム部門であるMSOの活用促進」。

こういったイベントや、拡散した記事を見た人に「こんなカスタムもできるのか」と知ることでフェラーリでもランボルギーニでもなく「マクラーレンを買ってこんな風にカスタムしよう」と思わせたり、マクラーレン購入をすでに考えている人にも「MSOでカスタムしたい」という意欲を喚起させることが目的なのかもしれません。

各メーカーにとって「純正カスタム」は大きな利益を生む一つの手段ですが、マクラーレンはこういった戦略のためか「MSO比率が高い」ことが特徴で、よって高い利益率を誇っているようにも思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.