>ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニはシューティングブレークの夢を見る?ワゴンボディのコンセプトカーが公開に

投稿日:2017/10/28 更新日:

ランボルギーニはシューティングブレークの夢を見るか

デザイナー、Igor Sitikovさんの考えた、「Lamborghini Shooting Brake Concept(ランボルギーニ・シューティングブレーク・コンセプト」(レンダリングの作成自体は数年前で、今回ディティールアップが施されている)。
文字通りシューティングブレーク(ワゴン)ボディを持つランボルギーニの新型車ですが、なかなかに格好良いルックスを持っています。

現代のランボルギーニにおけるエッセンスを集約

lamborghini-shooting-brake-concept6

デザイン的には「ガヤルド」「エストーケ」「ウルス」等、近代におけるランボルギーニ各モデル(コンセプトカー含む)のデザインを集約。

lamborghini-shooting-brake-concept5

その上でリアに極端にボリュームをもたせたデザインとなっており、ランボルギーニらしい力強さを感じさせますね。
ホイールアーチにはガンディーニっぽい形状をもたせ、ルーフにも「Y」を再現するなどランボルギーニのデザイン言語をしっかりと反映させた作品となっています。

lamborghini-shooting-brake-concept4

今のところ、ランボルギーニからこういった「シューティングブレーク」登場の可能性についてはまったく不明。
ただしフェラーリ「GTC4LUSSO」、ポルシェ・パナメーラ「スポーツツーリスモ」、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークのように幾つかのスーパーカーメーカーが興味を示すジャンルでもあり、将来的にわたり「無い」とは言えないかもしれません。

lamborghini-shooting-brake-concept1

現実的にはランボルギーニが過去のコンセプトモデル「エストーケ」をポルシェ・パナメーラをベースとしてよみがえらせるという話も出ており、そしてパナメーラはワゴンボディ「スポーツツーリスモ」を持っているため、物理的にはさほど難しくないと思われます。

lamborghini-shooting-brake-concept

ただし現在のところランボルギーニはその新型SUV「ウルス」に集中する必要があり、そして次は「ミウラのような優雅なスポーツカー」もしくは「エストーケ復活」、さらには「アヴェンタドールの4座」という話もあり、加えて「ヴェネーノ」「チェンテナリオ」の次となる超限定シリーズについても検討中とされ、当面「シューティングブレーク」が介在する余地はないのかもしれません。

あわせて読みたい、外部デザイナーによるランボルギーニのコンセプトモデル関連投稿

ランボルギーニはそのエクストリームなデザイン、そして過去に豊富なヘリテージを持つためか、デザイナーにとっては常に興味の対象。
これまでにも様々なデザインスタディが公開されています。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニのコンセプトカー等
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.