>スウェーデンの自動車メーカー >ブガッティ(BUGATTI) >その他アメリカ車

ケーニグセグが「市販車最速」としてギネス認定。時速446キロにてブガッティ・ヴェイロンを下す

投稿日:2017/11/05 更新日:

ケーニグセグが「市販車世界最速」記録を達成。その速度は時速446キロ

先日ブガッティ・シロンの持つ加速/減速記録を更新したばかりのケーニグセグですが、その後残念ながらヘネシーに記録を抜かれることに。
しかし今回アゲーラRSにて時速277マイル/446キロという速度記録を打ち立て、暫定ではあるもののギネス認定の「世界で最も早い公道走行可能な市販車」となったことを公開しています。

ケーニグセグは以前にも「CCR」にて世界最速の認定を受けたことがあり、比較的「記録好き」な会社。
先日の加速/減速記録もそうですが、他にもニュルブルクリンクのラップタイム「最速」にもチャレンジするなど、そのポテンシャルを遺憾なく発揮しようとしていますね。

なお、こういったライバルや、少量生産のエキゾチックカー登場によってブガッティの地位は相対的に下がっており、「タイヤの問題で」最高速アタックができないシロンは非常に苦戦している状態です。

現在、世界最速ランキングはこうなっている

今のところ世界最速ランキングは下記の通り。
ヴェノムF5はまだ公表前ですが、484キロを達成した、と言われています。
今後恐らくはブガッティ・シロンが記録達成にて上位に入ってきそうですね。
一昔前の車、例えばマクラーレンF1やジャガーXJ220が上位に入るのも驚きとしか言いようがない、と思います。

ヘネシー・ヴェノムF5(時速301マイル/484キロ)
ケーニグセグ・アゲーラRS(時速277マイル/444キロ)
ヘネシー・ヴェノムGT(時速270マイル/434キロ)
ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツ(時速263マイル/423キロ)
SSCアルティメイト・エアロ(時速256マイル/412キロ)
サリーンS7ツインターボ(時速248マイル/400キロ)
ケーニグセグCCR(時速242マイル/389キロ)
マクラーレンF1(時速241マイル/388キロ)
パガーニ・ウアイラBC(時速238マイル/383キロ)
ゼンヴォST1(時速233マイル/375キロ)
ノーブルM600(時速225マイル/362キロ)
ランボルギーニ・ヴェネーノ(時速221マイル/356キロ)
アストンマーティンOne-77(時速220マイル/354キロ)
ジャガーXJ220(時速217マイル/350キロ)
マクラーレンP1(時速217マイル/350キロ)
ラ・フェラーリ(時速217マイル/350キロ)
ブガッティ・シロン(時速261マイル/420キロ)※実際には記録準備中

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->スウェーデンの自動車メーカー, >ブガッティ(BUGATTI), >その他アメリカ車
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.