ad-728





>ブガッティ(BUGATTI)

個人で自動車を所有しなくなった時代、「未来」のブガッティはこうなる?「BUGATTI JEAN」

2017/11/26


ブガッティ創業者の息子、ジャンの没後100周年に捧げる記念モデル

CGアーティスト、Nakul Lathkarさんの作成した、「ブガッティ・ジャン(BUGATTI JEAN)」のレンダリング。
これはブガッティ創業者であるエットーレ・ブガッティ氏の息子、ジャンが1939年に自動車事故で去った「没後」100周年となる2039年モデルとしての考案で、当然ながら「未来のブガッティ」ということに。

オープンコクピット、まさに「走るためだけ」の車

ブガッティらしい2トーンカラーを持ち、優雅でありながらもダイナミックなボディラインは非常に魅力的。
どこからどう見てもブガッティという印象がありますが、本当に「2039年モデルのブガッティ」はこうなっているのかもしれません。

77b6b457726841.59e0f0406ab50

まだまだ先行き不透明ではあるものの、このまま自動運転が普及してゆけば、自動車は完全に「公共パーソナルモビリティ」「移動のためだけの手段」となってしまう可能性があり、となると「個人で自動車を所有する」「個人で自動車を楽しむ」ということが完全に過去のものとなる可能性も。

f48bb257726841.59e0f0406cc28

それでも一部の人々は「自動車で楽しむことをやめない」と思われますが、これは「馬」と同じ。
かつては移動手段や輸送手段の主役であった「馬」が自動車にとってかわられたのち、馬は個人で所有することが一般的ではなくなり、しかし「競馬」「乗馬」として別の方面にてその存在意義が与えられ、一部の人々に愛されることに。
同様に、いかに将来自動車が「完全自動運転」になったとしても、「自分で車を所有し、運転する人たち」はかならずいる、と思うのですね。

69964357726841.59e0f04068812

そういった人びとが乗る車は逆に「単なる移動手段」「モノを運ぶ」という要素が排除され、競馬ウマのように「サラブレッド」的な存在となるのではないか、とも考えています。

自動車がこの世に誕生して、人びとが最初にしたことは「モノを運ぶ」ではなく「自動車同士の競争」であったと言われますが、未来の(個人で所有する)自動車は「一周回って」誕生初期のように、純粋に「乗ることを楽しむ」ものになるのかもしれません(実際にそうであってほしい、とは思う)。

66152057726841.59e0f0406c1ef

あわせて読みたいブガッティのレンダリング関連投稿

->ブガッティ(BUGATTI)
-, , ,