>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・ロンドンが「1万台販売記念」としてスペシャル仕様の600LTを公開。オプション満載、ルーフにはシュノーケルも

| アクセントカラーはマクラーレンのコーポレートカラー「オレンジ」 | マクラーレンは限定モデル(期間限定受注)として600LT(クーペ/スパイダー)を発表していますが、今回はマクラーレン自身のパーソナリゼーション部門「MSO=マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ」にてカスタムしたワンオフ仕様の600LTを公開。これはマクラーレンの正規ディーラー「マクラーレン・ロンドン」のオーダーによって製作されたもので、2011年のマクラーレン取扱以来、10,000台を販売したことを記念したモデルだそう。 こちら ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

| ボディサイズもCクラスとそんなに変わらない | メルセデス・ベンツ日本が「Aクラス・セダン」を発表。Aクラスは「FF」をベースとしたプラットフォームを使用していますが、メルセデス・ベンツがAクラスにセダンを投入するのは今回が「初(CLAは”クーペ”風セダンという扱い)。なお、「Aクラス」と聞くとけっこう小さいように思えるものの、実際のボディサイズは全長4549ミリ、全幅1796ミリ、全幅1451ミリ、となかなかに立派。ちなみに現行Cクラスのボディサイズは4696/1810/1445ミリ、先代Cクラスは ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

世界最速の「防弾車両」、アウディRS7”改”登場。防弾装備に加え煙幕発生、ソニックキャノン、催涙ガスなど「反撃可能」な装備を持ち、0-100km/h加速2.9秒、最高速度325km/hで逃げることも可能

| さすがに「ボンドカー」なみの装備を持った防弾仕様車は見たことがない | APRがアウディRS7スポーツバックを「アーマード・ビークル」へとカスタム。APRはいわゆる「本気の走り系」チューナーですが、こういった「防弾仕様」へのカスタムは非常に珍しいと思います。それでも今回のような改装を行うということは、それだけ世の中が「物騒」になっている、ということなのでしょうね。なお、北米、南米では銃器を使用した凶悪犯罪が急増しており、「防弾防爆仕様」の需要が非常に高くなっているとも報じられています。これを受けてかメ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

クルマの中で温泉に入れる?「ホンダ・オンセン・コンセプト」はこういったクルマだ

| さすがにこのコンセプトカーは「未来に行き過ぎた」かもしれない | 韓国のCGデザイナー、Hanbeom Lee氏が考えた「ホンダ・温泉コンセプト(Honda Onsen Concept)」。完全自動運転をイメージしており、なんとクルマの中で温泉に浸かるという斬新なコンセプトカーです。構造としては、車内にお湯を満たしたカプセルを設置し、その中に乗員が入るというもの。よくアメリカで「車体後部にプールを設置したリムジン」が観光用に走っていたりしますが、これだと「お湯がこぼれるので」密閉式カプセルを採用したよ ...

ReadMore

■近況について ■ニュース

今週末は神戸に集おうぞ。「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」が三宮にて開催、ウブロティスタは要注目

| ウブロの新作腕時計を一気に見ることができるチャンス | さて、毎年恒例の「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」ですが、今年は規模を拡大して三宮のカフェ「THE PLACE」にて開催されることに。正直これまでは参加したことがなかったものの、今年は都合がつきそうなので参加を検討しているところ。なお、同日は大阪でオーデマピゲのイベントもあり、かなり忙しい一日となりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿いい腕時計の見分け方を紹介する(2)。「プッシュボタン/リューズ」「針の仕上げ」「文字盤のインデックス」ウ ...

ReadMore

■自動車・バイクの購入検討/比較など ■近況について ■ニュース

「ポルシェ911不買の誓い」を破ってしまいそうだ!新型ポルシェ911の見積もりを取得した(乗り出し2143万円)

| ポルシェ911カレラSもついに2000万円を超えるようになったか | さて、先日試乗した新型ポルシェ911(992)。ぼくは「もう911は買うまい」という911不買の誓いを立てていますが、それは「ぼくの腕が未熟であり、リアエンジンレイアウトの911をうまく走らせることができず、怖い思いをしたため」。よって911(997)を売却した後は同じポルシェでも981ボクスター、718ケイマンというミドシップ、そしてランボルギーニ・ガヤルド/ウラカンという、ミドシップ+4WDといった安定志向のスポーツカーを選んで ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダは2025年までにスポーツカー含む複数のEV発売とのウワサ。初代シビック、S800モチーフのクルマが発売されるならS2000のEV版も登場する?

| ホンダがトヨタに対抗するにはS2000復活しかない | honda sport EV ホンダは市販モデル初のEV「ホンダe」を発表したところですが、その後すぐ、スポーツカーと思われるボディ形状を持ったEVらしきクルマのパテントが出願されたことも明らかに。このスポーツカーらしきEVの詳細は不明ではあるものの、おそらくはホンダeとプラットフォームを共有するものと思われます。 ホンダがミドシップスポーツカーっぽい新型車のパテントを申請。エレクトリックスーパースポーツか?

ReadMore

>ミニ(MINI)

アルピナは過去に「高級なミニ」を作ろうとしていた!ちなみにミニは自身で「ロールスロイス仕様」を限定販売したことも

| ロールスロイス仕様のミニは当時570万円で販売されていた | 先日、アルピナが「i8ベースのハイパフォーマンスハイブリッドカーを発売しようとしていた」という記事をお届けしましたが、今回は「アルピナが、ミニの高級バージョンを作ろうとしていた」というもの。アルピナはBMWに認められて公式にBMW2シリーズからボディやパーツの供給を受け、これに自社開発のパーツを組み込んで完成車を製造する「自動車メーカー」。BMWとは緊密な関係にあり、これまでにも「BMWが生産を終了する”M1”の生産を引き取り、アルピナにて ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる | さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。 最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっている ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。いずれも「ピュアエレクトリックモデル」となりアストンマーティンの未来を表すクルマでもありますね。ラピードEのほうはすでに販売が開始されており、限定155台とアナウンスされるも「まだ売れ残っている」と報じられています。 アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台 ...

ReadMore



>中東の自動車メーカー

ライカン・ハイパースポーツ後継、「フェニア・スーパースポーツ」がついに販売。プロモ動画が公開に

投稿日:2017/12/10 更新日:

発表から2年を経てようやく発売に

「ワイルド・スピード」にて一気に有名になったライカン・ハイパースポーツを発売したWモータースが「フェニア(Fenyr)」スーパースポーツの動画を公開。
Wモータースはもともとレバノンにて創業され、2013年にドバイに移転しています。
その後上述のライカン・ハイパースポーツを発売し、さらにその後2015年にフェニア・スーパースポーツを発表することに。

0-100キロ加速は2.7秒、最高速度は400km/h

ただしその時存在したのはプロトタイプとなっており、まだまだ市販に向けて開発途中。
そして今回公開されたのが「市販モデル」のフェニア・スーパースポーツということになりますが、今回の動画もCGによるものとなっています。※以前にフェニア・スーパースポーツが中古で販売中との報道がありましたが、あれは何だったのか不明

ライカン・ハイパースポーツは「ハイパー」、フェニア・スーパースポーツは「スーパー」なので、フェニア・スーパースポーツの方がちょっと下のように思えるものの、実際のパフォーマンスはファニア・スーパースポーツの方が「上」。

fenyr2

ライカン・ハイパースポーツは740馬力、0-100キロ加速は2.8秒、最高時速は395キロ。
一方でフェニア・スーパースポーツは900馬力、0-100キロ加速は2.7秒、最高時速は400キロ(数年前にプロトタイプが公開された時のスペックなので、今はもっと向上していると思われる)。
なおエンジンは両方ともルーフ(RUF)から供給を受けた4リッターツインターボ。
生産台数についてはライカン・ハイパースポーツが7台、フェニア・スーパースポーツは25台に絞られます。

fenyr3

現在フェニア・スーパースポーツの価格は公開されていないものの、ライカン・ハイパースポーツの「3億7000万円」より安い、という話も。
というのもライカン・ハイパースポーツはヘッドライト内にダイヤモンドを仕込んだり、と性能以外の部分で高価になってしまった部分があり、しかしフェニア・スーパースポーツはそういった「宝石類」を使用していないため。
ただしボディパネルはカーボンファイバーを採用するなど、走りに関する部分にはとことんこだわっているようですね。

ちなみに以前ドバイを訪問した時にWモータースを訪問しようと電話してみたのですが、Wモータース自体は「事務所」機能しか持たずショールームがなく、そのためライカン・ハイパースポーツの販売代理店を紹介してもらったものの「展示車なし」で見ることはできず(残念)。

合わせて読みたいWモータース関連投稿

関連投稿

lykan-12

ドバイにて、ライカン・ハイパースポーツが販売中。
エンジンはポルシェのものをRUFがチューンしたものですが、よく見るとエアコンのスイッチやキーもポルシェ(というかルーフ)のものを使用しているようです。

内装ははじめて見ましたが、外観に負けずアグレッシブですね。

ワイルドスピード7 スカイミッションではもちろん本物のライカン・ハイパースポーツを壊すわけには行かず、ポルシェ・ボクスターをベースにして作成したレプリカジュ数台を使用したといいますが、珍しくビジネスとして成功したと思える新規スーパーカーの立ち上げですね。

なお、販売価格は不明。


関連投稿:Lykan Hypersportsが販売中。約4億円のまさにハイパーカー

ライカン・ハイパースポーツが販売中。
ワイルド・スピードの次回作にも登場するようですが、ルーフのエンジンを使用して750馬力を発生し、0−100キロ加速は2.8秒、最高時速は385キロ、という世界第1級のパフォーマンスを持っています。

わずか5台のみの限定販売だったと思いますが、今まで数々の新興メーカーがこういった車を発売しようとして実際に発売できない中、現実的に発売に結びつけたことは驚きでもあります。関連投稿:上海に登場したライカン・ハイパースポーツ。お値段13億

lykan-hypersport-china-sh-1-660x347

上海モーターショーにはハイパーカーも多く展示された模様。

まずはライカン・ハイパースポーツですが、6600万元。
これは中国で販売される車で最も高価なもので、日本円に換算するとなんと12億7000万円。
ブガッティ・ヴェイロンが2800万元(5.5億)、ケーニグセグ・アゲーラRが2600万元(5億円)でしたが、それを大きく超える価格設定。
ルーフがチューンした3.7リッターツインターボ(750馬力)エンジンを搭載し、0-100キロ加速は2.8秒というツワモノですが、中国のことなので、この価格でもホイホイ売れそうですね。
なお、高価な理由としては関税の他、展示車には装着されませんが15カラットのダイヤモンドを42個使用したLEDヘッドライト、とのこと(ライトが盗まれそうで恐ろしい)。

lykan-hypersport-china-sh-2-660x258
lykan-hypersport-china-sh-3-660x276

ZENVO ST1も展示されており、こちらの価格は公式発表はまだ無いものの2000万元(3.9億円)と見られます。
ラ・フェラーリが2250万元(4.4億円)なので、かなり強気のプライシングですね。
こちらは6.8リッターをターボで加給し1104馬力を発生、0-100キロ加速は3秒。
かなりエグめのデザインですが、おそらく中国ではこれくらいのほうが「丁度よい」感じで、こちらも富裕層に好まれそうですね。

zenvo-st1-china-supercar-2-660x316
zenvo-st1-china-supercar-3-660x363
zenvo-st1-china-supercar-1-660x453

こちらは以前にも紹介した、BYD「唐(Tang)」。
1基のガソリンエンジンと2基のモーターを持つハイブリッドカーで、「アルティメイト・エディション」の0-100キロ加速はなんと4.4秒。
ポルシェ・カイエン・ターボは4.5秒なので、それをも凌ぐタイムですね。

byd-tang-shanghai-3-660x441
byd-tang-shanghai-1-660x487
byd-tang-shanghai-2-660x424

現在中国には相当数のスーパーカー、ハイパーカーが(新車、中古とも)流れていますが、中国の景気が後退し始めると一気に中国からそれらが流れだしそうで、相場が急激に下がる可能性がある、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->中東の自動車メーカー
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.