ad-728





>中東の自動車メーカー

ライカン・ハイパースポーツ後継、「フェニア・スーパースポーツ」がついに販売。プロモ動画が公開に

2017/12/10

発表から2年を経てようやく発売に

「ワイルド・スピード」にて一気に有名になったライカン・ハイパースポーツを発売したWモータースが「フェニア(Fenyr)」スーパースポーツの動画を公開。
Wモータースはもともとレバノンにて創業され、2013年にドバイに移転しています。
その後上述のライカン・ハイパースポーツを発売し、さらにその後2015年にフェニア・スーパースポーツを発表することに。

0-100キロ加速は2.7秒、最高速度は400km/h

ただしその時存在したのはプロトタイプとなっており、まだまだ市販に向けて開発途中。
そして今回公開されたのが「市販モデル」のフェニア・スーパースポーツということになりますが、今回の動画もCGによるものとなっています。※以前にフェニア・スーパースポーツが中古で販売中との報道がありましたが、あれは何だったのか不明

ライカン・ハイパースポーツは「ハイパー」、フェニア・スーパースポーツは「スーパー」なので、フェニア・スーパースポーツの方がちょっと下のように思えるものの、実際のパフォーマンスはファニア・スーパースポーツの方が「上」。

fenyr2

ライカン・ハイパースポーツは740馬力、0-100キロ加速は2.8秒、最高時速は395キロ。
一方でフェニア・スーパースポーツは900馬力、0-100キロ加速は2.7秒、最高時速は400キロ(数年前にプロトタイプが公開された時のスペックなので、今はもっと向上していると思われる)。
なおエンジンは両方ともルーフ(RUF)から供給を受けた4リッターツインターボ。
生産台数についてはライカン・ハイパースポーツが7台、フェニア・スーパースポーツは25台に絞られます。

fenyr3

現在フェニア・スーパースポーツの価格は公開されていないものの、ライカン・ハイパースポーツの「3億7000万円」より安い、という話も。
というのもライカン・ハイパースポーツはヘッドライト内にダイヤモンドを仕込んだり、と性能以外の部分で高価になってしまった部分があり、しかしフェニア・スーパースポーツはそういった「宝石類」を使用していないため。
ただしボディパネルはカーボンファイバーを採用するなど、走りに関する部分にはとことんこだわっているようですね。

ちなみに以前ドバイを訪問した時にWモータースを訪問しようと電話してみたのですが、Wモータース自体は「事務所」機能しか持たずショールームがなく、そのためライカン・ハイパースポーツの販売代理店を紹介してもらったものの「展示車なし」で見ることはできず(残念)。

合わせて読みたいWモータース関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->中東の自動車メーカー
-, , , , ,