■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ブレンボが新型ブレーキキャリパー発表。従来品に比べ1輪あたり400グラム軽量

投稿日:2018/04/05 更新日:

| ブレンボが久しぶりにブレーキキャリパーの形状を変更 |

ブレンボがハイパフォーマンスカー向けに新型ブレーキキャリパーを発表。
ブレンボ曰く「革命的」だと表現していて、これは現在のブレーキキャリパーに比較して重量が一つあたり約400g軽くなり、「ウエイト・トゥ・スティフネス」、つまり軽さと強度とのバランス(パワーウエイトレシオのようなもの)においてはこれまでのキャリパーと同様、しかし8%軽量、とのこと。

今後はこの形状が主流に?

ブレンボはこの新型ブレーキキャリパーの設計にあたり45年にわたるモータースポーツの歴史と最新ソフトウエアを駆使して素材や強度を最適化したとのことですが、たしかに「見るからに軽そう」。

brembo-launches-new-caliper-design-ny-2

ピスントン周りの素材は大きく削ぎ落とされ、ブレーキライン周辺も肉抜きされ、さらにブレーキキャリパーの角も削られていることがわかりますが、相当に斬新な形状ではありますね。

現在ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ等各スポーツカー/スーパーカーメーカーがブレンボのブレーキを採用していますが、今後はこのブレーキキャリパーへと切り替わる可能性が大。
となると気になるのは「(”PORSCHE”、”Lamborghini”などブランドロゴが入る場所がない」ということ。

現在のブレンボ製ブレーキキャリパーはこんな感じで、その側面に大きくブランドロゴが入ることに。
形状そのものも「新型」キャリパーと比較すると随分異なることがわかりますね。

なお現在APやアルコンなどハイパフォーマンスブレーキメーカーは多数あるものの、やはりその形状はブレンボとよく似ており(どのメーカーがこの形状を始めたのかは不明)、しかしブレンボ以外どのメーカーも「ブレーキキャリパーの形に革命を起こさなかった」のは不思議なところで、そして「一番に革命を起こした」のがブレンボであったところを見ても、やはりブレンボはブレーキメーカーの中でもっとも優れている、と考えて良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.