■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!R ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。 こちらもオススメ、関連投稿ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore



■バイク(自転車/自動二輪)

【試乗】"R"の文字が3つも入るホンダCBR250RR。加速はNSX-Rなみ、レッドゾーンは16,000回転まで

投稿日:2018/05/28 更新日:

| ホンダの誇る250ccスポーツバイク、CBR250RRに乗る |

さて、ホンダCBR250RRに試乗。
クラスを超えたクオリティーを掲げているためか250ccとは思えないような装備が与えられ、CBR250Rの503,280円に対してもCBR250RRは「756,000円から」とかなり高価な設定となっており、エンジンは直列2気筒で出力は38馬力、車体重量は167キロ、トランスミッションは6速。

なお試乗したのはABS付きのモデルで価格は806,760円、カラーは「ソードシルバーメタリック」。
メタリックグレーにイエローのアクセントが眩しいカラーリングです。








CBR250RRには「R」が3つもある

CBR250RRは「Rが3つも」ついていることから分かるとおり、相当にスポーツ方向へと振ったことが特徴で、ホンダ曰く「軽二輪スーパースポーツ」。
そのアグレッシブなデザインに加えて「スロットルバイワイヤー」を採用しライディングモードを変更できるのもトピックの一つ。
なお、これによって可能となったドライビングモードの設定は下記の3通りで、定義はこんな感じ。

〈Sport〉  オールラウンドにリニアな加速を楽しめる標準モード
〈Sport +〉 より力強い加速が楽しめる、レスポンスを強調したモード
〈Comfort〉 タンデム時など、よりリラックスした走行が楽しめる快適性を重視したモード

cbr7

とにかくそのデザインは「完全に未来に行ってる」という感じ。
特にこのサイドのカバーのようなエアロパーツは注意を引かれたところ。

cbr13

メーターは液晶。
ヘッドライトやウインカー、テールランプなどの灯火類はフルLEDとなっています。
ライディングモードの変更は左グリップの人差し指で行い、現在のモードはメーターの右端に表示。

cbr12

マフラーは右側二本出し。
低回転域のサウンド、そして中・高回転でのサウンドをそれぞれ担当しているようで、このあたりはホンダ・シビック・タイプRの「3本出しマフラー」と同様の考え方なのかもしれません。

なおオプションではモリワキ、アクラポヴィッチもラインアップ。

cbr11

あちこちにこういった「羽根」のようなデザインが見られます。

cbr9

フロントサスペンションは倒立式、リアサスペンションはプロリンク。
ブレーキローターは前後共「ウェーブ」です。

cbr2



CBR250RRで走ってみよう

さて、早速ホンダCBR250RRで走ってみることに。
シートは低く、ざっとまたがって両足がべったり地面につくくらい。
意外と「前傾」にはならず、「普通の」ポジションで乗ることができます(”走る”向きはオプションのバックステップキットを取り付けるといいかもしれない)。

エンジン始動は普通に右側のスイッチボックスで行いますが、エンジンを始動させて驚くのは「250ccと思えないほど勇ましいサウンドを発する」ということ。

走る出す前にクラッチレバーを握ってガチガチと変速してギアの入り具合を確かめてみると、思いのほかクラッチが軽いこと、ギアが入りやすいことがわかり、「これなら安心して乗れそうだ」と一安心(もうちょっとトンガった性格を想像していた)。

いざスタートという時になってディーラーの人から「傷つけたら修理は自腹になりますんで・・・」と言われてちょっとビビりながら試乗開始。
特にアクセルをふかさずともクラッチレバーを離すだけでスルスルと動き出し、印象としてはかなりトルクフル。
1速の守備範囲も広く、即座にシフトアップしなくてもガクガクと車体がゆさぶれることもなく、この辺り街中でも非常に扱いやすい性格のようです。

まずはライディングモードを「コンフォート」にてしばらく走りますが、こちらは反応(スロットルレスポンス)やパワー感が文字通り「コンフォート」。
はじめはこれくらいがちょうどいいと感じたものの、慣れてくると物足りなさを感じてきて一つ上の「スポーツ」へチェンジ(ライディングモードの切り替わりにはタイムラグがある)。
こちらになるとパワー感がグッと高まり、レスポンスも鋭くなって一気にエンジンが高回転まで吹け上がるように感じます。

cbr6

その上の「スポーツ+」だとこれはもうパワーが出すぎな印象があり、スロットルON/OFFの落差も大きくて街中では逆に扱いにくい印象(これはサーキット走行においてもっとも最適化されたモードだと思われる)。

試乗においては「スポーツ」がもっとも適当だと判断して走行を続け、慣れたところで回転数を上げてみますが、さすが「レッドゾーンは14,000回転から、許容は16,000回転まで」というエンジンだけあって高回転の方が「本来の姿」のようですね(サウンドについても同様で、低回転だとやはり小排気量独特の軽さが感じられてしまう)。
幹線道路では低速ギアであっても13,000回転くらいで制限速度に当たってしまうのでそれ以上の回転数を試すことは叶いませんでしたが、その際のサウンドやレスポンス、加速感はまさに自分をこの世の様々な束縛から解き放ってくれるかのようで、あらためて「バイクの自由さ」を感じた次第。

タイトなコーナーでもちょっと車体を倒せば簡単に曲がってゆくため運転は痛快そのもので、このままずっと乗っていたいと思わせる一台です。

なお、250ccのスーパースポーツというとややエキセントリックなイメージもあり、しかしCBR250RRは拍子抜けするほど扱いやすいバイク。
見た目もエキゾチックですが実際はかなりフレンドリーで、そのエンジン出力特性についても「どこまで回転数を上げることができるか」を安心して試すことができるだけの懐の深さを持っています。
重心が低いため車体を傾けてもバランスを崩すことがなく、そこからもアクセルを開けても安定した姿勢を保っていて、初めて乗った気がしないほど体と感覚に「馴染む」バイクでもあります。

クルマでも同じですが、「速い速度域でも安全に走れる車両は、日常の速度域においても安全かつ扱いやすい」ということを再認識させられる試乗となりました。

なお、ホンダCBR250RRの0-100キロ加速について、公式発表はないものの5秒以下(4.8秒くらい?)。
クルマで同等の加速を持つものだとホンダNSX-R(2002)、VWゴルフR(2016)、日産R34 GT-R(1999)、ランボルギーニ・カウンタックQV(1985)、といったところ。

cbr3

いくらで買えるのホンダCBR250RR?

そこで気になるホンダCBR250RRの乗り出し価格。
サクっと見積もりをいただいたので、ここで紹介してみたいと思いますが、総額は94万円で、これはロレックス・サブマリーナ(ノンデイト/Ref.114060)と同じくらいの価格となっています。

車両本体価格 806,760円
値引き 38,000円(諸費用)
手続き代行費用 25,300円
防犯登録費用 1,650円
ETCセットアップ 2,700円
自賠責保険料 15,720円
重量税 4,900円
盗難保険 23,300円
ナンバー代 530円

(オプション等)
タンクパッド 3,240円+工賃2,376円
ニーパッド 3,240円+2,376円
ヘルメットロック 3,888円+2,376円
ETC 25,380円+17,820円
ETCステー 2,052円
アクリーコーティング(車体) 27,500円
アクリーコーティング(足回り) 5,400円
窒素ガス充填 2,200円

合計940,000円

cbr

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

-■バイク(自転車/自動二輪)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.