ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

アストンマーティンDBSスーパーレジェーラのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは31色、内装は最大17色

| アストンマーティンDBSスーパーレジェーラの内外装選択肢は非常に多い |

アストンマーティンが最新フラッグシップモデル、DBSスーパーレッジェーラのカーコンフィギュレーターを公開。
ボディカラーは31色、インテリアカラーはテーマによって17色、その他オプション多数。
ダクトのカラーやカーボンパーツも「クリア」か「ダーク」、テールランプも「レッド」か「スモーク」、ルーフやドアミラー、ピラーのカバーや素材までが選択可能となっています。

選択肢が豊富なのはアストンマーティンの美点ではありますが、逆に「カラーが多くて選べない」人もいて、ヴァンテージには「デザイナーおすすめ」のコーディネートがすでに用意されていたり。

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラのボディカラーはこんな感じ

ボディカラーはあまりに多くすべてを紹介することはできませんが、ここでいくつかを見てみましょう。
全体的にはシルバーやメタリックグレーが多く、ホワイト系、グリーン系、メタリックレッド系も複数ラインアップ。
一方で明るいレッド、イエロー、オレンジ系は見当たらないようですね(フェラーリやランボルギーニと被るから?。

アップルツリーグリーン。

aston9

ホワイトストーン。

aston6

チャイナグレイ。

aston5

ハイパーレッド。

aston3

コピブロンズ。

aston1

ライムエッセンス。

aston2

その他の選択肢としてはカーボンファイバー製パーツの仕上げが「クリア」か「スモーク」か(いずれもグロス仕上げ)、テールランプについて「レッドもしくはスモーク「、ボンネットルーバーは「グロスブラックかカーボンファイバー」、ミラーキャップは「ボディカラー同色かグロスブラックかカーボンファイバー」、ルーフも「ボディカラー同色かグロスブラックかカーボンファイバー」、ルーフストレーキ(A~Cピラー)も「ボディカラー同色かグロスブラックかカーボンファイバー」。

ホイールは二種類のデザインがあり、デザインによって「テクスチャードブラック/グロスブラック/グロスブラックとサテンブラックのデュオトーン」、「サテンブラックとサテンブロンズのデュオトーン」「ブラックとダイヤモンド切削加工」、ブレーキキャリパーは「ブラック/イエロー/レッド/グレイ/ダークアノダイズド」、バッジ(エンブレム/モデル名)は「クロームもしくはカーボンファイバー」等が選択可能。



アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラのインテリアはこれだけ選べる

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの内装について、大きく分けると「モノトーン」と「デュオトーン」。
素材は「アルカンターラ(1色、ブラックのみ)/ケースネス(自然な風合いの革/17色)/バルモラル(柔らかい革/2色)」。

aston8

そのほかはヒーテッドシート、刺繍(アストンマーティンのウイングエンブレム/DBS)、トリム、シートバックカラー、センターコンソールのパネル、オーディオ、カーペット(13色もある)、フロアマット、シートベルト(6色)、ステアリングホイールなどなど。

aston10

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを買うならこのカラー

色々とカーコンフィギュレーターを試してみたものの、購入するならこの「スカイフォールシルバー」。
映画「007スカイフォール」公開時に設定された新色ですが、その後もずっと継続している人気色です。
なお、ぼくは積極的に「シルバー」を選ぶことはまずないのですが、ことアストンマーティン、しかもDBSスーパーレッジェーラの筋肉質なボディに似合うのはメタリック系、しかもシルバーしかないだろうと考えています(エッジや膨らみが多用されているのでソリッドは似合わない。またブラックやカーボンパーツも多いので、それが目立たないようなカラーは避けたほうがいいと思った)。

テールランプはボディカラーにあわせて「スモーク」、ホイールはグロスブラックとマットブラックの2トーン(珍しい)、ブレーキキャリパーはイエロー、ドアミラーダクト類、ルーフ、ピラーはブラック。
これに購入後、前後カーボンパーツに「イエローのライン」を入れると格好良いだろう、と考えています。

内装はアルカンタラ(ブラック)一色で、そのほかカラーを選べる部分もすべてブラック。

aston11

アストンマーティンDBSスパーレッジェーラ向けにはこんなオプションも

アストンマーティンはDBSスーパーレッジェーラ発売と同時にオプションも公開
現時点ではカーボン製エンジンカバー(CARBON FIBRE UNDERBONNET PACK)約28万円(意外と安い!)、バッグ4個セット(4-PIECE LUGGAGE SET)47万円(カーボンパーツより高い!)、カーボン製汁プレート(CARBON FIBRE TREAD PLATE)27万円、カーカバー7万円~、タイヤクッション(クルマの保管時にこの上に載せておくとタイヤが傷まない)10万円、などが揃います。

10-layers-(medium)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin), ■ニュース
-, , , , ,