>アウディ(Audi) ■ニュース

内装スペシャリストの手がけるアウディ。RS6、R8などインテリアカスタムを見てみよう

投稿日:2018/08/13 更新日:

| ヴィルナーの内装カスタム、「アウディ編」 |

ブルガリアの内装チューナー、Vilner(ヴィルナー)。
カーレックス(Carlex)やニードファクター(Neidfaktor)と並ぶインテリアカスタムの雄ですが、今回はそのヴィルナーが手がけたアウディの内装カスタムを見てみようと思います。

まずこのホワイト内装はアウディRS6。

アウディのカスタムは意外と多い

アウディといえば(昔はともかく)ノーマルでサラリと乗るというイメージが強く、今ではあまりカスタムというイメージのないメーカー。
ですが欧州ではけっこうカスタムされる例も多く、本国のアウディフォーラムにはアウディ自社のカスタム部門「エクスクルーシブ」で内外装ともにカスタムされた車両が展示されることも。

この車両(RS6)についてはどこからどこまでが「アウディ・エクスクルーシブ」で、どこからがヴィルナーの手によるものか不明ではあるものの、とにかく「爽やか」な印象です(ホワイトにブルーのシートベルトという発想はなかった)。

vilner53

そしてこちらもRS6アバント(4F)。
内張り全体を張り替えていますが、ルーフはブラックのアルカンタラ、シートはブラックのスムースレザー。

オーバーヘッドコンソール、ドアトリム、ステアリングホイールのスポークにはグリーンのライン入り。

vilner59

シートベルトはグリーン。

vilner61

シートのステッチはなかなかに珍しいパターン。
ヴィルナーでは常に新しいステッチを考えており、毎回異なる仕上げを見せてくれます。

vilner60

そしてこちらもRS6(欧州ではとにかくRS6の人気が高い)。
かなり珍しい「オールブラック」で、光を吸収するアルカンタラを多用しているために「暗黒面」が強調されているように思います。

vilner58

金属調のパーツもブラックもしくはダーククロームに。
これらによってかなり印象が変化しているようですね。

vilner57

よく見るとステッチはブルー。
カーボンパーツの織柄を見ると、ここにも「ブルーの糸」が入っており、かなり玄人っぽい仕上がりに。

vilner56

サンバイザーもアルカンタラ張り。
ここをアルカンタラやレザーにするとけっこう高級感が出る、と考えています(意外と目に入る部分でもある)。

vilner55

こちらはブラック×アイボリーのR8。
シートバックと座面にはユニークなパターン入りで、ダイヤモンドステッチとの相性も良さそうです。

vilner52

カーペット、ドア内張り、リアバルクヘッド、そしてシートのレバーや「AIRBAG」プレート、位置調整スイッチもアイボリー。

vilner51

シートサイドの樹脂カバーにもアルカンタラ。
ここはドアを開けると真っ先に目に入るところなので、かなり効果が高いカスタムでもありますね。

vilner50

VIA:Vilner

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.