ad-728





>ウラカンの外装カスタムについて ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを変更してみた。やっぱりゴールドがよく似合う?

| ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを交換してみた |

さて、ランボルギーニ・ウラカンのナンバープレートボルトを交換。
先日ポルシェ718ケイマンにて同じようにボルトを交換したとUPしましたが、その際に、「よく考えてみるとウラカンのナンバープレートボルトはガヤルドからのキャリーオーバーだったな」と思い至り、ウラカン専用にボルトを新調してみるか、と考えた次第。

ランボルギーニにはやはりゴールドがよく似合う

なお、ウラカンの納車時には「シルバー」「レッド」「ブラック」「ゴールド」「チタン」等のボルトを試しているものの、「ゴールド」以外はしっくりこず、そしてそのゴールドはガヤルド時代から継続使用しているものであった、というのがコトの経緯。※ランボルギーニのエンブレムにゴールドが使用されていることや、ブレーキキャリパーがイエローであるためだと思われる

L1050112

ちなみにガヤルドにこのボルトを装着したのは2009年なので、もう9年も同じボルトを使用しているということになり、「そろそろ交換してもいいだろう」とも考えたわけですね。
そう考えると、ちょっとくらい高いボルトを購入したとして、今後また10年くらい同じボルトを使用する可能性が高いことを考えると、「モト」は取れそう。

cayman15

そういった事情もあって、今回はゴールドのアルマイトボルトをいくつか探し、手に入れたのは「ボルツェン(BOLZEN)」と「SSK」。
ほかにポジポリーニ製も手配しようと考えたものの、国内には求めるサイズの在庫がなく、これは諦めることに。※左がSSK、右がBOLZEN

L1050109

そのほかにもゴールドアルマイトのボルトを販売しているところは多数あるものの、ウラカンには半端な品質のパーツは取り付けたくなく、よって今回はぼくが納得できる品質を持つものだけをセレクトしています。

L1050108

ちなみにボルトやワッシャーを組み合わせるとけっこう色々なカラーリングを実現でき、ボディカラーやアクセントカラーをボルトに反映させてみるのも面白そうですね。
もちろんワッシャーを組み合わせず、ボルト単体で使用してもOKですし、ほかにも様々な形状のワッシャーがあり、それらを選ぶのもまた楽しそう。

L1050104

これまでの車にはこういったボルトを取り付けてきた

アウディTTはボディカラーがイエローということもあり、やはりゴールド。

アウディTTのちょっとしたカスタム。ナンバープレート用ボルト、バルブキャップ、シート調整レバー

ポルシェ718ケイマンはグレー&ブラックのモノトーンを追求しており、よってボルトは「ブラック」。

ポルシェ718ケイマンのナンバープレート固定ボルトを変更してみた。納車後の「お約束」

BMW i3はボディカラーとアクセントカラーの「エレクトリックブルー」を反映させ、ブルーのワッシャーにグレーのボルトを組み合わせ。

BMW i3のナンバープレート固定ボルトをクルーズ製に変更してみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ウラカンの外装カスタムについて, ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,