ad-728





>フェラーリ(Ferrari) ■近況について ■ニュース

シンガポールのフェラーリディーラーに行ってきた!F1マシン、希少な488ピスタの展示も

2018/10/07

| シンガポールではフェラーリが大人気 |

さて、シンガポールのフェラーリディーラーを訪問。
ポルシェやランボルギーニのディーラーとほど近く、まとめて訪れることができるので便利ですね。

なお、シンガポールにおけるフェラーリディーラーの経営母体は「ITAL AUTO PTE」。
ちょっと面白いのは、ポルシェのディーラーであれば「ポルシェセンター”なんとか”(なんとか、は地名)」、ランボルギーニだと「ランボルギーニ”なんとか”」という感じで名称が統一されているものの、フェラーリの場合は「フェラーリ”なんとか”」ではなく、運営母体の名称がそのままディーラー名となっているようですね。

シンガポールのフェラーリディーラーはこんな感じ

シンガポールのフェラーリディーラーの外観はこんな感じ。
隣は同じ会社が経営するマセラティの正規ディーラーです。
フェラーリディーラーの前にはイベントに使用したと思われる、スポンサーのステッカーが貼られたカリフォルニアTが置いてあります。

IMG_0996

ディーラー内はかなり広びろ。
6〜7台は入りそうなスペースですが、「非常によく売れる」とのことで置いてあったのは販売用のフェラーリが4台、そしてF1マシンが1台(シンガポールで最も人気の高いフェラーリのボディカラーはダントツでレッドとのこと)。

IMG_0991

シートとその素材を展示しているコーナー。

IMG_0980

ブレーキキャリパーやステアリングホイール。
そのほかカーボンパーツを展示しているスペースも。

IMG_0978

商談スペース。

IMG_0972

VIPコーナー。

IMG_0959

こちらは販売用のフェラーリ488スパイダー。

IMG_0971

そしてフェラーリ・ポルトフィーノ。

IMG_0969

フェラーリGTC4ルッソ。
この車両のみ価格の記載がありましたが、その価格は税金込みでなんと1億円オーバー(シンガポールでは車の価格が日本の3倍くらいする)。

IMG_0952

フェラーリ488ピスタの展示も

そして超希少車、フェラーリ488ピスタの展示も。
そして何度みても気になるのがこの「スポイラーの隙間から顔を出している跳ね馬(プランシングホース」。

これはこれでユーモラスであり、ぼくとしては「アリ」だとは思うのですが、空気抵抗にはなりそうです。

IMG_0964

フェラーリ488ピスタ特有のドリフィンテール。
そのほか、リアバンパー下のダクト、巨大なディフューザー、テールエンドの位置など、488GTBとは多くの点で相違がありますね。

IMG_0960

どこからどうみても「空気逃れ」が手に取るようにわかるのは488ピスタの特徴。

IMG_0919

エンジンルームのほか、あちこちがカーボンだらけ。

IMG_0921

大きく絞り込んだサイドは最新フェラーリの一つの特徴で、ポルトフィーノも同様のデザインを持っていますね。
これによって、相対的に前後フェンダーが大きく張り出したように見え、ぐっと迫力が増しています。

IMG_0926

フロントはバンパー先端からフードの上をエアが抜ける構造。

IMG_0941

そしてフローティングマウントされたフロントスポイラー。
そのほかの画像はFacebookのアルバム「フェラーリ・シンガポール」に保存しています。

IMG_0948

シンガポールのフェラーリディーラーはここにある

マリーナベイ地区からは車でだいたい20分くらい、電車(MTR)では「RED HILL(レッドヒル)」が最寄となります。

ITAL AUTO PTE LTDADDRESS:30 Leng Kee Road, Singapore
TEL:(+65) 64751118

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,