>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メルセデスAMG ONEは「市販車最初のハイブリッド電動ターボ」搭載車に?そもそも電動ターボってどんな種類があるの?

| ターボチャージャーも昔と違って多様化してきた | 強化される排ガス規制のために開発が遅れていると言われるメルセデスAMG ONEですが、AMGのボス、トビアス・メアース氏が「AMG ONEには電動ターボを使用する。そしてAMG ONEは電動ターボを使用する世界ではじめてのガソリン車になる」と語っています。ちなみに「電動ターボ」はディーゼルだとアウディQ7 TDIに採用され、ガソリン車でもメルセデス・ベンツS450やAMG 53系に採用済み。 となるとAMG ONEは「ガソリン車初の電動ターボ」とななり ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど

今度はランボルギーニ・ヴェネーノ!タイからトヨタMR-Sベースのレプリカ(無理がある)が登場

| ヴェネーノとMR-Sでは全長1メートル以上、幅では40センチ近く差がある | 世界中で報告されるスーパーカーの「レプリカ」。今回はタイより、ランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターのレプリカ製作風景が公開に。なお、ベースとなるのはトヨタMR-S。MR-Sのボディサイズは全長3,895ミリ、全幅1,695ミリ、全高1,235ミリなので、全長5,020ミリ、全幅2,075ミリ、全高1165ミリというヴェネーノ・ロードスターとは相当にボディサイズに差があります。そのためMR-Sをベースにヴェネーノのレプリカ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはどこへ行く?トヨタとエレクトリック分野では袂を分かち「独自技術のEVを2020年に発売、2021年以降にはPHEV発売」

| マツダにはエレクトリック技術を単独で進めるノウハウも資金も無いはずだ | ますます厳しさを増す欧州の環境規制。報道によればシボレー・カマロ、コルベットはこの規制に対抗できないために「年内に(欧州では)販売終了」だと言われます。そういったハイパフォーマンスカーでなくともこの問題に直面しているのは同じであり、Auto Newsによると、マツダはこれに対応するため2020年に「ブランド初の」ピュアエレクトリックカーを発売し、2021-2022年にかけてプラグインハイブリッドカーを数台発売する、としています。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMGが「800馬力のGT73」を発表とのウワサ。GLS、Gクラス、Sクラスにも「73」設定?

| やはりハイブリッドシステムは開発に時間がかかるようだ | メルセデス・ベンツがAMG船外モデル「GT 4ドアクーペ」に「GT73」を追加する、というウワサ。現在、同シリーズには直6/3リッター+マイルドハイブリッドの「GT43」「GT53」、4リッターV8ツインターボエンジンを積む「GT63S」がラインアップされています。ただし、メルセデスAMG GT 4ドアクーペが発表される前には「4リッターV8ツインターボ+ハイブリッド」によって805馬力を発生するモデルが最初に登場すると言われており、しかしそれ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVO展示イベントへ!ランボルギーニ大阪は一晩限りの「バータイム」営業

| ショールームでは”ミクソロジスト”濱口貴志によるフローズンカクテル提供も | さて、ランボルギーニ大阪さんにてウラカンEVOのお披露目会”Huracan EVO Exhibition Days”が開催され、ウラカンEVOを見にゆくことに。以前にウラカンEVOの内覧会は開催されているものの、前回はゆっくり見ることができず、改めてウラカンEVOをチェックしています。展示車両はパールオレンジにグロスブラックのアクセントを持つ個体で、内覧会にて公開された車両と同一のようですね。 ランボルギーニ・ウラカンEVO ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

骨の髄までスパルタン!ホンダのスーパースポーツバイク、CBR250RRが納車された

| ある意味、我が家でもっともスパルタンな乗り物に | さて、先日注文したバイク、ホンダCBR250RR<ABS>(MC51)が納車に。ぼくは突然バイクやクルマを購入することがありますが、今回もやはり突然。CBR250RRについて、以前から「欲しい」とは考えていたものの、ホンダドリームを訪れ、その場で「これちょうだい」という形での契約となっています(ただしそれまでも試乗したり、購入しようと考えたことはあった)。用途としては日常の足。ただ、「足」といえども、どうもぼくはレスポンスのいい乗り物以外にはあまり馴 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M3 ”DTMエディション” が1000万円で販売中!1000万円でも安いと思えるその内容を見てみよう

| ここまで手が入ったM3も珍しい。とくにレトロな仕様はマニアにはこたえられない | 美しくカスタムされたE30世代のBMW M3が中古市場に登場。これはKoch Klassicがカスタムした車両で、独自に「DTM Edition」と命名されたもの。その販売価格は約1000万円とかなり高額ではありますが、ここでどういったカスタムが施されているのかを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿BMW135iにM3のV8エンジンを積んだ挙句ボアアップしたツワモノ登場(動画あり)【競売】ジワジワ値を上げるメルセ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >テスラ(TESLA)

シビック・タイプRもパトカーに導入したオーストラリア警察が今度はテスラ・モデルXをパトカーに。「維持費が安くていい」

| けっこうオーストラリア警察は資金的に余裕がある? | オーストラリアはビクトリア州の警察が「テスラ・モデルXをパトカーに採用した」と発表。世界中では多くの警察がスポーツカーやスーパーカーをパトカーとして採用する例があるものの、テスラ・モデルXを警察車両に加えるのは非常に珍しい、と思います。加えて、そういった「ハイパフォーマンス警察車両」に多くはプロモーションを目的に採用しているものの、今回のモデルXについては実務に当たるとしており、これもやはり「かなり珍しい」例ですね。 こちらもオススメ、関連投稿オー ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン、トヨタがル・マンに新設される「ハイパーカークラス」への参戦を表明。フェラーリ、マクラーレンもぜひここへ参加して欲しいところ

| フェラーリがワークスとしてル・マンに復帰することを期待したい | 一時は「計画倒れ」となりそうだったル・マンふくむWEC(FIA世界耐久選手権)のハイパーカークラス創立プロジェクト。せっかくカテゴリを作ったところで参加車がいないのではないかと思われたものの、今回アストンマーティンが2020−2021シーズンに「少なくとも」2台のヴァルキリーを走らせると公表。このハイパーカークラスは現在のLMP1クラスの置き換えになる予定ですが、ヴァルキリーのような市販車が参加できるとなると、LMP1とはかなり性質が異 ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダ初のEV、ホンダeの詳細がちょこっとだけ公開。プラットフォームは専用設計、重量配分は50:50、駆動輪はなんと後輪

| ある意味では今のホンダで一番スポーツカー的 | 先日欧州にて予約の受付を開始したホンダ初のEV、「ホンダe」。予約開始時はその詳細が不明であったものの、今回ホンダがその内容について公開しています。なおEVについてはホンダeに限らず、「詳細不明」「価格も不明」のまま予約を開始することがありますが、それでも「数千から数万」の申し込みがあることには驚かされます。 欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

ReadMore



>ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウルスの展示会へ行ってきた!イエローとグレーの二台を比較してみよう

投稿日:

| ランボルギーニ・ウルスは見れば見るほど良くできている |

ランボルギーニ大阪さんにて展示中の新型車「ウルス」。※10/13-10/14はランボルギーニ神戸さんにて展示
展示車はメタリックグレー(GRIGIO LYNX)とイエロー(GIALLO AUGE)で、これはちょうどウルスが発表された際の公式フォトに使用されていたカラーでもありますね。

これまでダーク系のウルスはプロトタイプ、そして屋外の展示でも見たことがあるものの、このイエローを目にするのははじめてです。








ウルスはいい意味でこれまでのランボルギーニ「らしくない」クルマ

そしてウルスを実際に見て驚かされるのは、やはり細部までとことんこだわり抜いた仕上げがなされているということ、そしてこれまで以上に「Yアロー」や「ヘキサゴン(六角形)」が強調されている、ということ。

L1050684

前者に関してはブランディングの一環でもあり最近はどのメーカーでも注力している傾向で、しかし後者については「ある意味ランボルギーニらしくない」と思われる可能性があるウルスを”まぎれもないランボルギーニ・ファミリーの一員である”と知らしめるためだと考えています。

たとえば「Y」だとデイタイムランニングランプの光り方はもちろん「Y」。

L1050641

テールランプの光り方も「Y」。
ここまではウラカン、アヴェンタドール共にて同じように採用される手法ではありますね。

そして「ウルス特有」となるのは、ヘッドライトやテールランプのハウジング内にまで「Yアロー」が(エッチング風加工にて)用いられていること。
加えて、デイタイムランニングランプの発光パーツの表面には無数の「ヘキサゴン」が用いられています。

L1050627

さらにはスピーカーのグリルやフットレストに「Yアロー」が用いられ、これだけのパーツに同一モチーフが反復使用されるのは、ランボルギーニでは非常に珍しいいことかもしれません。

つまり、こういった「ランボルギーニのデザインエレメント」を繰り返し使用して見せることで「ランボルギーニらしさ」を出してるんじゃないかとぼくは考えています。

L1050675

ちなみにヘッドライトは発光するとこんな感じ。

L1050682



なお、内装は5人乗りと4人乗りを選択可能。
4人乗りだと後席のシート左右が「独立」した形状となります(画像は5人乗り)。
こちらはメタリックグレーのウルスに採用されている内装ですが、ヴィンテージ調の仕上げが施されるレザーにウッドパネル、というエレガント仕様です。

L1050657

一方こちらは4人乗り。
ブラックのレザー/アルカンタラにイエローステッチ、というコントラストの強い、スポーティーな仕様ですね。

L1050689

メーターはこういった表示を採用していて、これはウラカンよりもアヴェンタドール(もしくはウラカン・ブニュット)に近いデザインです。

L1050658

ちなみにエアコンパネルやインフォテイメントシステムを操作した様子は下記の動画でも確認可能。
アウディA7/A8と同世代のインフォテイメントシステムを採用しており、タッチパネルで操作を行うと、タッチした際に「微妙に画面が振動して」フィードバックを返してくれます(タッチパネルは確実にタッチできたかどうかがわかりにくい場合があり、それを防ぐためだと思われる)。

そのほか「おおっ」と思ったのは、タイヤハウスの内側。
なんとここにもヘキサゴンが用いられています(フェンダーの内側までデザインがなされたクルマはウルスの他にないかもしれない)。

L1050649

そしてこちらはオプションですが、カーボン製のフューエルフィラーキャップ。
リアルカーボン製で、非常に軽量です。

L1050678

バング&オルフセンのオーディオシステムをオプションで選択すると、こんな感じで「ACC電源をONにすると、自動でせりあがってくる」ツイーターも装着。※これはアウディでおなじみ

L1050676

メタリックグレーのウルスのホイールはグロスブラックに切削加工。
フェンダーモールはボディ同色ですね。

L1050633

イエローの方はマットグレーのホイール(デザインは上のホイールと同じだが、印象は全く違う)にフェンダーアーチがグロスブラック。

L1050650

この「グロスブラック」はオプションにて「シャイニーブラック・スタイルパッケージ」を装着することで実装されるものですが、正直「かなり印象が変わる」ということもあり、ぼくとしては非常にオススメのパッケージオプションでもあります。

ランボルギーニ・ウルスのコンフィギュレーター公開。さっそく「自分仕様」を作ってみた

L1050695

マフラーエンドもクローム、ブラックから選択が可能。
ウルスのリアディフューザー部分やサイドのロッカーパネルには「マットシルバー」が採用されており、よってボディカラーを選ぶ際にはこの「マットシルバーとの相性を考える必要」があるかもしれませんね。

L1050648

つまりボディカラーとこのシルバーがマッチするかどうか、そこへ「シャイニースタイルパッケージ」をプラスすれば「ボディカラー+マットシルバー+グロスブラック」という3色が調和するかどうか、を考慮に入れなければならず、ウルスはオプションが豊富であるという性質上、使用決定注文)前には「しっかりシミュレーションしておく」ことが重要だと言えそうですね。

ウルスはオプションがたくさんあるので「あれもこれも」装着してゆくと”かなりな額”にはなってしまいますが、同じフォルクスワーゲンのグループに属するアウディ、ポルシェ、ベントレーとのシナジー効果を生かしたクルマでもあります。
よって標準装備内容は非常に充実していて、「オプションなし」でもかなりレベルの高い機能を持っているのは間違いないところ。

そのため「カラーや装備にこだわって、自分だけの一台を仕上げる」のも良いですし、オプションを装着せず「足」という感覚でサラリとのるのも良さそうですね。

ランボルギーニ・ウルスの見積もり取得。希望の仕様・オプションにて乗り出し3000万円

他の画像はFacebookのアルバム「Lamborghini URUS」に保存しています。

ランボルギーニ大阪
3-6-1 Kitakyuhojimachi Cyuo-ku Osaka
TEL:06-6282-0357

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ・ウルス関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.