■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系 ■ニュース

クルマ好きには見逃せない!ドライバーのためにデザインされたセイコー×ジウジアーロ腕時計が19年ぶりに復刻

投稿日:

| 久しぶりに出た、セイコー×ジウジアーロのデジタルモデル復刻盤 |

セイコーがかつてジウジアーロとのコラボによって人気を博したデジタル腕時計を11月23日に発売する、と発表。
これは1983年に発売された「セイコー×ジウジアーロ スピードマスター」の35年記念となる復刻モデルで、1999年に一度限定にて復活したのちはずっと発売が無く、記憶している範囲では今回が二度目の復刻となります(”スピードマスター”の名がつくのは初代のみ)。

今回登場するのはセイコー本体より発売される「SBJG001(税抜き35,000円)」「SBJG003(税抜き39,000円)」(それぞれ3000本限定)、セレクトショップ限定の「SBJG005」「SBJG006」「SBJG007」「SBJG009」「SBJG011」「SBJG013」(それぞれ500本限定、価格は税抜き35,000円~39,000円)。

セイコーはときどきジウジアーロデザインの復刻モデルを発表する

セイコーが1983年代に発売した「ジウジアーロ・デザイン」の腕時計はこんな感じ。
いちばん左は2013-2015年に復刻され、その右横は2015-2016年に復刻(映画「エイリアン」に登場し、”リプリーモデル”としても有名)されています。
そしてその右横が今回の限定モデルですが、いちばん右は今のところ復刻なし(たぶんそのうち出てくる)。

seiko2

なおぼくはジウジアーロ・デザインの腕時計が大好きで、現在8本を所有しており、そのうちの2本が今回復刻される「デジタル(ブラックとゴールドを持っている)」。
そしてぼくは無類のデジタル腕時計好きということもあり、今回も2本ほど仕込んでおくか、と考えています。

お気に入り腕時計のもうひとつの傾向「ジウジアーロ」デザイン

ジウジアーロの腕時計はライダーやドライバーのためにデザインされている

なお、ジウジアーロは主に自動車のデザインで有名ですが、その流れで「ドライバーオリエンテッド」なデザインが多いのも特徴。
ベルトの中心線から文字盤がオフセットされているのも「ライダースジャケットの袖と腕時計がかぶらないよう」配慮したデザインによるものです。

セイコー・アストロン×ジウジアーロの限定腕時計を購入。30万円の価値があるかを検証する

そして今回の復刻シリーズの「20度傾いた文字盤」も同様で、これは自動車のステアリングホイールを握った状態でも時刻を確認しやすい角度に調整している、とされていますね。

seiko4

裏蓋にはこんな感じでシリアルとジウジアーロ・デザインのロゴ。
GIUGIARO DESIGNの上にある「IDG」は「イタルデザイン」「デザイン」「ジウジアーロ」三つの頭文字を組み合わせたもの。

イタルデザインは1968年にジョルジエット・ジウジアーロ氏によって設立された会社ですが、2015年にはフォルクスワーゲングループによって買収され、株式は同じくフォルクスワーゲングループに属するランボルギーニが管理しています。

最近だと「日産GT-R50」をイタルデザインが製作したことで一気に日本でもその名を知られることとなり、同じ会社ではあるものの自動車のデザインは「イタルデザイン」名義で、そしてそのほかの工業製品(今回の腕時計など)は「ジウジアーロ」名義でデザインすることが多いようです。

seiko3



今回のセイコー×ジウジアーロには別注モデルが6つもある

そして今回最大のトピックはセイコーとは別に、セレクトショップの限定モデルが6種類も発売される、ということ。
ここでそれぞれのモデルを見てみましょう。
これらはそれぞれのセレクトショップでしか購入できないということになりますが、各ショップとも予約をオンライン上で受け付けており、おそらくは早々に完売するモデルが出てくるかもしれません。

まずはナノ・ユニバース(nano universe)限定、SBJ005(税抜き35,000円)。
シルバーの本体はセイコーモデルと同じですが、液晶が「反転」、ベゼルの文字がオレンジとなっていますね。

seiko5

そしてビームス(BEAMS)モデル、SBJG006(税抜き39,000円)。
唯一のゴールドモデルで、以前に復刻販売されたとの相違は「反転液晶」。

seiko6

ユナイテッドアローズ(UNAITED ARROWS)からはグレーにゴールドという渋い色合いのSBJG007(税抜き39,000円)。
このケースカラーはこれまでに復刻された中にも、オリジナルにも存在せず、おそらくは「一番人気」になるんじゃないかと考えています。

seiko7

そしてシップス(SHIPS)からは「シップスらしいブルー液晶」のSBJG009(税抜き39,000円)。
ベゼルの文字もブルーですね。

seiko8

エストネーション(ESTNATION)版は「オールブラック」のSBJG011(税抜き39,000円)。
ベゼルの文字がレッドとホワイト、グリーンという「イタリアンカラー」。
イタリア車、そしてジウジアーロ(イタルデザイン)によるクルマに乗る人には外せない選択です。

seiko9

バーニーズニューヨーク(BARNEYS NEWYORK)からはシンプルにブラック×ゴールドなSBJG013(税抜き39,000円)。
1983年のオリジナルカラーに近く、これもなかなかに捨てがたい選択ですが、意外や「ゴールド」が入ると(服に)合わせづらいかもしれません。

seiko10

VIA:SEIKO WATCH

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.