>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

超レアモデル、ケン・オクヤマ「Kode 0」「Kode 57」が中古市場に登場。Kode 0は1億5000万円

投稿日:

Kode 0はランボルギーニ・アヴェンタドール、Kode 57 Enjiはフェラーリ599ベース

ピニンファリーナ在籍時に「エンツォフェラーリ」をデザインしたことで知られるケン・オクヤマ氏。
現在は「ケン・オクヤマ・デザイン」を主催し、自動車のほかトラクター、はては茶器など様々な製品のデザインを行っています。

そのケン・オクヤマ氏が2017年に発表したのがフェラーリ599をベースとした「Kode57」、そしてランボルギーニ・アヴェンタドールベースの「Kode0」。
ともにワンオフもしくは少量生産だと語られていますが、今回その両者が中古市場へ登場しています。

ケン・オクヤマ「Kode 0(コード・ゼロ)」はこんなクルマ

まずこちらは「Kode0」。
1970年代のコンセプトカーを現代に蘇らせるということがコンセプトだとされ、フェラーリ・モデューロ(大阪万博に展示され、そこでケン・オクヤマ氏はこれを見て衝撃を受けたとされる)、ストラトス・ゼロの影響を受けたとされるクルマ。

そのネーミングの「ゼロ」も「ストラトス・ゼロ」をイメージしたのかもしれませんね。

dsc_3922-2_0

上述の通りベースはランボルギーニ・アヴェンタドールで、しかしボディパネルは新デザインの採用とともにカーボンファイバーへと置き換えられています。
全長は4635ミリ、全幅2125ミリ、全高は1135ミリとなり、ホイールサイズはフロント20インチ、リア21インチ。

dsc_3971-2_0

エンジンはアヴェンタドールと変わらずV12自然吸気で700馬力を発生。
車体重量は1550キロ、とのこと。

dsc_4012-2_0

ボディパネルはシルバーですが、内側やドアを開けて見える部分は「グリーン」に。

dsc_3976-2_0

走行距離は2200キロ、価格は1億5000万円、とのこと(価格だけ見ると高価だが、その価値を考えるとお買い得だと思う)。
なお、この個体はジェイレノ・ガレージにも登場していますね。

ケン・オクヤマKode 57Enjiはこんなクルマ

そしてこちらも同時に売りに出されている「Kode 57Enji」。
フェラーリ599をベースとし、やはり大きくカスタムされています。

dsc_3945_3

全長は4650ミリ、全幅2080ミリ、全高1175ミリ。
エンジンは6リッターV12自然吸気で620馬力を発生し、車体重量は1650kgだと紹介されています。
トランスミッションは6速セミオートマティック。

dsc_4063_4

特徴的なのはこのドアの開き方で、通称「バンザイ・ドア(ケン・オクヤマ氏いわく)。

dsc_4133_4

Kode57Enjiは4台のみが限定にて生産されるとアナウンスされており、新車価格はベース車両+2億円ほど。
ネーミングの「Enji」は「えんじ色」に由来する、とのこと。

dsc_4150_4

ボディパネルはカーボンファイバー製で、天地の低いラップラウンドスクリーン、エンジンが露出するフロントフードが大きな特徴。

dsc_4071_1

基本的なデザインはケン・オクヤマ氏がピニンファリーナに在籍していたことにデザインした「ピニンファリーナ・ロッソ」がベースとなっているようですね。
ちなみにKode57Enjiの足回りはノヴィテック製。

インテリアはベース車両のフェラーリ599のパーツを使用しているものの、全体的に大きく作り変えられています。

dsc_4160_5

左右で基本カラーの異なるデザインを持っており、なかなかに刺激的な車でもありますね。

dsc_4589_5

こちらのKode 57 Enjiの販売価格は不明ですが、走行距離は21,700キロ。
こういったクルマとしてはかなりの距離だと思いますが、おそらくこの距離の多くは「ベース車両の」フェラーリ599が稼いだものかもしれません。

VIA:ClassicDriver

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.