>その他アメリカ車

【動画】かつて「世界最速」だったベクターW8はこんなクルマ!1990年代にはランボルギーニと同じグループだったことも

| 当時このクルマはSF映画に出てくる乗り物のように見えたに違いない | 非常に珍しい、ベクター(ヴェクター/VECTOR)W8の試乗レビューが登場。「ベクター」が会社名、「W8」が車名ということになりますが、ほとんどの人はベクターを知らないと思うので、簡単にその歴史を記すと下記の通り。意外と長い歴史を持つスーパーカーメーカーでもあり、つい最近、新型車を発売するということを予告していますね。ちなみにベクターは「アメリカで最初のスーパーカーメーカー」だと表現されることも多いようです。 1971年にてゼラルド ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

トヨタ「スープラは毎年バージョンアップ。MT、パワーアップ、どちらが欲しい?」トヨタはスープラのヒットに際し早くも派生モデルを検討か

| トヨタ・スープラの発売、そしてBMWとの協業は「成功」だったと言って良さそう | とにかく日米ともに新型スープラの話題で持ちきりですが、つい最近、トヨタは世界中のカーメディアを菅生に招いてスープラの試乗イベントを開催した模様。そこでAutoindustriyaが新型スープラ開発責任者、多田哲也氏に「よりパワフルなエンジン、そしてマニュアル・トランスミッションは登場するのか?」と訪ねたところ、「どちらを先に欲しい?」と逆に聞かれた、とのこと。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

この色ははじめて見た。グレーにゴールドのフェラーリ458スペチアーレ

| 多彩なカラーが出回っているフェラーリ458スペチアーレといえど、グレーは珍しい | オーストリアにて目撃されたというフェラーリ458スペチアーレ。458スペチアーレは、それまでのフェラーリの限定モデルとは異なって多くのカラーバリエーションが目撃されていますが、今回の個体は珍しい「グレー」。これまでにもオレンジやグリーン、ブルーなど様々な458スペチアーレの画像がネット上に出回っているものの、「グレー」を見た記憶はありません。そして、この「グレー」の458スペチアーレにて特筆すべきは「ゴールド」をアクセ ...

ReadMore

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ■近況について ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系 ■ニュース

今日のランボルギーニ・ウラカン。久しぶりに撮影をしてきた!ちなみに撮影機材はこんなモノを使用している

| クルマの撮影はロケーション選定、気候などなかなか思うようにゆかない | さて、久々にランボルギーニ・ウラカンの撮影。過去にも何回か撮影を行っていますが、(カメラの)レンズを新しく購入してからはまだ撮影の機会がなく、いっちょ試し撮りでもしてみるか、という感じです。撮影場所は主に大阪・天保山の第7岸壁、通称「ナナガン」(ナナガンじゃないところでも撮影)。日曜日は一部が封鎖されて入ることができないものの、それでも一部では撮影が可能です。 以前にポルシェ718ケイマンの撮影を行ってきた様子はこちら。 久しぶり ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェイスリフト版「新型ベントレー・ベンテイガ」の試作車がはじめて目撃に。ヘッドライトは巨大化、テールランプは横長に?

| 少なくとも現行モデルよりはアグレッシブな外観が与えられることになりそうだ | ベントレー・ベンテイガのフェイスリフト(マイナーチェンジ)版プロトタイプがはじめて目撃。ベンテイガは2016年に発売されており、順当に行くと2020-2021年あたりにモデルライフ中盤のフェイスリフトを行うことになりますが、そのための準備を進めている、ということになりそうですね。画像を見ると、前後がカモフラージュ用のパネルとシートで覆われ、つまりはこの部分が変更されると考えて良さそうです。

ReadMore

>フォード(FORD) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これがフォード・ベイビーブロンコ?試作車に貼られたカモフラージュシートのメッセージがユニークだと話題に

| それは新型ベイビー・ブロンコの性格を如実に表していた | フォードは久しぶりに「新型ブロンコ」を発表する予定ですが、そのブロンコには”より小さな”、ベイビーブロンコ(名称は未定)が設定される、とのウワサ。もし「ブロンコとベイビーブロンコ」が同時発表されれば相当に面白いことになりそうですが、ここ最近目撃されているのが当のベイビーブロンコのプロトタイプ。画像の試作車がまさにその「ベイビーブロンコ」と言われていますが、カモフラージュ用のシート、そして偽装用のパネルにて覆われています。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI)

【動画】今度は白亜の殿堂にてフェラーリ、ブガッティのコレクター。珍しいボディカラー”Vinaccia”の599GTOでドライブしてみよう

| まさに「いいものだけを世界から」 | 訪米中のShmee150氏ですが、アメリカ西海岸のスーパーカー/ハイパーカーコレクターのガレージを積極的に訪問中。そしてスーパーカー系ユーチューバー多しといえど、この人ほどガンガン動画をアップする人もないだろう、というほどのハイペースです。今回紹介するのは白亜の殿堂ともいうべき瀟洒な邸宅。その中には暖炉やピアノがあり、そしてブガッティ・ヴェイロン、ラ・フェラーリほかが鎮座しています。 こちらもオススメ、関連投稿ブガッティが最新限定モデル「110 Ans Editi ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェがミドシップスーパースポーツを発売するとこうなる?というレンダリング。しかし実際にそれはないだろうとボクが考えるその理由

| ポルシェは過去に「新型ミドシップスーパースポーツ発売」と言われていた | Behanceにて、複数アーティストによる合作、「ポルシェ988ヴィジョン」が公開。ポルシェの新型ミドシップスポーツカーということになりますが、なんとも大胆な造形を持っていることがわかります。雰囲気的には718ケイマンと918スパイダーとをかけあわせ、ブガッティ・ディーヴォのようなヘッドライトを持っているように見えますね。このクルマがどのポジションに存在するのかは不明ではあるものの、ポルシェは911の上に位置する「ミドシップスー ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >韓国の自動車メーカー

米にて自動車ブランド別満足度調査結果。レクサスは安定の1位、韓国勢は下位に沈む。一方で欧州勢がランキングを上げ、日本車を脅かす位置にまで上昇

| 日本のメーカーはモバイルアプリ系に弱く、アメリカ人の求める基準に達していないようだ | アメリカン・カスタマー・サティスファクション・インデックス(ACSI)による、自動車メーカーの満足度調査が公表され、予想通りレクサスがトップに。なお、他社の調査ではヒュンダイやキアが上位に来るケースが見られますがlACSIの調査結果だとけっこう下に位置しており、この内容のほうが「自分の感覚に近い」と考えています。ここで、今回の内容についてその詳細を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿米調査「購入段階での顧客 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】マットオレンジにグロスブラック!カラーを絞り「光沢」のコントラストで勝負したランボルギーニ・アヴェンタドール

| このカラーのアヴェンタドールSVJはじはじめて見た | 様々なボディカラーが存在するランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ネット上を見る限り、アクセント等も含めて「二台として同じボディカラーの個体はないんじゃないか」というほどですが、今回もまた、これまでに見たことがないカラーリングのアヴェンタドールSVJが登場。紹介するのはおなじみカナダのランボルギーニディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエ ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ最高峰、「63S 4MATIC+」を見てきた!シビれるマットカラー採用、動画、画像も大量公開

投稿日:2019/03/22 更新日:

AMG 63シリーズ最強最速なのに内装はもっともエレガントだった

さて、メルセデス・ミー大阪にてメルセデスAMG GT 63S 4MATIC+の展示車が入ったので見にゆくことに。

ボディカラーはオプション扱いとなるマットペイントの「ブリリアントブルーマグノ」(メルセデス・ベンツではマットカラーのことを”マグノ”と表記)、インテリアは「マキアートベージュ/マグマグレー(フルレザー仕様/ナッパレザー、ダイヤモンドステッチ入)」。

装着されるオプションはBurmesterハイエンド3Dオーディオパッケージ、AMGパフォーマンスパッケージ、AMGカーボンパッケージ、ガラススライディングルーフ、車両本体価格は2353万円(オプション抜き)。

その顔つきはまさに「プレデター」

メルセデスAMG GT 4ドアクーペについては、以前に「地下駐車場」にて限定公開されたときに見てはいるものの、ちゃんと見るのは今回が初めて(そのときは他の車に挟まれていて、インテリアも見ることができなかった)。

画像に含まれている可能性があるもの:車


メルセデスAMG GT 4ドアクーペシリーズはメルセデス・ベンツCLSと同時開発されたAMG専売の4ドアクーペで、ポルシェ・パナメーラに真っ向からぶつけたクルマ。

写真の説明はありません。

そのパフォーマンスたるや凄まじく、エンジンは4リッターV8ツインターボを採用し、これは「AMG GT」シリーズと同じエンジンではあるものの、そのトップレンジ「AMG GT R」の585馬力をも超える639馬力(もちろんAMGの63モデルの中では”最強”)。

写真の説明はありません。

トランスミッションはAMG GTよりも2段多い9速AT、駆動方式は4WDとなるために加速/トラクション性能に優れ、その0−100キロ加速はなんと「3.2秒」を誇ります。※AMG GT Rは3.6秒

画像に含まれている可能性があるもの:車

フロントは現行メルセデス・ベンツの採用する最新デザイン「シャークノーズ」。

写真の説明はありません。

フロントグリルはもちろん縦ルーバーが特徴的な「パナメリカーナ・グリル」。
それにしてもマットカラーが格好良いと思うものの、展示車は沢山の人がボディに触れていて、手の脂が付着しそれがかなり目立つ状態。

マット仕上げは下手に擦ると「テカって」しまうのでそういった場合の対応が非常に難しいと思われ、なかなかに神経を使うカラーでもありますね。

写真の説明はありません。

フロントのエアインテークはかなりアグレッシブ。
もちろん「ダミー」ではなくちゃんとエアを吸う構造です。

なお、マットなボディカラーに比してバンパーインサートやカーボンパーツが「グロス仕上げ」となっていて、これが見事なコントラストを成している、と思います。

写真の説明はありません。

なお、ドアはサッシュレス(”枠”がない)。
これはぼくにとってはかなり重要なポイントであり、基本的にサッシュ付きのドアを持つクルマには乗りたくない、と考えているほど。

写真の説明はありません。

テールパイプは左右「デュアル」。
リアディフューザーはカーボンファイバー製です。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

リアにはゴルフバッグを2個積めるトランクを持ち、実用性も抜群。
最近のメルセデス・ベンツ特有の「凹凸を抑えた」デザインですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

リアウイングはカーボン製。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

テールパイプには「AMG」文字。
全体的に「フラッシュサーフェス」的イメージが強く、それが上品さや高級感を演出している、と感じます。

とくにメルセデスAMG GT4ドアクーペの場合は、2ドアの「GT」系とは異なって金属調の加飾が与えられたり、実際にメタルパーツも多用されていて、メルセデスAMGが「2ドアのGT系とは異なる」アプローチを採用しているということがわかりますね。

写真の説明はありません。

メルセデスAMG GT 63S 4MATIC+のインテリアはこうなっている

そしてこちらはメルセデスAMG GT 63S 4MATIC+の内装。
さすがシリーズ最高峰だけあって、あまりに美しくエレガントなイメージです。

基本カラーはマキアートベージュ、素材はナッパレザー。

写真の説明はありません。

そしてダッシュボードやセンターコンソールのトリムはカーボン製。

画像に含まれている可能性があるもの:車

シート表皮にはパンチング加工、そしてダイヤモンドステッチ。
高級なインテリアを作らせたらメルセデス・ベンツの右に出るものはないと考えていますが(ベントレーもかなりレベルが高い。ロールスロイスは別格として)、スーパースポーツではなくこういったクルマを選ぶのもひとつの幸せになれる方法なんだろうな、と思うことも。

写真の説明はありません。

メルセデスAMG GT 63S 4MATIC+の動画も撮ってきた

そして今回はメルセデスAMG GT 63S 4MATIC+の内外装について動画も撮影。
はじめて「ライカQ」で動画撮影を行ったのですが、ちょっとピントが合うのに時間を要するようですね(慣れるまでに戸惑った)。

まずはメルセデスAMG GT 63S 4MATIC+のエクステリア。

そしてメルセデスAMG GT 63S 4MATIC+のインテリア。

こちらはメルセデス・ミー内に展示されていた、メルセデス・ベンツCLA「うめだ文楽」ラッピングバージョン。

他の画像はFacebookのアルバム「Mercedes AMG GT 63 S 4MATIC+」に保存中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.