>日産/インフィニティ(Infinity)

日産フェアレディZは50周年!370Z 50thアニバーサリーエディションはZのレースにおけるヘリテージを表現した特別限定モデル

投稿日:2019/04/17 更新日:

ホワイト×レッド、シルバー×ブラックの2パターンが投入

日産が北米市場向けに「370Z 50thアニバーサリーエディション」を投入。
これはフェアレディZの北米市場投入50周年を記念した限定モデルとなり、カラーリングは過去にSCCAナショナル・チャンピオンシップにて優勝したカーナンバー46を背負った240Z(ブロックレーシング・エンタープライズ、ドライバーはジョン・モートン)へのオマージュ。

次期フェアレディZの姿はなかなか見えてこない

ベースは文字通り370Zで、ブロックレーシング・エンタープライズが採用していたカラーリングそのままのツートンを採用。
なお、カラーコーディネートとしては「ホワイト×レッド」「シルバー×ブラック」の2パターンが用意されるようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そして両者の相違は単純に「カラーだけ」で、フード、トランク、ミラー、Aピラーにコントラストカラーが用いられ、サイドにストライプ(ハッシュマーク)が入るのは共通仕様。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

サイドに入る「50th」エンブレム、そしてレッドのラインが入るホイールも
370Z 50thアニバーサリーエディションの特別装備です。

画像に含まれている可能性があるもの:車

エンジン自体は標準モデルと代わりはなく、搭載されるのは3.7リッターV6(337馬力)。
トランスミッションはシンクロレブマッチ機能付きの6速マニュアル、もしくは7速ATも選択可能。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

販売開始は4月末からだとされますが、いまの時点ででは価格や限定台数は不明です。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

北米ではフェアレディZの人気が非常に高く、かつ今回の370Z 50thアニバーサリーエディションはそのヘリテージを反映した仕様が随所に盛り込まれているだけに、高い人気を誇ることになりそうですね。

写真の説明はありません。

日産フェアレディZ「370Z 50thアニバーサリーエディション」のインテリアも特別仕様

そして370Z 50thアニバーサリーエディションの内装もまた特別仕上げ。
ステアリングホイールはアルカンターラ巻きとなり、コントラストカラーのストライプが入ることに。

シートにはレザー+アルカンタラが使用され、コントラストカラー/ステッチが用いられた上で「Z」記念ロゴがエンボス加工されるという手の混んだ仕様です。

こういった「アルカンタラにエンボス加工を施して柄を再現」というのはここ数年で実用化された技術となりますが、シート中央部分に採用される「パンチング加工の奥に別カラー」と同じく今後普及しそうな表現手法でもありますね。

写真の説明はありません。

そしてレザー部分にも「50th anniversary」のエンボス加工。

写真の説明はありません。

そのほかダーククロームの加飾が施されるほか、マットにも専用ロゴとコントラストステッチ。

写真の説明はありません。

さらにはインテリアの随所にコントラストステッチが採用され、「50th Anniversary」のロゴやプレートも装着されています。

写真の説明はありません。

フェアレディZはもともと北米向けに企画されたクルマだった

なお、フェアレディZは「フェアレディZ生みの親」として知られる片山豊(当時の米国日産社長)が北米市場向けに企画したもので、当時北米市場で人気を集めていた欧州スポーツカーや、アメリカの国産スポーツカーに対抗しようと考案されたもの。

画像に含まれている可能性があるもの:車、空、屋外

初代であるS30(1969-1978)、2代目S130(1978-1983)、3代目Z31(1983-1989)、4代目Z32(1989-2000)、5代目Z33(2002-2008)、6代目Z34(2008~)という変遷をたどり、現行フェアレディZはすでに10年以上継続販売されることとなっています。

次期フェアレディZについては様々な噂が出いているものの、次期GT-R同様に「実際にはほぼ何も決まっていない状態」と捉えるのが妥当かもしれません。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.