>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

来年「ロードスター」でニュルに挑戦すると発表したテスラ。アヴェンタドールSVJのタイムを破りニュル最速王については「確実だ」

| ロケットに使用するスラスターを使用して強烈な加速とコーナリングを実現 | テスラは数日中にモデルSにて「ニュルブルクリンクでのEV最速記録」を公開するものと思われますが、来年に発売することになる新型テスラ・ロードスターについてもやはり「ニュルブルクリンク最速」を狙うと公言しています。なお、「ニュルブルクリンク最速」とは言っても様々な「最速」があり、「セダン最速」「EV最速」「FF最速」「SUV最速」といったものから「クーペ風セダン最速」まで多種多様。ただ、テスラが「ロードスター」で狙うのは「市販車全部 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

とにかく長い!新型メルセデス・マイバッハSクラスの試作車が目撃に。ボディ表面はフラッシュサーフェスに

| インテリアはおそらくテスラ風の「フルデジタル&タッチパネル」に | メルセデス・マイバッハSクラスと思われるプロトタイプが目撃に。現在マイバッハはメルセデス・ベンツのひとつのブランドに格納されており、Sクラスのバリエーションのひとつとして展開されています。これはSクラスが新型になったとしても変わらないと思われ、よって時期マイバッハもSクラスと多くを共有することになりそうですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイアを対象に52万台の大量リコール。クルマが複雑化するにつれ予想外のトラブルも

| ただし簡単な部分でも同時にリコールを出していた | トヨタが522,354台にも及ぶ大型リコールを届け出。内容としては2つあり、「1:燃料ポンプの問題でエンストの可能性」「2:シートのリクライニング不良」。対象となるのは「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」「アルファード」「ヴェルファイア」の5車種で、製作期間は平成25年12月20日~平成30年7月18日。車種こそは少ないものの、人気車種だけにトータルの台数がかなり多くなっています。 こちらもオススメ、関連投稿10選トヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】新型MR2が登場したらこうなる!カーデザイナーがCGを作成するも実際のところMR2は発売されるのか?

| トヨタは新型スポーツカーの発売を示唆してはいるが | カーデザイナーそしてユーチューバーでもあるスケッチモンキー氏が「新型トヨタMR2」のデザインを自身で考え、作成してみた動画を公開。「新型」MR2については様々なウワサが出ており、まずトヨタ自身は「86、スープラ、MR2をスポーツカーの3本柱にしたい」とコメント。86はエントリーモデルの役割を担い、スープラはよりハイパフォーマンスというポジショニングだと思いますが、そこでMR2がどういったポジションになるのかは気になるところです(エントリーだと86と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

なんと南アフリカでは70系ランドクルーザーが現役で販売されている!さらにインフォテイメントシステム、LED室内灯を装備したニューモデル「ナミブ」を投入

| 驚くべきことにFJクルーザーも現役モデル | 70系ランドクルーザーというと従来型メルセデス・ベンツGクラス、先代ランドローバー・ディフェンダーとともに「80年代のオフローダー」を代表する一台。70系ランクルは1984年に発売されていますが、日本国内では1989年に80系、1999年には100系、2007年には現行200系へと移行しています。なお、70系ランクルは「発売30周年」を記念し、2014年8月25日から2015年6月30日までの期間限定モデルとして復活したものの現在は新車で(当然)購入できず ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

凄いの出た!未登録、「新車」のホンダS2000が競売に。しかも後期型AP2の最終モデル、開始価格は1000万円以上

| おそらく、これ以上のコンディションを持つS2000は二度と出てこない | 米ebayに走行わずか153km、つまり「ほぼ新車」のホンダS2000が登場。さらに驚くのは「このクルマは一度も登録されたことはなく」、書類の上でも新車であること。さらにモデルイヤーは2009で、後期型S2000(AP2)の最後の最後ということになりますね。開始価格は98,888ドル、つまり1000万円オーバーという値付けになりますが、コレクターにとっては何としても手に入れておきたい一台かもしれません。 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

北米より新型スープラ向けのエアロパーツが登場!オーバーフェンダーなしでもこの迫力

| 実車はSEMAに展示し、パーツも間もなく発売予定 | 現在北米ではスープラのカスタム/チューンが加熱しており、ラスベガスにて開催されるチューニングカーの祭典「SEMA」では様々な改造がなされたスープラが展示される見込み。そしてその中のひとつになるであろう、エヴァーシブモータースポーツ(Evasive Motorsport)が自身のFacebook上にて、「フルエアロスープラ」を展示すると発表。そして嬉しいことに、これは「ワンオフ」ではなく、実際にキットとして発売される、と述べています。 こちらもオスス ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

東京MSに新型トヨタ86/スバルBRZコンセプト出展のウワサ。現行改良型プラットフォーム採用、一説ではターボエンジン搭載も

| ただしボクは「ターボエンジンはない」と考えている | トヨタは新型スープラの配備と納車を開始したところですが、早くも「次期86」のウワサ。10月24日から開催される東京モーターショーにて次期86を示唆するコンセプトカーが登場し、2021年に販売されるのではと言われています。現段階では「確定」ではないものの、次期86も現行モデル同様、トヨタとスバルとのジョイントによって開発されると言われているようですが(少なくともスバルはそう望んでいる)、スープラの評判が高いだけに新型86がどうなるのかは非常に気になる ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

なぜホワイトじゃないッ!ホンダe「タイプR」、そしてランドローバー・でフィフェンダー「ピックアップ」のレンダリングが登場

| やはり日本人的にはタイプRといえばホワイト | ニューモデルが登場した際のお約束、「もしも系レンダリング」。今回も発表されたばかりのEV「ホンダe」、「ランドローバー・ディフェンダー」の「もしもこんなバージョンがあったら」というレンダリングが登場しています。ちなみに両者とも公式に「ない」とそれぞれのメーカーから否定されており、よって完全に「IF設定」となりますね。 こちらもオススメ、関連投稿10選ランドローバー・ディフェンダー専門ショップが本気カスタム。コルベットのエンジンをスワップし、内外装の装備を ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

彼女も公認!ハリケーン「ドリアン」の被害から愛車を守るため、自宅内にM3を保護した男が話題に

| 友人のフォルクスワーゲン・ゴルフGTIも居候中 | フロリダにて、ハリケーン「ドリアン」の被害から自身の愛車を守るため、自宅内にクルマを入れ、「寝ずの番」をする男が話題に。この人の名はランディ・ジャリルさんといい、2016年も同様に自身のBMW M3(E30!)を自宅内に避難させたことで有名となっています。ただ、2016年と異なるのは「友人のフォルクスワーゲン・ゴルフGTI(1984年)も自宅内へと匿っていること。 そういえば、すっかり忘れていたものの、ランボルギーニ・ウラカンの「HURACAN」には ...

ReadMore



>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他アメリカ車 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ポルシェ・パナメーラ関連

スズキ・スイフト、BMW 1シリーズ、ポルシェ・パナメーラなどリコール情報。火災や燃料漏れも

投稿日:

| エアバッグ関係(タカタ以外)もチョコチョコ出てくる |

ここ最近でいくつかリコールが届け出られており、その内容をここで紹介してみたいと思います。
そのうち2つは「エアバッグ」関連ではあるものの、タカタとは関係のない、ちょっと珍しい内容です。
そして残り2件は「発火の可能性」があるという、やや恐ろしいものとなっています。

スズキ・スイフトは「突如エアバッグが展開する」

まずはスズキ・スイフトですが、不具合の内容としては下記の通り。

エアバッグコントローラの制御プログラムが不適切なため、後席ドアを強く閉め た際に、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ及びシートベルトプリテンショナ ーが誤って作動することがある。そのため、最悪の場合、エアバッグ展開時に乗員 が負傷するおそれがある。

国土交通省

つまり後部ドアをバン!と勢いよく閉めるとエアバッグが作動する可能性があるということですが、実際に報告された不具合は1件のみ。
かつ、日本国内からではなく海外からの報告にてその症状が判明したようです。

対象となるのは51,817台、製作期間は平成28年12月26日~平成31年1月12日。

なお、これによる事故はゼロで、対応としては「エアバッグ制御コントローラーの制御プログラムを対策プログラムに書き換える」ことで終了する、とのこと。

ちなみにエアバッグについては、スズキ・スイフトに限らず、サーキット走行中の振動やGにて「誤作動を起こす」可能性があると一部で報じられていますが、サーキット走行中や、今回のスイフトのように「ドアを締めたときに」エアバッグが作動するとかなり驚くことになりそうです。

ジープ・レネゲードは「エアバッグ制御プログラムが書き換えられてしまう」

そしてジープ・レネゲードもエアバッグ関連。
これは今までに見たことがない内容で、その内容は下記の通り。

jeep

エアバッグコントロールモジュールのプログラムが不適切なため、イベントデータレコーダー 等のエアバッグ情報の読出しを行うと、エアバッグコントロールモジュールの制御プログラム が意図せず書き換えられてしまうことがある。そのため、エアバッグ等の乗員保護装置が適 正に作動しないおそれがある。

国土交通省

対象となるのは平成30年10月25日~令和元年5月30日までに輸入されたジープ・レネゲードに加えてフィアット500Xも。
両方合わせて対象台数は1,786台、対応自体はエアバッグコントロールモジュールのプログラムを対策が施されたものへと書き換えるのみ。

BMW 1シリーズは「燃料漏れ」

そしてBMWは1シリーズに「燃料漏れの恐れ」としてリコール届け出。
その内容は下記の通り。

bmw

燃料装置において、燃料タンクの溶接方法が不適切なため、当該タンク上部 に取り付けられたカバープレートが正しく溶接されていないものがある。そ のため、走行振動等により溶接部に亀裂が生じ、そのままの状態で使用を続 けると、亀裂が進展し、亀裂部位から燃料が漏れるおそれがある。

国土交通省

対象となる製作期間は平成23年6月29日~平成26年2月25日。
影響を受けるのはは23,746台、対策としては燃料タンクを良品と交換とのことで、かなり大掛かりな作業となりそうですね。

ちなみにこの不具合が報告されたのは199件なので、生産台数に対する発生件数は「かなり多い」とも言えます。

ポルシェ・パナメーラは最悪の場合「火災」

そしてポルシェ・パナメーラはつい先日北米で発表されたリコールと同じものが日本の国土交通省へと届け出。
内容は下記の通りで、対策としては「部品番号を点検し、交換対象の部品が装着されている場合は対策品に交換」。

pa

エアコンブロアコントロールユニットにおいて、ハウジング形状が不適切なた め、防水性が不十分なものがある。そのため、同ユニット内部に水分が浸入すると、内部の電気配線が短絡し基板が焼損して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

国土交通省

対象となる輸入期間は平成22年12月16日~平成28年7月22日。
台数としては3,431台、対象グレードはパナメーラ、パナメーラ4S、パナメーラ4、パナメーラS、パナメーラターボ、パナメーラターボS、パナメーラ・ターボS ハイブリッド、パナメーラGTS。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >その他アメリカ車, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ポルシェ・パナメーラ関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.