>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

DUKEダイナミクスよりランボルギーニ・アヴェンタドール用”新型”エアロキットが登場。チェンテナリオ/SVJ風+イタリアントリコローレ

投稿日:2019/12/26 更新日:

| このカラーリングは新しい |

ランボルギーニ・ウラカンのエアロパーツも発売しているデューク・ダイナミクス(Duke Dynamics)が今回、アヴェンタドール用のエアロパーツを公開。
現時点では開発中となるものの、画像を見るに完成は「時間の問題」だと思われます。
なお、アヴェンタドールは発売開始から「年々販売を伸ばしている」という不思議なモデルであり、2018年も2017年比で3%販売を伸ばし、トータルで8,300台を納車済み(ディアブロがライフサイクル通じ3,282台、ムルシエラゴが4,099台であったこと考えると、アヴェンタドールは驚異的な販売台数であることがわかる)。

そのデザインはチェンテナリオ、アヴェンタドールSVJ風

そして画像を見る限りでは、エアロキットのデザインは(ランボルギーニ創業者、フェルッチオ・ランボルギーニ生誕100周年記念の)チェンテナリオ、加えてアヴェンタドールSVJ風。
多くのクルマにおいて、車外エアロパーツというとそのチューナーもしくはショップのオリジナルデザインが採用されるものですが、ランボルギーニの場合は「ランボルギーニのスペシャルモデルのデザインがコピーされることが多い」ように思います。
つまり、それだけランボルギーニ内製デザインが優れている、ということなのでしょうね。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-9

なお、デザイナーはマリウス・ドゥミトラスキュ氏だとされ、実際にランボルギーニの限定シリーズにインスパイアされた、ともコメント。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-24

ただしリアディフューザーと繋がったフィンのカラーは「イタリアントリコローレ」で、これはランボルギーニにも見られない新しい手法ですね。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-6

フロントバンパーやスプリッターはアヴェンタドールSVJ風、フロントフードはウラカン・スーパートロフェオEVO風、そしてサイドのエアインテークやサイドウイング、そしてリアウイングの付け根もアヴェンタドールSVJ風(シングルからダブルへ変更されている)。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-4

なお、フロントフェンダーは片側5センチ、リアフェンダーは片側6センチワイドに。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-2

なお、これらワイドフェンダーは「純正との入れ替え」となり、(リバティーウォークのオーバーフェンダーキットのように)純正フェンダーをカットせずに済む、とのこと。
つまりは不可逆的改造を行う必要はなく、いつでももとに戻せる、ということを意味します。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-31

加えてこれらエアロパーツはアヴェンタドール、そしてアヴェンタドールS両方に対応が可能。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-30

エアロキットはこんな感じで16ピース構成。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-34

これらパーツを装着するとこういった感じですが、オートクレーブによって焼成されたカーボンファイバー、もしくはFRPを選択可能。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-29

エアロパーツの設計においては3Dレーザースキャニング、3D-CAD、CNC技術を使用し、最高レベルの品質を確保している、とのこと。
なお、ワイドボディ化によってホイールの幅(もしくはオフセット)を変更する必要もあり、オプションにてディープリムホイールも用意されているようですね。

Lamborghini-Aventador-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-27

素材によっても価格は変わってきますが、おおよそ380万円〜550万円とのことで、この価格でこのルックスが手に入るのであれば「安いもの」かもしれません。

Lamborghini-Aventador-prototype-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-4

なお、こちらは「開発中」のエアロパーツを組んでみたもの。
レジン製のガレージキットのような雰囲気もありますね。

Lamborghini-Aventador-prototype-widebody-kit-by-Duke-Dynamics-and-Marius-Dumitrascu-Studio-3

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.