>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

アストンマーティンは絶対にコイツを発売すべきだ!流麗かつスポーティなシューティングブレーク「DB12」

投稿日:2019/12/29 更新日:

| 現在の「ブランド内競合」を避けて一人に二台以上買ってもらうにはワゴンしかない |

レンダリングアーティスト、Emre Husmen氏がアストンマーティン”DB12”AMRのレンダリングを作成して公開。
なお、「DB」というネームを持つアストンマーティンは現在DB11までリリースされており、よって「DB12」はDB11の後継という位置づけとなりそう。
そしてアストンマーティンのラインナップは「DB11」「ヴァンテージ」「DBSスーパーレッジェーラ」、つい最近発表されたばかりのクロスオーバー「DBX」というものですが、DBXを除くと「フロントエンジンに2ドアクーペボディ」というよく似たラインナップとなっています。

そのせいか、DB11とヴァンテージの発売直後まではまだ市場の需要を喚起できたものの、その後となると「販売が想定よりも下のペースにて推移」。
おそらく「販売ペース鈍化」の理由としては、アストンマーティンのラインアップに消費者が飽きてしまった、さらには「一人で複数台所有したい」と思わせるラインアップ構成を持たないためだと思われます。

成長を続けてきたアストンマーティンがピンチ?「予定より売れないので在庫調整、生産調整を行う」。その理由を考える

アストンマーティンは「新しいラインアップ」が必要

もちろんアストンマーティンもこれをよく理解しているようで、ヴァンキッシュは次期モデルにて「ミドシップ」へとスイッチする計画を持っており、そもそもDBX自体も「アストンマーティンオーナーに増車してもらう」ためのクルマ(アストンマーティンオーナーの60〜70%が他社製SUVを所有しているという)。

とにかくアストンマーティンがここから売上を伸ばすには「今までにないモデル」を発売するしかなく、となると今回公開された「DB12」のようなシューティングブレークはまさにうってつけのラインアップかもしれません。

797c4580551683.5ce46f9d0c8d1

現時点でスーパースポーツ界においてはシューティングブレークが(通常ラインアップとして)存在するのはフェラーリGTC4ルッソのみで、ライバルが非常に少ない状況。
そしてアストンマーティンはもともと「貴族御用達」というブランド的背景を持っていて、シューティングブレーク=貴族がハンティングに用いてきたボディ形状とは非常に相性が良いという性質も。

実際にDBX用のオプションとしては、ハンティング愛好者を対象とした「フィールドスポーツパック」も用意されていて、これはショットガン用のキャビネットなどが用意されるようですね。

なお、アストンマーティンは実際に「ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク」を限定発売したり、その前にもワゴンボディを持つ「V8スポーツマン(スポーツマンのハンターを意味する)」を発売していて、ワゴンとは無縁ではない、という歴史も持っています。

よって、現在「似たようなクルマばかりが揃い、複数台揃えるアストンマーティンオーナーが少ない」という状況においてシューティングブレークを投入する、というのは大きな意味を持っていると考えているわけですね。

df372480551683.5ce46f9d0c388

今回のレンダリングを見ると、現代のアストンマーティン各モデルが持つデザイン的要素をうまく取り入れており、ヘッドライト内部の発光エレメントはDB11風、そしてテールランプはヴァンテージ風。
ワゴンといえどもスタイリッシュかつスポーティーなイメージを持っていて、非常に高い訴求力を持っているように思います。

29c10380551683.5ce47d8f3708d

そしてこちらはDB12のステアリングホイール。
多くのメーカーそしてレンダリングアーティストが考えるように、センターパッドに情報が表示されるというレイアウト。
おそらくは近い将来、これが主流となるのかもしれません(その場合、エアバッグはどこか別に移動させねばなりませんが)。

ほかにはこんなレンダリングも公開されている

そしてEmre Husmen氏は様々なレンダリングを公開しており、こちらはM4CSL(キドニーグリルは大きくない)。

773abf71327477.5be8a02f5a794

次世代フォルクスワーゲン・ゴルフR。

a5f19875533413.5c4f872962f43

メルセデス・ベンツSLC。

510f2572901533.5bf81e9f3bb76_edited-1

マセラティGT。

fadf9142077387.58ed476536606

VIA: Emre Husmen

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アストンマーティン(Astonmartin), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.