■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・マカン関連

EV版ポルシェ・マカンは2021年発表。EV版発表後もガソリンエンジン版マカンが併売され、ポルシェは「EVが売れなかった時に備える」

投稿日:2020/02/17 更新日:

| まだまだEVがどれほど受け入れられるかは未知数 |

ずいぶん前からポルシェ・マカンについては「ピュアエレクトリックモデル」が登場すると言われていますが、一説によると発表は2021年。
つまり「もうすぐ」だということになりますね。

そしてあわせて囁かれているのが「エレクトリックマカン登場後、ガソリンエンジン搭載版のマカンはどうなるのか」。
Car and Driver報じるところによると、ポルシェ関係者筋の話として、「最低でも3年はガソリンエンジン搭載のマカンを併売する」というものの、「もしエレクトリック版マカンが失敗したときのことを考えて、販売終了時期は設定していない」というプランもある模様。

”エレクトリックマカン”第一弾はハイパフォーマンス版の「マカン・ターボ」。なお、EV版マカンは「車高が高く、室内が広いタイカン」になりそうだ

エレクトリックマカンのプラットフォームはJ1?PPE?それとも?

なお、ポルシェはエレクトリック化に向かうことは間違いなく、しかしちょっと気になるのはプラットフォーム戦略。
ポルシェ初のEVであるタイカンのプラットフォームは「J1」だとされますが、タイカン(当時はミッションE)開発開始後にポルシェとアウディとがEV用プラットフォーム開発のために手を組むことになり、新しいプラットフォーム「PPE」が今後両社のEVに採用されることが決まっています。

そして今回の「マカンEV」ですが、これが「PPE」となるのか、それとも現行マカンのプラットフォームにエレクトリックパワートレーンを押し込むことになるのかもまた不明。

a9

もしPPEを採用するのであれば必ずしもボディ形状は「マカン」でなくともいいはずですし(上モノはプラットフォームの影響を受けず、自由に設計できる)、マカンのプラットフォームを活用するのであれば、ポルシェにとってEVのプラットフォームが「J1」「PPE」「マカンEV」と3つも存在することに。

いずれにしても様々な疑問が残り、今後の成り行きには注目したいところですが、今やポルシェで最も売れるモデルは「マカン」でもあり、ポルシェはマカンのEVへの移行を「どうやっても成功させねばならない(失敗はできない)」のかも。

なぜマカンはEVに?

なお、このタイミングでなぜポルシェがマカンをEV化するのかということについて理由は定かではありませんが、「もっとも売れている」モデルだけに、これをうまくEVへとシフトさせることができれば、ポルシェは会社としてのCO2排出量を大きく引き下げることができることになり、ポルシェはそれを狙いたいんじゃないかと考えたり。

ポルシェの主役はもはやマカン!2019年の北米では36%の構成比。一方718ケイマン/ボクスターは26%も販売が下がり影響力を失う

というのもポルシェは「GT系」については可能な限りガソリンエンジンを継続させたく、そのためにもCO2平均排出量を引き下げる必要があるのだと思われ、そこでマカンに白羽の矢が立ったのだろうと考えています。

ポルシェGT部門のボス「ほかラインアップがエレクトリック化しようとも、GT系はそれに従わない。ガソリンエンジンを守り、ピュア、そしてハードであり続ける」

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ポルシェ・マカン関連
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.