>マツダ(MAZDA)

マツダ「マツダ3のマツダスピード版を作るだけの技術は既にある。だがやらない」。しかしボクがマツスピ版を必要だと思うワケ

| ハイパフォーマンスカーはひとつの「夢」であり、「夢」を持たない自動車メーカーにはついて行けない | 近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を持つエンジンについては国内外から称賛の声が上がるほど。ただ、その高い評価と販売とはシンクロしないようで、2019年3月期においては前期比で43.3%の減益を記録しています。ただ、これは2018年4月~2019年3月の数字なので、マツダ3はじめとする新しい世代の製品群へと切り替わるにつれ、その内容も評価に連動し ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity)

デザインがGT-Rっぽくなった新型日産スカイライン発表。伝統の丸4灯テールランプが復活し、スカイライン史上最強の「400R」も登場

| 日産はGT-Rのイメージ、スカイラインという資産を積極活用することにしたようだ | 日産が新型スカイラインを発表。キャッチコピーは「これが、未来だ。」。そして「未来」という言葉を採用しているとおり、最大のウリは日産の誇る先進運転支援技術の最新バージョン「プロパイロット2.0」の搭載。そしてこのプロパイロット2.0は「同一車線内でのハンズオフ」、つまりステアリングホイールから手を離すことが可能です。日産によると「プロパイロット 2.0は、高速道路の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・車 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタがハイパーカー投入、レース参戦の意図を語る。「人を育てる」「モータースポーツで儲ける」。その割にはル・マン優勝を大々的に広告しないナゾ

| トヨタだけではなく、ホンダも「モータースポーツ色」を市販車販売の現場に反映したくない? | 東洋経済にて、「トヨタが超高級「スーパーカー」を投入する意味」という記事が掲載に。これはつまり、トヨタはなぜ「GRスーパースポーツ」という高価なクルマを発売するのか、という内容です。一般に、自動車メーカーはモータースポーツ活動を縮小する傾向にあり、スポーツカーもそのラインアップから縮小もしくは消してゆくというトレンドに逆行しているのでは?という問題提起でもありますね。

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベットの愛称が「スティングレイ」となること、そしてロゴが正式発表。日本だと「スティングレイ」はスズキの商標なのでコルベットはこれを使用不可

| アメリカのスティングレイは”マッスルカー”、日本のスティングレーは”軽自動車” | シボレーが新型C8コルベットのペットネームが「スティングレイ」となることを公式に発表し、あわせてそのロゴも公開。コルベットに「スティングレイ(Sting Ray=アカエイ)」という名称が用いられたのはC2(第二世代)からですが、これはコルベットの主要開発メンバーであったビル・ミッチエル氏が釣りを好んでいたためだと言われています(シボレーからは公式に由来が示されていない)。なお、ビル・ミッチェル氏そしてマイク・シノダ氏両 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

マクラーレンF1のV12エンジンを載せたBMW M5ワゴンが存在していた!おそらくは世界で最も高額なエンジンスワップ

| 想像通り、一瞬でクラッシュし今は存在してない | 驚くべきことに、かつてBMWは「マクラーレンF1のV12エンジンを積んだM5エステート(ワゴン)」を試作していた、という事実が明らかに(画像のM5はまた別のM5。該当のM5は一瞬で事故ってしまって資料が残っていない)。これはカーメディア「Collecting cars」のポッドキャストにて判明したもので、クリス・ハリス氏、そして前マクラーレンの役員であるデビッド・クラーク氏が語った内容だとされ、「まず間違いない」と考えて良さそうですね。 こちらもオスス ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリのワンオフモデルを注文できるのは上位250人のVIPのみ。価格は3億円から、それでも納車されるまでには「5年待ち」

| ワンオフモデル製作依頼は増加傾向 | 現在フェラーリの車種構成について、F8トリブートや812スーパーファストが該当する「SPORT」、そしてGTC4 Lusso/GTC4 Lusso T、ポルトフィーノで構成される「GT」、先日発表された「モンツァSP1/SP2」等の超限定モデルをリリースしてゆく「ICONA」、488ピスタのようなスペシャルモデルが核となる「スペシャルシリーズ」で成り立っていますが、それ以外に「フォーリ・セリエ」つまりシリーズ外と呼ばれるワンオフモデルが存在します。※販売比率でいう ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やっぱり5シリーズもキドニーグリルが大きくなるようだ。フェイスリフト版BMW 5シリーズの試作車が目撃される

| 3シリーズ以上、7シリーズ未満のサイズになるのは覚悟しておいたほうがいい | 新型BMW 5シリーズ(フェイスリフト/マイナーチェンジモデル)のスパイフォトが登場。先日は「新型5シリーズワゴン(ツーリング)」のプロトタイプが目撃されていますが、セダン、ツーリング揃ってのフェイスリフトとなりそうですね。なお、今回の5シリーズ・セダンのプロトタイプのドアには「ハイブリッド・テスト・ビークル」というステッカーが貼られており、現行の「530e」よりもさらにハイパワーな「545e」ではないか、とも見られています ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリF90ストラダーレのレビュー動画登場!その細部は488ピスタと大きく共通し、「さらに磨きがかけられている」!

| フェラーリは一貫してその方向性を見失わない | 先日発表され、大きな衝撃を世に与えたフェラーリの「1000馬力級」ニューモデル、SF90ストラダーレ。その機能についてはすでに詳細が公開されているものの、今回トップギアが改めて実車を紹介しています。なお、現在のところSF90ストラダーレについては市販モデルの生産がはじまっていないと思われ、この車両はプリプロダクションモデルなのかもしれませんね(そのためか試乗は行っていない)。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >ミニ(MINI) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

3人衆の中ではもっとも穏やかなジェームズ・メイ。これまではこんなクルマに乗ってきた

| ざっと見る限り、信頼性が高くシンプルで、かつ数字よりも「感覚的な楽しさ」を重視するようだ | これまでにも「ジェレミー・クラークソンの所有車」「リチャード・ハモンドの所有車」をお届けしましたが、今回は「ジェームズ・メイの所有車」。旧トップギア、現グランド・ツアーのホストを務める3名の中ではもっとも(ずば抜けて)性格が穏やかで、運転も慎重なため「キャプテン・スロー」と呼ばれることも。最近はDrivetribeの公開する動画の中で、自身のクルマに対する想いを語っていますね。 ジェレミー・クラークソンはこん ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スバル(SUBARU)

【動画】ドバイ発!スズキ・ジムニーを「メルセデス・ベンツ純正パーツを使用して」Gクラスのレプリカにしてしまうキットが150万円で登場

|今まで登場したキットの中ではもっともGクラスに近い仕上がり | ドバイのカーパーツメーカー、「ファスト・カー・サービス」がスズキ・ジムニーをメルセデス・ベンツGクラス(AMG G63)のレプリカに仕上げるキットを公開。このキットの中にはフロントバンパー、フロントフード、ラジエターガード、前後オーバーフェンダー、ドアミラー、サイドステップ、リアバンパーそしてランプ類が含まれるようですね。 なお、これは先日ドバイで目撃された「Gクラスコンバージョン」を装着した2台のジムニーの「片方」だと思われます。 いった ...

ReadMore



>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■自動車・バイクの購入検討/比較など ■近況について ■駄文(日々考えること)

ランボルギーニ・アヴェンタドールSを買おうと思う。人生に挑戦は必要だ

投稿日:2017/06/11 更新日:

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。
ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。
まずは見積もりを取得しておおよその費用感を把握するところから始めています。








見積もりをお願いしたのはもちろんランボルギーニ大阪さん。
まだ購入そのものも決めたわけではなく、仕様についても具体的な案があるわけではないので、まずは「おおよそ展示車と同じスペック」で見積もりを作成していただいています。

まずはその衝撃(予想はしていたものの、さすがに書面になると驚く)の見積内容を見てみましょう。

車両本体価格 44,904,433円

(税金・保険料)
自動車税 111,000円
自動車取得税 1,247,300円
自動車重量税 49,200円
自賠責保険 36,780円

(販売諸費用/非課税分)
車庫証明 2,700円
検査登録費用 2,680円
希望ナンバー 5,400円
リサイクル預託金合計 18,330円

(販売諸費用/課税分)
車庫証明 19,440円
検査登録費用 32,400円
納車費用 54,000円
リサイクル資金管理料金 380円

(メーカーオプション)
ジアッロ・オリオン(パールペイント) 477,468円
鍛造センターロックホイール(Diantus) 600,156円
ホイールキャップカバー(ヴィジブルカーボン) 81,864円
イエローブレーキキャリパー 145,044円
ブラック・リアサスペンションスプリング 0円
エクステリア・カーボンファイバー・パッケージ(下周り) 1,869,264円
パークアシスタンス 518,400円
透明エンジンボンネット 864,000円
Tシェイプ・エンジンカバー・カーボンファイバー 259,200円
Xフレーム・カーボンファイバー 532,656円
エクステリア・ヴィジブル・カーボンファイバー(細かい所) 654,804円
インテリア・アルカンタラ(通称Sライン) 341,064円
ブランディングパッケージ・アルカンタラ 145,044円
エレクトリックシート/シートヒーター 442,800円
インテリア・カーボンファイバー・パッケージ 768,528円
インテリア・ハイグロスブラック 108,756円
マルチファンクションステアリング+パーフォレイテッドレザー 164700円

(ディーラーオプション)
ガラスコーティング/ボディ+ホイール 172,800円
レーダー探知機 102,600円
バッテリーメンテナンスキット 19,980円

合計53,176,261円 

ここで重要なのは、「なぜアヴェンタドールSを購入しようと考えたか」ということ。
ぼくはもともとウラカンの「次」はランボルギーニの次期V12(つまりアヴェンタドールのモデルチェンジ版)へ、とぼんやり考えていたのですが具体的な次期については考えておらず、同時になんらかの挑戦を最近はあまり行っていない、とふと思ったのですね。



ぼくの人生における大きな挑戦といえば「ポルシェ986ボクスターSの購入(2002)」と「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4の購入(2009)」でしたが、それ以降は大きな挑戦もなく今まで来ています。
「大きな挑戦もなくこれまで来れた」という裏側には「大きな挑戦をしてからこそ今の自分がある」ということがあり、ポルシェ・ボクスターを(当時年収450万円で)購入しようとしたことや、その後にガヤルドを購入しようと努力したことが今のぼくを形成している、とも考えているのですね。

であれば「大きな挑戦をしないと」将来の自分もなく、「このまま」がずっと続く、ということを意味しているのかもしれません。

ぼくは常々「できないことをなんとかしようと努力する」ことが重要だと考えていて、その結果として努力が報われなかったとしても、必ずその努力は何らかの形になって自分を将来的に助けてくれる、と考えています(ぼくは努力礼賛型の人間ではなく、純粋に人生への姿勢の問題)。

要は自分の人生において何らかの変化をもたらさなくてはならないと考え、そのための目標が「アヴェンタドールS」ということになりますが、ここで無謀とも思える挑戦をしてみてもいいかもしれないな、と考えるのですね。

そしてアヴェンタドールSは残価率が非常に高く(3年で75%)、「払えなくなったら売ればいい」だけで、その場合でも多少残債は残るかもしれませんが、残債よりも大きな「オレはアヴェンタドールSを買ったんだぜ」という自負が残り、それがいちばん大切なんじゃないか、とも。
どういった結末になろうとも自分の中で「ランボルギーニのフラッグシップを購入した」という事実だけは変わらない、と思うのです。

本ブログのタイトルは「Life in the FAST LANE.」ですが、これはイーグルスの「駆け足の人生」の原題から頂戴したもの。
たとえリスクがあろうとも、たとえ壊れることになろうとも「追い越し車線」を走ってゆこうと決めたのはぼく自身で、しかし最近は「走行車線」をマッタリ走っていたんじゃないか、と気づいたわけですね。

反面、理性的に考える自分もいて、アヴェンタドールはモデルライフ後半に差しかかかっており、エンジンや4WDシステム、トランスミッションもウラカンに比べるとちょっと前の世代。
それでもランボルギーニの意図通り「二世代ぶんはトップランカーであり続ける」ことができるのは疑う余地もありませんが、おそらくV12モデルを購入したとしたらある程度長く乗るとは考えており、となると「アヴェンタドールの後継モデルを注文したほうが」いいかもしれない、と考えたり。

その一方でアヴェンタドールの後継モデルが純粋なV12エンジン搭載モデルである保証もなく、価格も更に上がるだろうことを考えると、「今アヴェンタドールSを買うべき」と考える自分も。

まだまだ熟考を重ねることになりそうですが、「(アヴェンタドールにせよ、その後継になるにせよ)ランボルギーニのV12モデルを買う」と具体的に決意したのは間違いなく、それだけでちょっとテンションは上がりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, ■自動車・バイクの購入検討/比較など, ■近況について, ■駄文(日々考えること)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.